FC2ブログ

Entries

西園寺鯛

西園寺鯛

昨日は、東京は温かかったです。
80年前、2.26事件の日、雪は降り止まず、翌27日は 東京は厳戒令下。
1936年、昭和11年。なんだ終戦まで10年内の事だったのか、、。
いや、日中戦争まで1年。

彼らの決起。
昭和天皇は、甘露寺受長侍従が陛下の寝室まで赴き報告したとき、
「とうとうやったか」「まったくわたしの不徳のいたすところだ」と仰って、しばらくは呆然となさったらと伝わってます。
やはりうるう年で、
29日早朝、午前5時10分に討伐命令が発せられ、午前8時30分には反乱軍に、攻撃開始命令が下されます。
その後、3月4日午後2時25分に山本又元少尉が東京憲兵隊に出頭して逮捕される
3月6日の戒厳司令部発表によると、叛乱部隊に参加した下士官兵の総数は1400余名。
陸軍によるクーデター。
彼らが、どれほどの社会の圧力を受けて、義憤を感じての決起だったのか?
何故?長老たちは狙われねばならなかったのか?

私はこれを書くだけの技量も無い。


             西園寺公望  西園寺公望 

胃袋も、腸もめたくそな私に、家主が、、
「何か食べたいものは??」と仰ったので、
「鯛のアラが欲しいです。 2.26の日に。西園寺公望が好物だった、鯛の目玉とハラモの一寸」
有名な話で西園寺公望公爵は、尺余の鯛から目玉と脇腹一寸四方だけを魚屋から取り寄せて食べたそうです。
普通は全部買い取って、そこだけ食す。下々にわける。
晩年は、温暖、風光明媚な静岡で、徳川家康が好んだ興津鯛などを料亭から取り寄せて暮らしていたそうです。
駿府で隠居し、厳然と江戸の将軍ににらみを利かした大御所様みたいですね。
食べ物も同じものがお好きで、興津鯛。

「藤原貴族は、そこしか召し上がらない。徹底したことですねぇ。
鳥羽伏見を戦い。おさなくして孝明天皇の皇太子、のちの明治天皇の近習。そして王政復古。
後にフランス留学し、ソルボンヌに学び、のちのフランス大統領(クレマンソー)と知己を得る。
若い日にはペテン師まがいに、なまくらを正宗と言いフランスで売ったりした、、というびっくり。
晩年はかんしゃくもちが有名。
フランス遊学での知己は、外交上大いに役にたった、お茶目な若い時代も役に立ったようですよ・

内閣を組織し明治から昭和の時代の元老。
そして、2.26の時にはいち早く居処の坐漁荘よりのがれ、いつでも陛下と連絡が取れるように、、静岡県警察部長官舎に。
後に、知事公舎に。
腹痛と腰痛で、事件が収束するまで出仕できず、、、。

何処かの首相も腹痛したんでしたっけ、
2,26,27の上海で、G20.株価上海落としてますよ。

今日は、西園寺の鯛がぴったり。
気を引き締めましょう。」


「なんだ、貴女はもうずいぶんと,治られたんですねぇ~。
昨日まで、無反応で、水も口にできなかったのに、、」失笑))

ということで、西園寺さんも胃腸風邪だったのかしら?と。鯛のアラを黙々と頂きました。

                二・二六事件 消された真実~陸軍軍法会議秘録~NHK

このNHK番組自体も歴史を経て、また再考されるかもしれません。
NHKは自分たちのいいように歴史を作り上げてる、、と言う批判はあります。
今、最高検察官匂坂春平さんのこの資料は、国会図書館に収められてるそうです。
疑問をお持ちの方は、今後、、ご研究なさってください。
論拠のあるものは、拝読させて頂きます。此処での議論はお受けしません。

政党政治に不満がある時勢が今に にてるなぁと思う、うるう年の2月の末でした。

今日もコメントは閉じます。
鯛のお汁をしっかりとって、生臭も大丈夫になりました。何のこれしき、、
半分眠っちゃった相場は、夜には、何とか株の損失もPTSで取り返して、808円の利確
末広がりのいい数字。気持ち、負けない!
私にとっては ひけの3千円興亡は結構きつかった。ww株はちょこちょこやってます。まだ集計もできてません。
お昼からご訪問いたします。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

今宵は えんまのピアノ弾き語りやってます。
えんまの🎹ひきがたり

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/957-7207fd04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR