FC2ブログ

Entries

切山椒。羽二重餅。柚餅子

切山椒。羽二重餅。柚餅子

昨日の記事の切山椒を頂いた時に、こういう御菓子が好きだとおっしゃるので、
もう一度買いにいこうと思ってました。
赤福の品質が、違ってることなどもあり、結構話題になりました。

そう言う日々の中で。
朝から夜までノンストップ。お出かけしたら、途中戻ることも無いのに、、その時はお3時ごろお戻りだったのです。
夕飯のお買い物前で、お茶うけにするものも用意がありません。
「お帰りなさいませ」
もう頭の中は、大繁盛ぐるぐる巡ります。
先ずはお湯を沸かして、、ロシアンティーをお出しして、その間に果物剥いて、終わったら、銀杏プチンしてコロコロ。
いや、、ケーキに走るか?などと
頭の中で組み立ててました。

           羽二重餅 箱 福井代表銘菓 羽二重餅    羽二重餅 袋 羽二重餅 錦梅堂

「お土産です。濃い煎茶をたっぷりください」と。この箱を頂きました。
ホッとして、写メをとって、、
羽二重団子は東京の名物で、日暮里に本店があり、頂きましたけど、、それとは違う風情。

           羽二重団子  文豪に愛された羽二重団子 

一袋ばかりあけて、薄茶でもさしあげようかとおもってると、、
「あのぅ、お願いがあります。」と間があって、
「これ、全部袋開けて, 菓子器に 盛り上げてください」
「あの、、並べずに、ふわっと山に、?」
「はい」にっこり。

          羽二重餅  創業弘化四年 八代目 羽二重餅  羽二重餅 盛げて 明治 大正 昭和天皇ご献上品。

積み将棋のように、ふわっと盛って、濃くて香りも良いのをたっぷり準備すると、
ぱく、ぱく、、ごくり、、ぱくりん、ごくん、ぱく。もぐもぐ、、。
お腹もすいてらしたのか??勢いよく召し上がってる。
「いや。この前の赤福、なんかおかしくて、通りかかってこれが、俄然欲しくなったのです」とおっしゃる。不発弾だったのだ。
打ち消すように召し上がって、、御相伴、。切山椒とも似てる食感を楽しみました。
餡なしの御餅をほとんど全部。
「明日も、買いにゆこうかな?こうやって、頂きたいです」と、おっしゃってました。

そうか、、この手の御餅がお好みなんだわ、
私、妙な甘さの素甘(すあま)は好きでなくて、余り差し上げなかったのですが、柚餅子のもったりとしたのがいいとか
あ、、、。いけない。この手の御餅がお好きだったのだ。

それで、調べました。
御餅には二種類あります。
鎌倉の力餅やさんは2種類を販売してます。御餅と求肥

所謂御餅は冷めると固くなりますね。
お正月の風物詩で覚えてらっしゃるかしら?
蒸したもち米を搗くことで粘りを出す餅。餅搗きの御餅ですね。

            杵屋 餅つき  杵屋 杵つき餅

求肥は、常温保存でき、柔らかいままです。
柚餅子も、羽二重餅も、切山椒も求肥の類。 あんみつに入ってる緑と桃色の御餅ですよ。
求肥は粉にしたもち米に水と砂糖を足して火にかけて練ることで粘りを出します。
水飴などが入り冷めても固くなりません。
平安時代にはあったようです。

ただ、今の御土産用お菓子は、乳化剤などが入り、食感が違います。羽二重餅もはいってました。
柔らかくて、しっかり腰がある求肥、一番は作って差し上げる事。習うより慣れろですね。

          ごまきりせんしょ  ごまきりせんしょ   花形きりせんしょ 花形きりせんしょ

切山椒は、東北に伝わるとそこに醤油や胡桃が入り、柚餅子に変化したようです。
岩手南部藩では「きりせんしょ」行事食として、お正月お雛様 結婚式などに作られ、仏壇にも備えられるようです。
盛岡では、求肥にクルミなどに。花巻になると柚餅子に変化し、また饅頭になったりもしましたが、
行事食の名前として「きりせんしょ」。

           きりさんしょ  山形 きりさんしょ

山形のだるま市ではもっと細く切られた「きりさんしょ」が売られてます・山椒を入れて、お江戸よりは細く可憐です。
食べ物は、伝播して、変化して、その土地になじみます。

さて、来週には時間を作って、どうか、、つくれますように、
私のは、うまくいったら、ウメシロップをいれたいな。私の梅羽二重飴をつくらねば、、

皆様の周りにも求肥の御菓子はありますよ。
羽二重餅  吉備団子  素甘(すあま)  バター餅  練り切り 鶯餅  菱葩餅 舌鼓  鮎焼き  朝鮮飴
ゆべし  兵六餅 ボンタンアメ  ポンカン飴  乳団子  雪苺娘 雪見だいふく 鮎(若鮎)  みつまめ
ふわふわとした御餅、、求肥をお楽しみください。

           ガンダム展ポスター     六本木ヒルズ ガンダム展 ポスター

例えば、ガンダム好きが、初給料でガンプラ30個買ったのに匹敵する様なことで、
羽二重餅ひと箱15個 盛り上げて、、かわいらしいと思いました。
子供のころからやってみたかった、ささやかな事を思い出したり、実現したりするのは愉しい時間です。
ちょっと芥川龍之介の芋粥の様ですね。
私、あれ読んで、何故か、、自然薯の擦ったものを一鍋 食べたいと勝手に想像してたんですよ。笑))
南部鉄器の鍋で、、いつかやってみたら気が済むかもしれません。

私はご恩返しを見つけました!
クリスマスか、お正月に、hippoponの梅羽二重飴 松竹梅だから、
松の実は必要かも。竹は??御餅にメンマと言う訳にもいかないし、、あ、、笹があった、
こうやって、、午前のひととき、、妄想を重ねてます。

          15.jpg  2015 11 27 東京の空

空は晴れあがってます。洗濯機はフル回転、、寒波は温かに戻りました。ほっ。
そして、土曜日は、お出かけなので、金曜は少なめ2キロ無いぐらい。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

コメント

[C10199]

切山椒は食べたことがありませんが、
ゆべしはありますよ。
ゆべしは、切山椒が東北に入って変化したもの
らしいということは、初めて知りました。
山形の細く切られた切山椒は、
本当に可憐ですね。

[C10203] 本物というか良いものを少し

が良いんです。
もうちょっと食べたいな。という余韻が美味しさをより記憶させるんですよ。

小さい頃いただきもののすあまが本当に美味しくて、母にねだったら・・・これ以上書かなくてもねw

おかげでビールもどきは飲まない酔い大人にそだちました。

かんのやのゆべしはよくいただきます。
  • 2015-11-28 07:56
  • おざなりくまちゃん
  • URL
  • 編集

[C10204] yujiさん

私も今回色々調べて、
面白かったです。
また実際にいけないから、
東銀座の銀河プラザで、見てこようかとおもってます。
その前に山形の枝豆アイスがたべたいのですが、、

  • 2015-11-28 10:15
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C10205] くまちゃんさん

いくら食べても満ちない偽物は体が大きくなるばかりで
満足しないから。
プレミアム美味しそうですね。
徳川家のおひざ元は、豊かでお菓子も良さそう。

これから出かけます、寒そう、、風邪ひかないようにしなくちゃ。
今夜は、ちょびっと楽しいお話にしました。
ジャンクな話、です。
行ってきます。何とか完了。
くまちゃんも任務遂行頑張り過ぎませんように、
洗濯の後は。ハンドクリーム!!
  • 2015-11-28 10:23
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C10206]

すごいなあ~♪
hippoponさんは、和菓子も作られるのですね~(^▽^)/

あの…
ブログを最初から読んでないので
いまいち理解不能なのですが…
主様は、同居の恋人でいらっしゃいますか?
ふたり暮らしなのでせう?
  • 2015-11-28 10:53
  • るこ
  • URL
  • 編集

[C10207] 存在する理由

何かが、単に、有るのではなくて
それに付随する沢山の物が自己主張して
初めて、その、何かが、
何かとして存在する理由を形成するんですね。

(^^)/
  • 2015-11-28 11:51
  • 伊藤由子Room
  • URL
  • 編集

[C10208] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C10209] こんにちは

餅菓子 好きです
羽二重など あの柔らかい感触が いいですね
自分で作れないのが 残念よ

[C10211]

おいしそうですね。
今は、甘いものは避けたいです。
今日だけですが・・・。
  • 2015-11-28 18:26
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C10212]

こんばんは✴
あの食感! たまりません!
羽二重餅~
みつ豆に
入っている求肥~
ゆしべとはちょっと違いますよね。
太ってもいいから、今食べたい(T_T)
美味しいものって何故太るものばかり~っと
嘆く私です。




  • 2015-11-28 20:29
  • yurusa
  • URL
  • 編集

[C10213] こんばんは(^-^)

山椒のお菓子はないけど、求肥のお菓子が食べたくなりました(*^。^*)
色々あるなかでボンタンアメがビビッと!(・∀・)
久しぶりに食べた~い♪


山盛りの団子をパクパク♪
分かる気がします(*^-^*) 日本昔話なんかに出てきて
パクパク食べる様子がとても美味しそうだったのを思い出しました。

僕は森永製菓の「小枝」!あれを10mぐらい食べたいです(笑)


切山椒は東北に行っちゃったんだ・・・
西日本にもこないかなぁ( 一一)

[C10214]

女性って、量より質に、こだわりますよね。男は量です。満腹感が味わえれば、良いって感じですよね。

これを、ガンダム語録で言えば……味にこだわらない男は、

「坊やだからさ。」です。

[C10225] るこちゃん

いやだぁ~~ぁ笑))

2度も同じこと聞いて、ついこの前でしたよ。
違いますよ。

私売り出し中です。売れなくていいけど、、笑))
もうこの事は、ノーコメントね♪

るこちゃんはご主人様とラブラブだから,そう思うのかもねぇ~。
私に家にも、親類にも食客はいましたよ。

私、ピンク系では無いから、、、ww
結構ショック。



  • 2015-11-30 08:38
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C10228] 伊藤由子さん

おはようございます。
暖房なしがながく、のどから、風邪です。
処置が早かったので、昨年みたいにはならないようですけど。

原因があって、結果が、、ww
長野は冷え込みそうですね。
温かくお過ごしくださいね。
下諏訪の新鶴ではお正月につくるようですね。
塩羊羹、かいましたっけ、
  • 2015-11-30 09:24
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C10229] 10208さん

oさん

御餅の搗きたて美味しいですよね。
私は大根おろしの霙がすきです。
一口大に切って、干していったのが、戻ったら良くかわいてて、
たれを作ってからませて、漬物風にしたら、
熱いいお茶によくあって、風邪にも効き目ありそうな気がしました。アッツアッツみぞれもちに、レモンかけたら、
抜群に効き目がありそう。
ゆっくりうかがいます。
  • 2015-11-30 09:35
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C10230] みかんさん

おはようございます。
風邪ひいちゃったようです。熱なし。
今日は、あったかくして、出来るだけ眠って、、、みかん、
沢山いただいて、薬飲んで眠ります。

求肥に挑戦は来週になりそう。
ややっこしいレシピで、中学上がりたてに、レシピ見ながら
作ったことがある様な、子供で、
何でも最初で、すごく手間取って、辞めたんだと思うのです。
あの頃はキャラメルる靴のが好きで、、
そっちに興味が向かっちゃったのかも。
これ覚えたら、この家では、喜ばれると思うの。
正月にツルの子持ちの様な形にして、
紅白で作りたい。
  • 2015-11-30 09:43
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C10231] ジュリアルーシュさん

遅くなりました。
どうしても出かけないとならなくて、、
風邪までもらいました。

週末、、あれ??甘いものめぐり??
後で、ゆっくり伺います。
  • 2015-11-30 09:45
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C10232] yurusaさん

切山椒、他でも、積みあがって売ってたようですよ♪

昨日、葛湯にかりんのシロップ流しいれて、
抹茶茶碗にたっぷり。ほっとしちゃって、、
餡子と、求肥があったらもっとだったかもしれません。

帝国や六本木の虎屋茶寮のあんみつ、、
治ったら、着物着てたべにいこうかしら?
羽二重餅見つけたら、
2箱買って3回にしてお出ししたらいいみたい。ww

びっくりしちゃった。
土物の、湯飲みに、煎茶たっぷり。
これから探して歩くのがまた楽しみ。
  • 2015-11-30 10:29
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C10233] coconut punchさん

小枝、、10M.
人それぞれすねぇ~。
積み上げ手でなくて、ずっと向こうまで、ぽりぽり、、
ぽりぽり、、
ぽんたん飴は、小箱がいくつも入ってる大きなのが、
地方菓子コーナーにでてました。
あれ、駅で買ってもらうとすごくうれしかったな。
  • 2015-11-30 10:37
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C10234] 朋子さん

ガルマザビ、、、
そう言う感じでもないけど、、
びっくりしたわ。

今思ったのは、ボンタン飴の大箱購入して、
蓋付の菓子器に積み上げてお出したら、開けてびっくり玉手箱かもねぇ~。
  • 2015-11-30 10:42
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/856-96a69fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR