FC2ブログ

Entries

乾山 見参  サントリー美術館

乾山 見参  サントリー美術館

少し前に六本木ミッドタウンにゆきましたとお話しました。
目的は、サントリー美術館の乾山 見参でした。
尾形乾山のものを中心とした琳派の美術展です。

並んでるものは、サントリーのものだけでなく五島美術館、出光美術館、国立博物館などおなじみの代表作ばかり。
違った空間で拝見すると美術品もまた、別の様相を見せたりする。

            乾山向付五島 乾山 向付 五島美術館

乾山が江戸の墓があることを教えてくれたのは、
五島美術館でこの皿を見て、どうしても欲しいと言った美意識の東欧青年でした。
私は、もの知らずに、お茶の事など、知らなくていいぐらいに思いもしてた頃でした。
彼は、光琳より乾山が自分お好みだといい、絵付けの古い赤楽を買ったと言いました。
鳥居の付いてる、なんかおかしい。
そして、同じ皿の欠けたのを骨董商が売りに出してる。60万、安いだろうというのでした。
伯母のところにあった光琳の文箱はいくらといったろうか?
古い思い出を繰り出しても、なんかおかしい。
興味もなく、話を聞いて、そんなごちゃついた、道具立てで、侘茶はできまいにとおもいました。
道具屋がいけないんだ。

            銹絵観鴎図角皿  銹絵観鴎図角皿  東京国立博物館蔵 
                                           絵付けは光琳、裏に乾山が書いてる。

さて、恵まれてたのに、茶道具を見せてくださるとおっしゃたのに、観てない、記憶にない。。
あれは伯父の前の当主が見せてくれようとしたのだ。
私は、無口で、お行儀がいい子供だった。7つぐらい。
「何と言われてきたか?」
「お偉いかたで、怖いかただ。お行儀はきちんと。」
「怖いか?正直に言ってごらん。」
「へそ曲がりそうだけれども怖くない。無礼な人では無い」

若い父は,唖然とし、御爺さんは、カラ笑いし、お茶をたててくださった。

この子に茶道具を見せるように、、
父はいやいや、、蔵から茶碗の箱がでてきて、いくつか、、みた!!
そう見たんだった。
あ~~いま、目の前に、黄色い布の中から黒茶碗が出てくるのが見える。
一期一会の本物たちを触れてた。
そう、どっちがいいか?をやらされたんだった。
子供の目で、当てたんだった。
綺麗な新しい絵付け茶碗をくれようとしたのに、古い時代の、名前のある人のそれがいいといい。
濃茶器に興味をもったんだった。幾重の箱のものもあった。
お花の付いてる茶碗より、傷ついた古銭がよく、頂いてきたんだった。
彼は愉快だったんだ。終始ご機嫌だった。
彼は帰りに父にこの子を大事にするように。
今はない、白木屋より長い歴史のある場所だった。
私には、hippoponさんは、他の子供とは違う。幸せになれると言ったんだった。
それはどうだったんだろうか?自嘲)
そうか私の出発は彼がくれたチャンスかもしれない。
一期一会の思い出、足元の踏み石から、深くお辞儀をしたことを覚えてる。
彼がそこまで酔狂な事をするのはめったになく、かなりの立場の人が来ても決して、見せないものだそうでした。
うんと年上の従兄弟が、びっくりして、、大笑いしてた。誰もが合格しないらしかったのに。
後に伯母とお墓参りにいった。私はそんな思い出を忘れてた。
思い出がよみがえって、脱力です。
その前に頂いた古銭の事ばかり思い出にあって、思い出せなかった。

中座、、、、、、
            白泥染付 乾山  白泥染付金彩芒文蓋物 サントリー美術館、
                                          中と外の模様の違いにハッとします。

さて、京都は狭いのに、異国の青年相手に、ずいぶんな商売をすると思いました。
何処で何を買ったかはすぐに筒抜けのなるだろうに。
彼も、日本の宝を祖国に持ち帰りたい一心らしく、どっちもどっちで、ただ話をうんうんと聞いてました。
いったい、明治維新と、廃仏毀釈、そして戦後の戦勝国のお土産買いで、
どれだけの文化財が壊されて、また海外に流されて、消えていったことだろうか?
里帰りコレクションを見ると、彼らの目的も視点も薄っぺらな東洋趣味であり、
骨董屋諸君が、上手く海外もちださせたのかと。またあきれたりもした。

            MOA 乾山   銹絵染付梅花散文蓋物 MOA美術館蔵

戦後、美術品を海外流出させないように買い取って買い取っての、新興財閥。そして宗教団体。
それは意義深かった。
美術品は権力者を回り歩くけれども、、保護されて残ってる品々を見ながら、
日本は壊された、ここにあるのは社稷のかけらみたいだとおもったりしました。
そのかけらのかけら、それまで、持って帰りたい、個人の欲望。

ちょこっと不愉快な気持ち。
ところが彼は、乾山に恋焦がれて、お墓参りをしたのです。
花一輪もって。
まぁ、君は、雑器の古ものをもってかえるか、、御本人の満足だものね。
60万の真珠なら、彼が無くなった後、姪御さんでも使うかもしれない。
60万のかけた東の国の小皿はどう考えても捨てられそう。
物の価値は、見出す人があって、
人も見出す人があってこそ輝く。妙な世の中になって、優秀な若者が就職難であえいでる。
臥竜鳳雛も、それを見出して遣いこなす劉備がいなくてはなるまいに。

            乾山写し  乾山写し 23000円

しかしこの向付で、侘茶をしようって、
あのころは凄く素敵に想えたのに、利休の茶を考えるとうるさい気もする。
あの黒、、あれが御蔵の中に入って生き抜いてきたものだ。
本物であり、道具は、相応しい人々の中にないとならない・
うすぼんやりとした、影のできる部屋の中で、畳が溶け込みそうな静けさのなかでひかるもの。
工芸としての価値、歴史的な価値は別において、時代を経て大事にされた代々のぬくもりの一碗。
はて、どうなったものやら。

再び目の前に浮かんでくる、しかも素材感まで、お爺様ありがとうございました。
お年玉より、お着物より、何よりも素晴らしい経験を、一期一会でくださいました。
忘れません。

それで、入谷の乾山窯の後に立ちました。
恐れ入谷の鬼子母神のすぐそばでした坂を上がれば親王様がいる輪王寺。隣は、国立博物館。
すぐそばのお寺に葬られ、今は、お墓は、明治時代に鉄道がとおるので、お寺がうつされて巣鴨でした。
そのまま探しに出たのですが、元のお寺の位置のちばんあたりと、石碑だけ。
暑くて、まわりきれす、ぼ~~と写真も撮らず、

乾山のお墓と、おばあちゃんたちが群がってると言う巣鴨の八つ目は秋にします。ふぅ~~。

御盆のころには、なんか亡くなった人がやってきます。記憶が交錯して、つかれました。
おやすみなさい。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

コメント

[C7852]

>物の価値は、見出す人があって、
>人も見出す人があってこそ輝く。

まったくその通りだと思います。
物は価値を認めてくれる人の
ところにあるのが一番幸せですよね……。

[C7853] yujiさん

道具もね、なんだか、理解が足りない人が
持つとたいへんなことになるの。
下品なあつかわれかたして、可愛そうなことがあるの。

人もそうで、素敵な方を大事に認め合うのがいいですよね。
  • 2015-07-29 03:20
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7854] いつもコメントありがとうございます♪

当ブログで使用するために撮影する写真は、
後々加工するのが面倒だという事情もあって
極力車(ナンバープレート)や
人物(特に子供のアップ)が写らないようにしてます。
写真の閑散としている感じはコレが原因かも!?

[C7855] こんにちは

連日 暑いです
こんにちはの代わりの 余計な再認識の暑苦しさ><
お盆が近づくと 平素 忘れていたことが
次から次へ 想い出されます、
これも 盆帰りの 魂のせいでしょうか

[C7856] robokeiさん

こんにちは
そうかもしれませんね。
地方都市を旅行すると元の大きなアーケード街がゴーストタウン
ぽつんと、巨大ストアー。
若者は都市へ。
がらんとして大きなホテルでゆったりしてるけど
本当にこれでいいのかと思う。
地元にお金が落ちるように、回るように、住んでる人も意識する事がだいじだとおもいました。

元気な街ご紹介くださいませ。住みたくなるような街!!(*^-^*)
  • 2015-07-29 11:57
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7857] みかんさん

こんにちは
暑いですね。
折角戻られたんですもの、昔がたりもいいものです。
穏やかに暮らせそうですね。
僕は君を愛してた、
私は愛されてた、
それを確認できれば、後50年は平気で生きてゆけそう。
笑顔の満ち足りた生活をうみだそうとおもえる。
お盆と言うのは優しい季節ですね。
  • 2015-07-29 12:02
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7858]

こんにちは。

あっという間に半年過ぎたら、もうお盆がやって来る。
早いなぁと、休み時間に一息つく私(^▽^;)

[C7859] ひろりんさん

今日も暑いしいそがしかったですか?

良い道具がい所に収まった人もいましたね。
色々な向こう側の人に愛されて、がんばってるww

きっと蓮の花がゆっくり揺れてるような気がします。
  • 2015-07-29 12:48
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7861]

こんばんは。
きょうも暑かったです。

モノは大切にされる人が持っているのがイチバンいい。
チャンとしたホンモノを。
その目が大切。
  • 2015-07-29 20:49
  • 風露草
  • URL
  • 編集

[C7862] 風露草さん

歴史に名前がある家ですね。
古い、でも今はないのです。

暑かったですね。
今夜は、株で、あさっては牛飼いさんの話。
関西です。大きな黒毛和牛。
ドキュメント怖かったらユーチューブご覧にならないでくださいね。
ご訪問は、明日にします。
今日は頭ボ~として損しました。
明日、伺いますね。

スタミナつけて、頑張りましょう。
  • 2015-07-29 21:40
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7863] こんばんは(^-^)

子供の頃に目利きでお見事(/・ω・)/
小さいながらも何かを感じたんでしょうね~。

今になっても鮮明に、本物はやっぱりインパクトがあるんでしょうね。

一期一会、お爺様に感謝、感謝(*^-^*)


今日は午後から草刈りでした。
お蔭で10,000歩達成~ ちょっとだけ体重も落ちてました(^_^)v

[C7864]

ご本人しかわからない価値もありますからね。
  • 2015-07-29 21:47
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C7865]

hippoponさん おばんです。

信じる事・・・!!。

自分を磨く事・・・・全部おらに無いものばかり・・・・。笑)
  • 2015-07-29 23:12
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C7866] 幻の「いちごちゃん」

ひっぽさん こんばんちーす ノリめvめリル

中と外の模様の違いの美意識で良いですよね。

ものによっては、外が地味なのに、中が派手って
のもしゃれている気がします。

こどもに名前を付けるとき、「一期」や「いちご」
などの意見も出しましたが却下されました。

「いちご(イチゴ)ってイメージの顔じゃなかったら
色々言われそうって」ってコトが理由でした。
  • 2015-07-29 23:51
  • める 川*´v`*川し
  • URL
  • 編集

[C7868] coconut punchさん

こんにちは。
体重計に乗るのが楽しみそうですよ♪
思い出したとき、いろいろな画像や、
鼻に汗かいて見極めようとしたことなど思い出します。

全てはあそこの集中力。あのぐらい気を入れたら
判断力は鍛えられるのでしょう。
体力が無いと集中は外れますね。

今思うと、むしろ道具より追い込まれた状況を作ってくださったことがあり難かった。
長い歴史、そして、晩年の何代めか。
子供に、あの局面は難しいもの。周りの期待の様な視線もあったし、人がきのその向こうに馬鹿にしたい人もいるだろうし
伯母の立場も。
どうしても抜けないとならない場面。
彼自身も何度もそう言う試練を乗り越えたのかもしれない。
従兄は、それが嫌で、立ち向かわなかったのだろうし
伯母は甘かった。
軟な人間は口が軽いし行動も軽いけど中味が無くて
結局人に不幸をもたらす。それでも平気
見極めないと一代の中に起こる難局も乗り越えられない。
重荷が違うから、大変ですよね。
いろいろかんがえさせられます。
  • 2015-07-30 11:47
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7869] ジュリアルーシュさん

そうですね。
彼が納得ならいいのですよ。
気に入ったんですものね。
世間的な価値が通らない盲目であってもいいのですものね。
  • 2015-07-30 11:52
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7870] ひげさん

何を?信じるの?

盲目は財産を減らすだけでなく、
他人に被害を及ぼす。
価値判断の間違えは自分だけならいいけど、
人に影響を及ぼしたときに罪になる。

何を指してるのかわからなくて、よく理解できないまま。。
申し訳ないです。
  • 2015-07-30 12:01
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7871] める 川*´v`*川しさん

赤ちゃんの笑顔が🍓のようでした?
一期って、最後とか、臨終をさすから、
ちょっと重いかも知れませんでしたよ。

外側と内側の違う蓋物は、開けた時の楽しみがあります。
蓋付の菓子器に使うと光を集めたり、また深く引き込んだり
筆がチョコと雑な方が妙味があります。

蝋燭だと光が揺らぐのでまたいいです。
  • 2015-07-30 12:10
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7880]

自分を
  • 2015-07-30 22:54
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C7881] ひげさん

そうなの、
そう、
幸せの事は、人のための人生でないから、
今が幸せ。

そう思ってる。

  • 2015-07-30 23:23
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/711-c39392b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR