FC2ブログ

Entries

月とスラバヤ 1 Where does humanity come from?

月とスラバヤ 
1 Where does humanity come from? 人はどこから来たのか?

「月と六ペンス」有名な小説ですね。
今から100年ぐらい前に、サマセット・モームが述しました。
ポール・ゴーギャンの 生涯をモデルにしたとされます。
ゴーギャンと思しき人物の事を。友人の視点で語ります。

若く、潔癖で、自分を取り巻く世界の与えられた価値観しかないころ。
ゴーギャンはタヒチにいた画家ということで、何度見ても、あまり好きになれなかったです。
あげく、この人は、無責任にも、家庭を捨てて 放浪のあげく、タヒチにたどりついて、
やりたい放題し、性病にかかり、それが原因でなくなった、とんでもない罰当たりぐらいに思ったものです。
彼を理解したくもなかったし、理解しようともしませんでした。

         タヒチの女(浜辺にて) オルセー美術館 1891  タヒチの女(浜辺にて) オルセー美術館 1891

「月が綺麗ですよ。海風にもあたられますか?」
はいはい、いそいそ、、大急ぎ、、と出かけました。
お台場は、三日月が、美しく、斜め前方に上がってました。
何処からか潮を含んだ風が回り込んで、太平洋で見るような月でしたが
海はただ真っ黒で、満月の様に波は浮かび上がってませんし、星はやはり見えませんでした。

人口の街には、どこにでもある、チェーン店ばかり。
中にあった、ブランドバッグのお店で、ちょこっと物色。
背の高い、ウェイターが、飲み物のトレーを持って立ってる。高級感を出すために。
廊下の、電灯が白っぽい空間は地方の大型スーパーと同じ作り。子供連れが大声だしてる。
なにか、チグハグナ寄せ集めの街。

           台場 夜景 台場 夜景

「いや、都内でも良かったのですが、インドネシア料理召し上がりたいっておっしゃってたでしょう?」
その言葉で、茫然と、あ~~、。
久しぶりのガムランの音と、香料のかおりと、背の高いヤシのざわめき。
広い、広い何もない海岸は月夜の晩に照らされて、さざ波が遠浅の海にゆっくり寄せてた。
真っ暗で、月明かりがほのかで、灯が温かく、プリメーラが、庭にこぼれてた。
土の道を、白いベンツを借り上げて旅行した。
もう一度訪れたい場所の一つ、ジャワを思い出しました。
空に星も見えない日々、時折思い出すと溜息する。
牛皮で出来た、影絵人形をかったっけ。
押し入れの中、、。

            ワヤン 影絵人形 

台場の人工的で、プラスチックの中にいるような小さな潮風の巡り場所は一気に
ジャワの森林に変わった。海風とインドネシア料理、、心憎い贈り物。

入ったのは、一度来た事がある?と錯覚したインドネシア料理レストラン,.
そのはず、私は横浜で姉妹店を知ってたのだった。
微笑みがあり、よく気働きがするウェイターさんはジャワ更紗をきてました。
スマートにお皿を持ってきて、スマートにさげてく、
懐かしい呼吸、大気、中には、外人が多かったようです。

背を向けて座ってるので声だけが響く
後ろのテーブルでは、せっかく食事に来たのに、ご夫婦が、お金の事でもめてました。
奥さんは節約家、御父さんは子供に料理を知らせたかった。雰囲気も。
どっちがお金を出すかでもめてて、さすがに子供が戻ると黙ったけど。
二人で働いて、台場で、ご飯を食べるにもイライラ。日本は豊かでない。
大した払いでもないのに、、もめてるのは日ごろの事があるからで、
御主人からすれば、日ごろ大変な思いをさせてるので、家族に非日常を味あわせたかった。
なんだか、楽しめきれないような気分。
帰りがけに奥さんはご主人と別な通路を使ったので、奥さんをちらっとみた。
奥さんは、染めた髪の毛がぼそぼそで、所帯やつれしてた。余裕がない顔して、不満足そうだった。
お互いの思いが伝わらない、家族の行楽。
長い人生、そしてはかない。なぜ? そんなことで、他人のテーブルまで嫌な思いをさせるのか?
夫のメンツをつぶすんだろうか?そこにいる人すべてに悪態をいい、気もちがいい人たちにあてつけて、
おじゃんな雰囲気にして、自己顕示する。
何が楽しいのか、一番自分が傷つくというのに、小さなことに、おもいわすらって、邪鬼になってる、
充分に愛されてることに気が付こうともしない
可愛そうな女がいました。

        サマーセットモーム サマーセット モーム ポール ゴーギャン ポール・ゴーギャン

そのときに、月と六ペンス、ゴーギャンを思い出した。
彼は、ただ絵が描きたかった。そんな、我儘を、家族を犠牲にしてやっていいものか?
何時の世も、多くの人々は男も、女も、しがらみで、あっぷあっぷしてるというのに。
それほどの事をして、ゴーギャンは、人生をかけて、何を証明できたと言うんだろう・
南の風に吹かれて、自分を謳歌し、絵だけを描いて、、ただの放蕩ものでなかった理由は?とふと。

あ~~、彼は、証明したんだ、
彼の中の命題を突き詰めて、突き詰めて、 
ただ海と潮風とヤシの木のさざめく中で、絵を描いてたんじゃない。
彼は、子供の時に与えられた命題を持ち続けて、そして、あれを残して、自殺をはかったんだったけ。
それらの事象が組み合わさって、ぐるぐる。

彼は、カソリックの神学校が根っこのひとで、11歳から16歳まで在籍してた。
当然、キリスト教教理問答をやってた、
それが神です、、にいたる。
大きな3つの命題があったけ、
「人はどこから来たのか」(Where does humanity come from?)、
どこへ行こうとするのか」(Where is it going to?)、
「人はどうやって進歩していくのか」(How does humanity proceed?)

なんか昔、反発してたっけ。あれだ。
彼はその命題を持ち続けて、南国タヒチで絵を描いた。そして自殺を図った
題名は、
D'où venons-nous ? Que sommes-nous ? Où allons-nous ?, フランス語
われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか
  
          われわれは ゴーギャン
われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか ボストン美術館 所蔵

成人するまで、成人、そして老後、、
老後には、奇妙な白い鳥が、言葉がいかに無力なものであるかということを物語っている
と言う彼自身の言葉が添えられたそうです、死をあまんじて待つ老女だそうです。
そして超越者 (the Beyond)を青い像で表しました。
今になってしみじみと絵は訴えました。
私とは違う宇宙観ですが、、
小さな真面目な魂は、地球をさまよって、タヒチで、人の世のはかなさと、
全知全能の存知、、宇宙と言う理論を感じたのかもしれませね。
見えない、証明できない。でも存在するというような、、理論にならないけど表現した。

まぁ、私は頑固で、等伯の松林図の方が、哲学的だと思ったりするほうですが、、
改めて、絵を見てるところです。
キリスト教教理問答、教える方も心もとなく、いい加減な感じで時間を費やした、
初夏のころの、セーラー服が暑かった、ひどく眠い、まったりとした授業を思い出しました。

人ははかない。だからこそ、日々を人を、特にご家族を大切に。

インドネシア料理は後ほど、、また、ご紹介したします。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m
ゴッホのひまわり ゴッホのひまわり

ゴーギャンのひまわり ゴーギャンのひまわり

ココナッツさんとのお話の中のひまわり。
また、彼らの事は書きますね。

コメント

[C7112] 「チェインギャング」

ひっぽさん こんばんちーっす 川⌒v⌒川ノ

ひっぽさんの「人ははかない。だからこそ、日々を人を、特にご家族を大切に。」って言葉で、
「ザ・ブルーハーツ」の「チェインギャング」って曲を
思い出しました。
特に、曲の終わり頃の部分・・・・・
できたら、YouTubeで聞いてみて下さい。
「ザ・ブルーハーツ」は、ほかに「青空」などなど
良い曲多いですよ。
まー、音楽は人それぞれ趣味が違いますから
何とも言えませんが・・・・・
  • 2015-06-25 01:04
  • める 川*´v`*川し
  • URL
  • 編集

[C7114]

タヒチの女は、ゴーギャンの作品で
唯一覚えていました。
絵画や画家については詳しくありませんが、
知っているのはすべて、世界史の教科書に
出ていたもののみ。
こうして見ると、学生時代は
世界史が得意だった割には、
今はほとんど覚えていないことに、
我ながらビックリです。

[C7115] める 川*´v`*川し Uさん

おはようございます、
お昼に聞いてみますね。
何しろ音が、、

  • 2015-06-25 04:52
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7116] yuji さん

オーバーヒートしないように、忘れるようですよ。
私は漢字が酷いことになってると思います。

インドネシアの事思い出したら、タヒチのゴーギャンの事が、、
そして、こねくり回してた一冊の本の扉も。

なんか夫婦の食い違いきいてて、
切ないし、オーヘンリーの小説みたいでした。
哀しかった。
月は、すごくきれいで、これ見て帰れたかしらと思いましたよ。
パパのサプライズは届かなかったのね。
  • 2015-06-25 05:05
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7118]

hippoponさん おはようございます。

寂しさも楽しさも家族と共にありき・・・・・
  • 2015-06-25 06:11
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C7119] ひげさん

おはようございます。
家族は守らねばならない。
彼等 子供の前では全く違ってた。

どちらも、もっと夫婦が上手になって、
よく話して、楽しみを楽しみにできたらいいのに。
もっともっと辛いことも、楽しいこともある。
世間体ばかり気にして、
もっと素敵なことがある。もっと幸せな人がいる、
どうして私ばかり悪運なの、、と叫ぶより、

ママがどうにかするし、、とか言えたらいいのにね。
パパも、子供のためにこれはしたいからとか、、
何とか、あるでしょうにね。

結婚てね、親族とお金の事で、喧嘩するんですって。
結局大人でないから、
我儘で、自分を通して、
結局。最も世間体が悪い人になっちゃったりしてね。

家族は大事。国のもっとも小さな組織の単位。
家族がしっかりしてたら、万全。
和泉式部も、恋愛でなく、家族を作ったと言う事でしょうね。

  • 2015-06-25 07:42
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7120]

いつもながら、心に響くあなたの言葉。
目の前にいる人を大事に、日々の生活を大切に、感謝を持ちたいですね。その謙虚さをいつの間にか多くの日本人が忘れてるような。自分も含めて。
  • 2015-06-25 08:22
  • もこ
  • URL
  • 編集

[C7121] もこさん

おはようございます、
北海道旅行、スケッチもできたようで、楽しみ満載でしたね。
拝見してます。

ゴーギャンは、写実的で、我が強くて、へたっぴいで、
あまり好きになれなかったのですが。
本物を見てみたいと思う気持ちになりました。

日本にも、この絵はやってきてたのに、、。

また、東京美術館巡りもなさるんでしょう?
空間を読む、水墨画も、是非にご覧くださいね。
私は大っ嫌いだったんです。こんなのかけちゃうと、、おもったり
若者は傲岸不遜だった。
等伯、牧谿そのあたりから、ずいぶん見方が変わったりして
また、若い時から、進化し続けていたことも感動でした。

上村松園は、師匠に、画家であるなら、刷毛などつかわず、
全部筆でと言われたそうです。
情熱は、ある時から、引き算に変わり作風が出来ると思います。
人を感動させるものが芸術です。

感動、、、。
私なんぞは、自分ばかり感動して、感動を差し上げることが出来なかったです。
ストレス解消のドローイングみたいに、自己満足。
褒めてくれる人はあってもその域から抜けたくもないし、
ただ、描く行為が好きだたった。
安全だったじゃら、誰もじゃましないし。

芸術家、、、それは、感動を人に与える。
上手くても、感動が無ければそれは芸術でないと、
だれだかもかいていました。

要求されることが大きいけれども、
モコさんでしたら、ファイトもわくと思います。
プロはアマチュアと違う。目指して夢中に邁進してください。
  • 2015-06-25 08:46
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7122] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C7123]

こんにちは。
浅草を歩いてみると
たくさん発見して楽しいですね!
ごま油屋さんは
パン屋さんの側にあって
凄く興味持ちましたよ( ^_^)ゞ

[C7124] こんにちは

難しいことは わかりませんが
タヒチの青い海 陽気な音楽
理屈抜きに 魅了されます♪

[C7125]

小説なんてここ十数年読んでないです。高校の時とかはよく読んでた記憶がありますが。

[C7126] こんばんは(^-^)

ゴーギャン、そんな人だったなんて( ゚Д゚)
タヒチでやりたい放題で死んじゃったの?( ̄▽ ̄;)ナンテコッタ

あまり知らなくて、何となく「ひまわり」のイメージだったけど・・・
やっぱり好きになれないかも(^^ゞ

タヒチは好きだけど~♪ 海~♪ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

[C7127] める 川*´v`*川しさん

こんばんは

これ、音楽? 叫び?

一人ぼっちが怖いから半端に成長してきた。
そして、原罪と、大人になれないピーターパン症候群につても。
人を集めてる。

ロックとも違うし、パンクでもないし、
体制に入り超えないもどかしさ、若者に共感されてる。
ゆとり世代のもどかしさと 波動するのかしら?

ちと疲れた、。
おばはんだわなぁ~。
  • 2015-06-25 21:27
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7128] 7122sann

🌹後ほどお伺いいたします。
  • 2015-06-25 21:30
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7129] ひろりんさん

浅草、

いつも雑多で、特別見るべきものがあるのかと言うとそうでもなく、
それで、なぜか、、外人も含めて大挙して観光してる。
江戸情緒?と言うなら地方都市の方が残ってるし、
それとも、猥雑なカオスがいいのか?
人が息巻いてる。けど、、池袋、渋谷、新宿とはちがって
落ち着いてる。丁度心地よいのかしら?

仲見世では助六が面白いと思いました。
おおきいことはいいことだぁ~~というかんがえでなくて。
まめまめしいものが貴重であり、
そこに技術が全部押し込められてて、、と言う発想。

大草鞋の前にそういう小間物があるのが、面白いです。
飲む込むようなエネルギーが、日本的なのかしら?
  • 2015-06-25 21:38
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7130] みかんさん

解放感、
時間の速度が変わる場所ですね、
真珠もかってきたい??
  • 2015-06-25 21:41
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7131] yagifandさん

こんばんは
デフォルメされたフィクションより、
現実の方が、強い刺激の日々ですね。
時間が取れない。
起きてからずっと戦闘態勢、
ご家族の事も充分なさって、

現実が活き活きとしてる日々。
立ち止まれなくならないように、時には深呼吸。
ワークハイにならないように、、月を愛でてください。
今夜も大空に美しくのぼってますよ。
  • 2015-06-25 21:48
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7132]

南の島に行くと、星がきれいですよ。
ビルもなく家も点々としかない、
よるの空は、真っ暗で月がきれいです。
  • 2015-06-25 22:06
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C7134] coconutpunchさん

こんばんは
ゴッホとゴーギャンをつなぐひまわり。

ゴーギャンは、自分の絵とゴッホのひまわりを交換し、
のちには黄色い家で二人は住んで、、
有名な切りつけ事件、
そして、
ゴッホが自殺し、テトも狂気にのりうつられて、、
そして、、

とめどもない破壊的な力は、、、。

ゴーギャンは、地の果て、
タヒチで、ヒマワリの種を送ってもらった。

狂気は周りにいる人に影響を及ぼす。
強烈な存在、支配、そのはざまで作品があった。
私は彼等の絵は、刺激的で、苦手。
痛ましい気がするの。

追記に、二人のひまわりを貼っておきますね。
芸術家は 敬愛しつつも作品においては譲れないから。
普通の感覚なら、共存できたのでしょうけど。
  • 2015-06-25 22:22
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7135] ジュリアルーシュさん

実は、ジュルアルーシュさんにおすすめなのは
船旅なのです。

船が揺れると、満天は揺れます。
降り注ぐような星を眺めて、デッキに寝転がる。
それが、何よりもごちそう。
船のエンジンの音と、
大洋を背に感じつつ、
宇宙を眺める。

きっとお気にめすと思うのですが、、。
  • 2015-06-25 22:31
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7136] またまたこんばんは(^-^)

並べて見ると何だかゴッホの方が強烈でした( ゚Д゚)
ちょっと怖い感じ(@_@;)
こんな印象だったっけ?って・・・
「痛ましい」ちょっと分かる気がしました。

[C7137] coconut punchさん

起きていらした?

この手の絵は、療法中の方々の絵にも似てるし。
その、あんまり怒り過ぎた時に
怒りが爆発できなくて困ったときにね、
あ~~、あれは、こういう状態の人が描くんだって思ったの。

狂気の周りの人は、なぜ??で、おかしくなる。
ある時にそう言う人の事で、警察に相談にいったら、
貴女は大丈夫??なんて
周りの人が不安定になると言う事をレクチャーされてて、
薄気味悪かった日々が、理解されて、ほっとしたことある。
やっとそれで治療が始まって、みんな収まったのですが。
この時代は、どうしようもなかったのかもね。

親に起因するある種の典型かも。
リストカット、崇拝と嫌悪、、
ゴーギャンに剃刀で切り付けちゃった。

親切にして、まとわりつかれて、怖い目に合う。
辛いパッションの発露な気がする。
ゴッホは12枚描いてる。ゴーギャンのために、崇拝ね、、

蛍、、どうだったかしらん?
今日も出撃かしら、、あとでまた、、

  • 2015-06-25 23:46
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7147] ゴーギャン

が好きな美術の先生が
ももが中学生のときにいました。
思い出します。

すごい怖い先生で
テストの点が30点以下はと黒板けしで頭をたたくのです。
60点以下は床にほかられて拾うんです(笑)

ももは優等生♪
よく勉強してるなっ!といって手渡されましたマル

[C7150] ももちゃん

こんばんは

そんな暴力的な教師がいたなんて、時代錯誤してたようですね。
今なら大騒ぎでしょう。
名古屋は、結構暴力的な行動に甘いのだろうか?

言葉は柔らかくても、結構気性が激しくて、内実の頑固さが
良いところでもあり、
他地方の人は参ってしまうところでもあるのかも。

しぶとさで天下平定ですものね。
胆力がある!

上手にさばけましたねぇ~~マル。
  • 2015-06-26 22:30
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/675-8a2d99d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR