FC2ブログ

Entries

6月23日 沖縄戦終戦 慰霊の日

6月23日 沖縄戦終戦 慰霊の日

今日は、沖縄の終戦記念日に当たります。
本土復帰前は、1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなみ、琉球政府及び沖縄県が定めた記念日です。名前は慰霊の日。
組織的戦闘が終結と言うのは、牛島司令官らが自決した日。
そして、その後も米軍の掃討作戦は続きました。
7月2日に一応の米軍からの沖縄戦終了宣言、降伏調印は、9月7日。
9月7日は1993年、全国で初めて市町村独自 の「平和の日」を条例で制定しました。
沖縄市民平和の日と定め、毎年記念行事が行われてます。

慰霊の日は1972年復帰後は、法的な根拠が無くなりましたが、
1991年に沖縄県の自治体が休日条例で慰霊の日を休日と定め、再び正式な休日となりました。
それで、沖縄ではこの日はお休みです。国の機関以外の役所・学校は休日です

           沖縄全線没者追悼式 前夜 平和70 5000本のキャンドル 沖縄全戦没者追悼式 前夜、22日

沖縄は、米軍にとって、日本掃討作戦の最重要ポイントでもあり、
ここを占拠し基地を作ることは、ルソン陥落後、台湾をとるよりも軍事的に優位でありました。
勿論極東基地として、ベトナム戦争後であっても、、今も重要なわけです。
太平洋戦争に於いて、日米の最大規模で最後の戦闘であり、しかも、住民を戦闘に巻き込んだ地上戦です。

その悲惨を良く調べもしないで語ることは避けたいです。
ご興味の方は、お調べください。デフォルメされた事象だけに、ふわふわと同情することなく
両軍の戦略、その後、など、。きちんと重く受け止めていただきたいと思います。
沖縄は戦いたかったでしょうか?
日本軍の沖縄住民にとった、塹壕からの退避などの強硬策なども、真摯に受け止めたいと思います。
ひめゆりの自決は丁度このころ。18日に突然に出された解散宣言後だったことも。
行き場が無くなった市民たちは、最後まで真摯に沖縄を守るために、生き延びるために戦場で自分の務めを果たしました

沖縄戦線における死傷者の数。 両軍合わせて20万人
日本側の死者・行方不明者は188,136人。
沖縄県外出身の正規兵が65,908人、
沖縄出身者が122,228人(94,000人が民間人

アメリカ軍側の死者・行方不明者は14,006人、
イギリス軍の死者が82人
アメリカ軍の負傷者72,012人。
20万の半数が、沖縄の民間人と言う事にご注目ください。

最期の戦闘の日々、妊婦や少女までもが竹槍や爆弾を手に米軍に突っ込んだそうです。

            鎮魂と絆 エイサー

そして、、そして沖縄は、まだ、遺骨が土の中から出てくる様な中で、日本と切り離されました。
伝来の土地は、日本軍に接収されたものの他にも米軍基地として銃剣とブルドーザーと言われるような接収がありました。
那覇市街地のほとんどが立ち入り禁止区域になりました。
無くなった方の遺骨がまだ地から出てくる様ななかで、
沖縄の人々は、亡くなった方がたのために、お盆に、行事をいたしました。
400年ほど前に浄土教が伝えた、念仏踊りの流れ、エイサーです。
エイサーは念仏まわりの様そうで、
土地の若者たちが、祖霊を迎えるために、歌と囃子に合わせ、踊りながら地区の道を練り歩きます。
その青年団の組織の活動資金にもなりましたし、中にはため池事業につかわれたこともある、
地域扶助の浄財にもなりました。

そして、エイサーは人々の、沖縄の人々の誇り、文化の伝承ときづな、拠り所になりました。
1956年からは全島エイサーコンクール(現・全島エイサー祭り)が行われるようになり、
派手で勇壮な表現になって、受け継がれてきました。
大きな太鼓、小さな太鼓、子供も、、みな力一杯に踊ります。
最期は皆が踊りの輪に入るカチャーシーになります。
カチャーシーとは、かき混ぜると言う意味です。

喜びも悲しみも分かち合う、そういう踊りです。
結婚式のも必ず踊られるそうです。
今日は日が長い夏至でした、前夜には、全国でキャンドルナイト。
そして沖縄では、慰霊祭の前夜祭で、キャンドルナイトが22日に行われました。

           戦没者石碑 戦没者氏名碑  国を超えてすべての戦没者に、、

昔は薩摩の属国とされ、日本になって、戦争を引き受けてしまった島は、遠くありません。
私たち日本の国の中、そして、最も、むごい目に合った都市々と同じです。
忘れないで、、
そして、70年たって、この人々の踊りをご覧ください。
訓練と分かち合い無くしては、また自己研鑚なくしては、踊れない。強制された踊りでもありません。
県民の四人に一人が死に、焦土の中、土地も奪われて
見事に復興した人々の鎮魂の踊りです。誰よりも今ある平和を大切に生きる喜びを味わってる人々。

             全島エイサー  カチャーシー

もし、この、人々の半分が、今、死亡したとしたら、それが戦争です。
累々の名前が刻まれた慰霊塔、それは、生きてればこのように、生きることを喜びにできた人々の数です。
復興と言う言葉は簡単ですが、
この若い人々のきづなを見てると眩しいです。
そして、どうしてか、、涙がいっぱいあふれました。

今日は、南の島は慰霊の日。思い出してください。
私は、このような笑顔の青少年を育てた沖縄に敬意を表します
そして平和を祈念します。。

あるブロ友さんが、こんなことを話されてました。
最期にその言葉を。
失ったものも大きいですけど
得たものもたくさんありました

困難の時、そう生きてゆきたいですね。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

コメント

[C7073]

今日は静かに
平和を祈ることにします。

[C7075] yujiさん

こんばんは

そうなの、そう言う日だったの。
終戦記念日は2つあったのね。
8月と、沖縄の、
沖縄のこの石碑には、各国人、戦争によって無くなった方を慰霊してるの。すごく大人の考え方でしょう?
70年、銃弾は発射されなかったけれども、沖縄の歴史は
順風ではなかった。
またそれも、胸に平和をいのりましょう。
  • 2015-06-23 03:47
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7076]

hippopon先生 おはようございます。

ありがとうございます。

  • 2015-06-23 05:48
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C7077]

すっかり忘れていました。
時が経つのは早いものですね。

[C7078] yagifandさん

おはようございます。
あれ?静岡在住で、沖縄育ち??
エイサー踊れる??
  • 2015-06-23 08:00
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7079] ひげさん

おはようございます。
このところ叱られそうな夜で、、
お肌に悪い、、。
なんかなかなか書けなくて、この記事は、読んでもらえたら嬉しいのだけど、

ひげさんの故郷は近いところですものね。
70年前全部なくなるような目にあって、
みんなで温かく暮らして。この豊かな笑顔ですよ。
産業も基地と、観光と言う、グアムやサイパンとおなじ、占領政策。
日本政府の手も及ばない、長い年月。
生まれた子供が成人して、
孫を産むようなぐらい、。
気の遠くなる年月沖縄は返還されなかった。

そして、いま、こんなに素晴らしい若者が育ってる。
文化は民族の拠り所になってた。
首里城も壊されて、国宝も破壊されたのよ。
でも、歌と、民話と、踊りが人々の中に生きていて、
育っていったのね。
人がちゃんと育ってる。決して負けてない。
なんか感動しちゃって、
昨日から、涙が出るの、、少し眠らないとね。
  • 2015-06-23 08:22
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7080]

hippoponさん こんにちは
明後日からISOの監査が…
ブログゆっくり覗けません
これから母の所へ何とか心臓が元気なので頑張ってくれていますが…
とりあえず会社からポチ、今夜家からもポチ
Wポチ応援です。
  • 2015-06-23 16:57
  • まあちゃん
  • URL
  • 編集

[C7081] 祈り

黙して 祈ります

雷を伴った夕立が 日本 注意が出てます、
気をつけましょうね

[C7082] こんばんは(^-^)

戦没者氏名碑の事は先日テレビの特集で知りました。
未だに名前の分らない方もたくさん。
○○の妻、○○の子、となっているとか・・・
浮かばれないですね(T_T)

平和な日本、これからも平和でありますように。


※今日は10,000歩達成!今月は良いペースです(*^ー゚)b

[C7083]

こんばんは。
本土の捨て石にされた?沖縄。
多くの犠牲者がでました。
「忘れてはならぬ戦争の惨めさを」
高校生が詩を朗読。
戦争はあってはならないのです。

きょうという日は、私の誕生日でもあります。
犠牲になられた方がたに手を合わせたいと思います。
  • 2015-06-23 20:40
  • 風露草
  • URL
  • 編集

[C7084] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C7085]

こんばんは~

得たものの大切さを実感できてないと
気付かない事ですよね。
これからの世代の為にも
同じ事を繰り返さない世の中で居続ける努力をして行かないといけませんね。

>バーゲンは、友達のママさんの友人のおかげで参加出来たんですよ。
招待状が無いと入れないみたいですね。

[C7086]

沖縄は、いろんな出来事がありますね。
歴史も独特ですし、戦争は二度と起こしてほしくないです。
  • 2015-06-23 22:35
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C7087]

平和は、今は、当たり前
今までの事を忘れずに これからも平和を祈るのみです。
実家の長崎も原爆で。。。
今は、本当に平和に感謝ですね 
  • 2015-06-23 23:04
  • るん
  • URL
  • 編集

[C7088] 見た目と意味合い

ぴっぽさん こんばんちーっす 川のvの川ノ

エイサーにそんな意味合いと歴史があること、
初めて知りました。

見た目と歴史的な意味合いにギャップがある
踊りと言えば、アイリッシュ・ダンス。
あまり知らないけど、
イギリスの支配下で、踊る事を禁止されてた
アイルランド人が外から窓をとおして見られた時に、
踊っているのが分からないようにって生まれたと
昔 高校生くらいの頃かな?TVで聞いたことが
あります。
何だかカッコイイ踊りだなって思ってTV見てたので
「へ~!」って思った記憶があります。
  • 2015-06-24 00:03
  • める 川*´v`*川し
  • URL
  • 編集

[C7089] まあちゃん さん

お忙しい時にありがとうございます。
戦争の事書くとき、調べるでしょ。映像も勿論見て、
作ってある記事の何倍も悲惨なことを見てきいて調べて、
頭の中で作り上げて、、
そのうちに、ぐったりとして、哀しくなって、
昨日は、まったくゲンナリとして寝てしまいました。
疲れすぎてて、睡眠不足で、涙が出ました。

色々と抱え込むことが沢山ある人は、耳を傾けてくださいよ。
疲れすぎないように、、

お互いに頑張りましょう。
  • 2015-06-24 00:44
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7090] みかんさん

今は静かですが、すごい雷で、いっときは、激しく降りつけました。
白いタオルはときおりハイターに。
真っ白に戻って好きなのですが、危うく濡れるところでした。
浮世絵の夕立の図みたいでしょ。
場所もお江戸ですし。
ちょっと感慨に浸っちゃいました。
  • 2015-06-24 00:50
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7092] coconut punchさん

名簿の話、切ないですね。
死亡者の半分が一般市民。
対馬丸事件もありましたが、島から出れないまま
火炎放射器ですってよ。
それでも、女子供が挑んでくるから、直接攻撃はやめて
原爆落としたのかしら?
手を汚さないで、、。害虫駆除みたいに。
痛ましいことは二度とないようにとおもいます。
  • 2015-06-24 00:54
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7093] coconutさん追伸

一万歩は6キロぐらいになるようです。
水分すっきり感がでたのでは?
積み重ねは重要ですものね。がんばってくださいね。
負けないようにしなくっちゃ、
  • 2015-06-24 00:57
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7094] 風露草さん

お誕生日おめでとうございます。
健康で、お幸せに、末永く長生きをなさって下さいね♪

捨石作戦についてですが、
同じように本土が沖縄を捨石にしたというのは、
少し調べると違う事が分かりますよ。

神風特高も、雷電も、大和も、優秀な人々。
日本軍は一般市民を守るためにあり、
自分たちをこの国の行く末の捨石にしても死守したいと申しました。

色々な読み方があると思いますけど、
なくなった方たちがちょっとかわいそうなので、書きます。

日本軍は少ない兵力で、よく死守したのが沖縄の戦いです。
しかも長い時間、
一般市民も守らねばならない中で、頑張りました。
玉砕した島じまの作戦も、圧倒的な兵力の違いはありましたが、
効果が出たものは報告されて使われてたようです。

沖縄を守ることは、重大で、日本を守る事でした。
また、沖縄自身も、生き抜くことを頑張りました。

捨石になると言う事は、己を捨てて、尽くす。
自己犠牲です。キリスト教では最も崇高なことは、
人の為の自己犠牲と言いますし、
仏教でも、己を焼いて、釈迦に食べさせようとした
うさぎの話がりますね。

沖縄の市民を盾にした作戦はありましたか?
意味が無いと思います。
彼等は、沖縄市民を守る、国土、国体を守るために
戦い、亡くなりました。

敗戦色のなか、特攻は、
この国の将来のために、国があるために、われ捨石とならんと死にました。
沖縄では
日本軍は正規兵力86,400人。
沖縄現地で動員した補充兵、防衛隊、義勇隊、学徒隊など合わせて110,000~120,000人の兵力でした。
米軍は、548,000人。

彼等は3か月もの間、終戦後の日本御為に戦いました。
沖縄市民を盾にしたなどと言う作戦の事実はないと思います。
また、沖縄からそのことで、政府に訴えがあったこともないようです。
どこかの国の偽の賠償問題のようで、びっくりしました。

話が真逆になってしまって。


  • 2015-06-24 01:52
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7095] 7084さん

読んでくださってありがとうございます。

沖縄戦は、これだけの事なのに
一日たっても、体がおもいぐらい痛んじゃったの。
凄惨なことです。
地獄ですね。
地獄で判断を迫られる人々。
しかしね、その後、
沖縄の人々は ひねくれたり、自己本位だったり、信頼の気持ちをわすれたでしょうか?
彼等の文化が、本物で素晴らしかったから、そうはならない。
民話や、口伝のなかに神を感じて、感謝して、
他人にやさしく、そういう土壌は歴史、、幾代もの、育ち、育てなのよ。

土地が奪われても、青年団の絆を再び作り、
ユンタクのなかから希望を生み出し、
青年は大人になって、子供を育てる。
子供たちは、不安なく、地域の人々の優しさを信じてる。
それは、むごい、凄惨な出来事を起こした利己的な大きな暴力を、上回ってる。
戦争には負けたけれども、彼らは輝いてる。

子供たちを、まっすぐに育てることが、一番の宝。
悲しみも、喜びも混ぜ合わして、踊る。。

困難なことがあったときに、勇気を貰えるとおもうわ。
膨大な仕事量で、押しつぶされそうなとき、何が理想なのか?
何のために今の仕事を与えられたのか?
貴方がどうして選ばれ多のか?と思ってください。

もっとも崇高な場所にいるはずです。
だからこそ、醜いことも多い。疲れることも。

どんな時でも、貴方の言葉を待ってる人がいる。
沖縄戦の様な、逃げ場のない悲惨な中でも、光を見出した人は多くいたはず。
恐れないで、、
死は必ず来ます。
如何に死んだかは、いかに生きたかに相当します。

恐れるのは死そのものでなくて、
その時の自分が死を恐れてるかどうかです。
今をしっかり生きてるものは自信があります。
朽ちることも、すでに理解できます。

生きててよかったと思う人生。
それはちゃんと育ててもらったこと。
哀しい問いの寄り添って、嬉しい時に喜んで、、
それが、誰だったか忘れてしまっても
温かい交流はなくならないで、
その人を通してあったことのない人の胸に響きます。

頑張ってほしいのです。
すごく期待してます。

恐れないで、、
自分が毎日ちゃんとやってれば、自信は後についてくる。

今日もいってらっしゃい、、笑顔を忘れずに。
  • 2015-06-24 02:21
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7096] ひろりんさん

こんばんは
バーゲン、残念ですが、何か見つけますね(#^^#)


「同じ事を繰り返さない世の中で居続ける努力をして行かないといけませんね。」
全く、この世の中の半分は女で、
大多数は、暴力も、戦争も、きな臭いことも嫌いで、
そのことを、忘れないでほしいと思うわ。
そして、大多数を占めるおばはんは、男より強い、、
お母さんたちは、男の人の顔立てて、黙って、子育てして、
社会に役立つ子どもに、幸せをと努力してきた。
忘れてほしくない。
  • 2015-06-24 02:36
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7097] ジュリアルーシュさん

朝貢外交であっても国を維持し続けていた琉球。
なんか今の日本ににてるわね。
東京にもエイサーはやってくるの。

靖国でも奉納してた、
学徒が祀られてるのね。勿論ひめゆりも。
  • 2015-06-24 02:39
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7098] るんさん

長崎の方でしたね。
永井博士のお話もかきましたが。
その中で、
子供が赤ちゃんを、、
赤ちゃんが死んでるのにずっとおぶってって、
大勢の死者が集まってるとこにやってきて、
諦めて、おろすの
その写真が目に焼き付いてて。
その後その子はどうしたのでしょう。
生き延びれたんだろうか?

平和である事は感謝ですね。
慢心して、妙な英雄気取りは困りますね。

  • 2015-06-24 02:47
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7099] める 川*´v`*川さん

アイリッシュダンス。
反骨精神の表れ。
イギリスは懲りないからアイルランドも、インドも、
北風と太陽の教えは、イソップの時代から知ってたのにね。
1世紀前は言えなかったのかしら?

良く知ってるのは漁夫の利ばかり。
内乱を起こさせ、2者を戦わせて、弱体化した時に襲い掛かる。

いずれにしても争いは嫌ですよ。

喜びも悲しみもかき混ぜて、、
  • 2015-06-24 02:58
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/673-4999b261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR