FC2ブログ

Entries

焔  嫉妬の昇華 上村松園

焔 嫉妬の昇華 上村松園

昨夜は蛍狩りから 恋の火。
源氏物語の六条の御息所の嫉妬と恋慕について触れました。

        蛍 松園  蛍 上村松園

女は嫉妬する。どうしても願いがかなわない時に、どうしても相手に蹴倒されてしまうときに、、
余りにもあさましい人々を見てきました。
コントロールが出来ないのではなくて、したくない。ぐずっていたい。
私は不幸、、と言って、御情けをもらいたい人々。
そしてそれだけでなく、幸せそうな人に攻撃を仕掛ける。罠を張る。
幸せそうな人が憎い、、そんなあさましいことを口に出して、相手が悪いのでないのに、ケチをつける。
ケチ付けて、そのもやもやが無くなるならいいけど、
醜くも、おどろおどろしくも、相手の小さなミスを見つけて騒ぎ立てる。

         地獄絵 餓鬼 地獄絵 餓鬼  地獄絵 餓鬼2 地獄絵 餓鬼

そう言う女と同じように盛り上がるのは、満足を知らないという地獄であり、
餓鬼道に落ちた者は誰にでもいちゃもんをつけて、さもしく嫉妬する。
大仰なお題目や、仲間を連れて、馬鹿馬鹿しく騒ぎ立てる、
はたから見てるとあまりにもさもしく、あまりにもおろかで、近寄りたくない。
賢い人は、さっさと逃げる。避けてしまう。

自分の努力や、どうしたらここを受けてるだろうか?と言う能動的に、幸福を得ようとしない。
誰かがちやほやしてくれるのを待ってる。したたかな、邪鬼。
ただ自分は何も努力もしない、魅力が無い人間であるのに、
どうして?自分だけこういう境遇なのだろうとおもい、八つ当たりできる材料を探して歩く。
野良犬が、道に落ちてる餌をあさるように下しか見ない。
そう言う人を観察すると、自分より、下と思うような人ばかりを集めてえばってる、
別に下なんてないけど、雇用者が、使用人にも言わない、すごい口を利く。それは自分がそうされているから。
中にはしょうがないから、持ち上げておくような大人もいる時もある。
が、本来の友情はそこにはない。
社会の枠で我慢してる。矢面にたたせっれたら、攻撃が始まる。あさましい外道の世界。
イエスマンしかいないような会社はどんなに大きくても脆く崩れる。
すでに、人目を気にしない人々。
人ばかり見て、自分自身を見ない人。

          松園制作 焔 制作中 上村松園

では、善良な人が、その外道に落ちてしまうことが、ないといえるだろうか?
心優しく育った、誠実な人であっても、困難にあっても唇をかみしめて暮らしてきた人であっても、
アクシデントで、ド~ンと心を病む。心が。破裂し引き裂かれて、粉々になる。
嫉妬が身もだえするほど湧き上がって、抑えようにも抑えられない。そう言う恐ろしい状態。

私も,先年には、免状のために費やした費用と月日が無くなり、今後のめどが立たなくなった折に
怒りで血管が破裂するような、パンパンに体が腫れて、歩いても歩いても、怒りは収まらずに
夜中も歩き続けて、いつもの自分に戻りたかった。
事件とするか?とまで考えても怒りでまとまらない。
けれども ぐるぐる、巡るのは悔しさだけ、、
当時を友人は
「中国の話では、憤死すると言う事が言われてたけど、本当に人間は怒りで死ぬんだろうと思った。」と申しました。
そうだ、処置せねば、、と、
安定剤、睡眠導入剤。が、売ってなかったので、、
これはと、精神科の部分だろうと、電話して行ってみたら、
予約でないとみてもらえない問う事の説明を結構、それまでも疲れてるのに、、延々。
予約のために呼び出されて、怒るところなのに、かっくん。
患者さんにするように、気を付けて、丁寧に話していただいて、、なんだ、、私は精神病ではないのだ。
と確認し、急に冷えたことがあります。
笑い話みたいですが、本当に真剣。

それまで、心が、なだめられずにいたのに、帰りは、ゆったりと歩けました。
心をなだめられずに、起きたら歩く、あるいて、
エネルギーを掃き出し落とす、、と言う方法しかなかったのに、、
気が抜けて、ゆっくり歩き、余裕で晩御飯の材料を買い、組み立てて作りました。
あ~~、これで、終わるな、とおもいました。説明できないのですが。

日々の料理も組み立てられないほどの口惜しさ。包丁なんか持ったら、ゆびきったんだろうなぁとおもいます。ww
嫉妬とは違うけど。
あの時は呪い殺せると思うほどのパワーまで感じました。

では、生活もできないほどの嫉妬から解放される手立てはあるのでしょうか?
見事にそれを果たした方がいらっしゃいます。

        舞仕度 松園  舞仕度 上村松園

幼くして母子家庭で、貧しくとも母親の愛情で、好きな絵を描き続けられた天才画家。
彼女の絵は、慈しみと、しっかりとした愛情に包まれてる女性の気品を描きます。
町娘、武家のご新造、身分ある貴族の、、、。色々な人物が描かれますが、卑しい顔は無い・
上村松園です。

天才少女は、才能のないいい年をした同業の男たちに嫌がらせを受けます。
展覧会に出した絵に落書きされるほど。嫉妬です。
「恥を知れ」と思いますが、、たぶんそれらの人々の絵は残っては無いでしょう。
時間は、必然的に残して良いものしか残さず、あとは塵芥とします。
松園の生涯は本にもなり、映画にもなって有名です。
ご存知の方も大勢おられると思います。
未婚の母にもなります。相手は,彼女の最初の先生で、妻子持ち。
彼女は明治の気風の中、偏見の中で、育てます。
血脈は、画家3代としてのこります。
そして、すべてを飲み込むように彼女の絵は凛として美しい美人画です。
淀まずに生き抜いて、、、。

          母子 上村松園  母子 上村松園  松園娘深雪 部分  娘深雪 部分 上村松園


そして、松園は、自分が選んだ恋におちます。年下の男性です。
本では、37歳で、10歳の子持ちの彼女の恋愛らしいです。7つ年下の京大生と言う設定らしいです。
かなり年の差で、しかも優秀な方との恋愛だったのでしょう。
ところが破れます。

彼女はスランプで3年間、作品発表が出来なかったそうです。
そのころに書かれたのが、六条御息所の嫉妬心を描いた「焔」です。
彼女の、やせ細って、精魂を抜き取られたほどになってるこの写真を見てから、焼き付いて離れないです。
彼女の作品の柔らかさと打って変った内面から絞り出すような表情。
焔の六条の御息所は。顔は般若の面の様。
着物には、蜘蛛の巣が張られて、恋慕と嫉妬が憑りつくように広がり続けるようですね。
彼女の精神状態を重ねますね。
当時を彼女自身が言葉にしてます。

「焔」は私の数多くある絵のうち、たった一枚の凄惨な絵であります。
中年女の嫉妬の炎―― 一念がもえ上がって炎のようにやけつく形相を描いたものであります


          焔 東博 焔 上村松園 東京国立博物館蔵 焔 部分 焔 部分

あの焔を描くと、不思議と私の境地もなごやみまして、その次に描いたのが「天女」でした。
これは焔の女と正反対のやさしい天女の天上に舞いのぼる姿ですが――行きづまったときとか、仕事の上でどうにもならなかった時には、思い切ってああいう風な、大胆な仕事をするのも、局面打開の一策ともなるのではないでしょうか。あれは今想い出しても、画中の人物に恐ろしさを感じるのであります。 


目の前の仕事をこなし、過去の痛みを遠くにする。どんどん遠くになる、。そのうちに新しい局面を迎える。
一つの方策ですね。

恋人だった人を狂わせるほどひどい仕打ちをして、
恋の後始末ができないで、他の女の元に走ったような当時若い男、
どんなに優秀であってもその生きた存在を知ることが出来ませんでした。
塵芥となり流れる川に沈んだのでしょう・
一方、彼女は、そこから、新天地を見出しました。

       序の舞 松園 序の舞 上村松園

痛みを知ったものが、ただ美しい美人画を描くのでない。凛とした人が乗り越えてゆく表情。
気構えをのこします。
有名な序の舞まではそこから20年。

この絵は、私の理想の女性の最高のものと言っていい、自分でも気に入っている「女性の姿」であります。
何ものにも犯されない、女性のうちにひそむ強い意思を、この絵に表現したかったのです。幾分古典的で優美で端然とした心持ちを、私は出し得たと思っています。
 

誰もが囚われる嫉妬心、小さなものや邪気のないものから、人生を変えられるほどの心の痛手まで。
彼女は、片親育ちで、妾の様な立場を強いられ、
つかみかけた絵画の道にも、いじめがあり、
やっとつかんだ、愛はくづれました。
積み上げて、そして信じてるものが消えてなくなる。
そう言う、凄惨な状態で、自己を見つめ、他力本願でない生き様を作品の中に残しました。
凛として美しい女性を描く目の優しさ。
誰もが出来ることではありませんが、
彼女は、決して腐りませんでした。負けませんでした。
そして、見事に負のオーラを、昇華させました。証明して見せてくださいました。

本当は女の嫉妬より男の嫉妬の方が根が深いと言います。めめしく。あさましいとも。
負のオーラを、昇華させる力。それは能力であって、貯えないとなりませんね。

コンプレックスを認められないで、どんどん傷口を広げるような独りよがりな人は人が去ります。
まぁ 可笑しなことに 嫉妬深い人は自分は違うとおもってて、手が付けられないのでしょうけど。
2日も、なんと嫉妬のお話になりました。怖い夢見ないでくださいね。
愚直に美人画を描き続けた松園。だからこそ開けた境地なのではないでしょうか?
たまには、美人画もどうぞ。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)mk

コメント

[C7029] こんばんは(^-^)

上村松園、僕は「焔」のイメージが強くて・・・(@_@;)

でも、「娘深雪」島根にあるみたい( ̄▽ ̄;)シラナカッタヨ

足立美術館
https://www.adachi-museum.or.jp/archives/collection/uemura_shoen

後期の展示リストには「娘深雪」が・・・

灯台下暗しでした(^_^;)

[C7030]

上村松園の絵、
焔とそれ以外では
画風が違いすぎますね。
そのときの精神状態で、
こうも変わるのか……と
強く感じさせてくれます。
私のような一般人は、
嫉妬のような負のオーラを
昇華することなど、できないので、
一番いいのは、できるだけ
嫉妬を感じないことでしょうか。
なかなか難しいとは思いますが……。

[C7031] coconut punchさん

島根に行きたいと思うのは出雲と
そして足立美術館です。
庭園は日本一の輝いて。世界の庭園でも何番目にはいるとか。
足立全康さんの名前は、本当に小さい時に聞きました。
大観を沢山持ってしゃった。
そして、遠くまで行かないと見れない、、
島根足立美術館は憧れです。
深雪は、足立美術館の所蔵なのですね。
四季折々の庭が美しいでしょうねぇ~
  • 2015-06-21 04:58
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7032] yujiさん

おはようございます。
焔の前作におなじく、謡曲から題材を得た
花がたみというのがあります。能面の顔してますよ。
今回は、長くなるので書きませんでした。
お孫さんも文化勲章候補。
松園、松篁の親子二代の文化勲章は、快挙です。
松園を育て、また、ろくに養育費も払われない孫も育ててた
お母様仲子さん。彼女は26歳で寡婦。
彼女こそ、勲章を頂ける偉大なお母様だと思いました。

  • 2015-06-21 05:12
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7033]

hippoponさん おはようございます。

男のそれは、相手を殺しかねない・・・性質が悪い・・・・・こちらも相手をやる気概で受けねばいけない・・・。
  • 2015-06-21 06:02
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C7034]

hippoponさん
おはようございます。
下の記事で蛍見てきました☆( ᵕ̤ ‧̫̮ ᵕ̤ )良かった。

嫉妬 ( º言º )怖~~ね
その情熱を 他にねぇ~~使ったらいいのにね?
単純な私の考え(`・ω・´)ゞビシッ


  • 2015-06-21 10:08
  • るん
  • URL
  • 編集

[C7035]

嫉妬は、誰の心にも少しはありますね。
悟りを開いた人は別でしょうが・・・・。
あまり美しいものでは、ありませんけどね。
  • 2015-06-21 10:40
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C7036] こんにちは

テレビ美術館とか 本とかで紹介される代表的で
馴染みのある絵ですね
あれこれ 女を忘れた人には 鏡を見せるのが一番
最近 まじまじ 見たことがないわ (^^ゞ

[C7037] 男の嫉妬のほうが

強いです!
絶対強いです!
女装子は男の嫉妬も女の嫉妬もあるから
きっと最強なんですよね。

心が暗黒の底に落ちないように心がけたいです。
優しい気持ちですごせるのが1番の幸せ♪

[C7038]

気付けばもうホタルの季節なんですね。
一度は子供に見せてあげたいと
計画だけは立てるのですが、
梅雨時期なので、なかなかうまくいきません。

嫉妬ですか・・・
回りの環境のせいなのか
あまり感じる事はないのですが、
本当に成功する人は
負の力をバネにして
昇華させる力を持った人なのかもしれませんね。
  • 2015-06-21 15:20
  • ぴっぴこ
  • URL
  • 編集

[C7040] ひげさん

男の人は殺し合いになるの。
ひどいわね。
たいていは自分が足りないコンプレックスなのにね。
同じ人がやることならたいていはいたれる。
きちんと努力すればいいのにね。

弱いと思うと、いじめにかかる、野犬と同じですね。
  • 2015-06-22 00:30
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7041] るんさん

こんばんは
蛍みえました?
よかったぁ!

質なのかしら?そう言う人は同じ人を見つけて群がってる。
そしてしまいにはお互い同士刺し合うのだわね。
エネルギー他に回したいですね。
まったく。
  • 2015-06-22 00:33
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7042] ジュリアルーシュさん

そうよね、
ふつうは、嫉妬してる自分が嫌で
何とか昇華しようと思うものなににね。
危害を与えた時、それは犯罪になるのに、
着物汚したり、公衆の前で恥かかせたり、
それって、誰かの恨みを沢山かって、
うんとひどい目にあうんだとおもうわ。

きれいに暮らすって、難しい。
身の丈の自分が好きで、身の丈の自分が頑張ってて
ちゃんと積み重ねがある人はびくともしないみたいですよ。
私そう言う人大好き。
そして心強く思う。
そこで、にこにこして暮らしていらっしゃるだけで、
お手本みたいにうれしい。

毎日うかがって、うん、がんばれるな!とおもうの。
すごく元気な気持ちになる。
  • 2015-06-22 00:39
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7043] みかんさん

こんばんは
夜叉みたいな顔して、ひどいことする人
そう言う自分お顔が、世界で一番きれいと思ってるから
ひどいことするのでないでしょうか?
やっても無理な気がするけど、、

まず、自分が良く鏡みますね。(*^▽^*)
  • 2015-06-22 00:43
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7044] ももさん

ももちゃん
人気者だから、嫉妬も半端なくかうのかしら?
そうですね、女装子最強かも。
みんないい社会人だろうとおもうの。
そして、笑顔がいい!!

暗黒面は嫌ですよね。

  • 2015-06-22 00:47
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7045] ぴっぴこ さん

蛍、ぜひ見せて差し上げてください。
探すと公共施設の中などでもやってますよ。

成功者は穏やかで、鷹揚です。
礼儀正しくて、子供にもちゃんと配慮してる。
ずいぶん成功者、代々の方などに
お目にかかるチャンスがありました。

独りも狡い人も卑しいし人も会いません。
そう言う人たちは一時は羽振りが良く商売しましたが、
残ってません。そう言うものだと思います。

信用は、何代もかかって作るもので、
今も作らないとなりません。
子育ては、一番の事業だと思います。

  • 2015-06-22 00:53
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C7060]

嫉妬、コワイです。
嫉妬していることに本人が自覚していれば、問題ないと思うんです。
大抵の女性が、多くの場合、まず嫉妬を自覚していない。
女の嫉妬は、自分より男に好かれている(或はそう勘違い)と思い込んで起こることが多いのかな。
男の嫉妬は、仕事とか業績とか地位に関わる問題かな?
私も若い時は、自覚無しの嫉妬、あったと思います。
自分が出来が悪くてブスでデブでバカでどうしようもないのに、それでも私に嫉妬する人がいるって知った時、何か学んだ気がしました。

hippoponさんが精神科に電話したエピソード、よく分かります。
ストレスで心身やられて、医者やカウンセラーに会おうとするのは、よい兆候ですよ。
良くなりたい、このままではいけない、というポジティブな動機がありますから。
本当にメンタルヘルスに問題のある場合、専門家を訪ねませんから(本人が病気と思っていない、或はそんな考えが浮かばない、気力がなくてそこまで出来ない、等)。
  • 2015-06-22 21:20
  • ぷうまま
  • URL
  • 編集

[C7074] ぷうままさん

私、本当に困ったのよ。
友人だと思ってた人に裏切られたの。
奴は何度生まれ変わっても外道になって、人の痛みがわかるまで
地獄の娑婆に甦るんだわねぇ~。

もう、台無しで、他の事まで大しくじりで、絶対に許せない。
毎日怒りだけで、起きるの。
それしか考えられないで、悔しいだけ。
心臓はバクバクいうし、目の玉飛び出て,
髪が逆立ってと言う中国の故事の意味わかったもの。
これは、薬が必要なんだろう人智では不可能とおもったの、
それで、病院行って、あ、私は、病人では無い、大丈夫。
そうしたら、どんどん冷静になって、、びっくり。
笑い話みたいだけれども、深刻だったのよ。

次に、絶対嫌だから、安定剤買って、持ってる。
賞味期限切れだと思うけど。お守りみたいで、使わないけど。
辛かった、眠ってもすぐに起きるし、神経ピリピリ。
その人、神様がいたら、同じぐらい、
ひどくて、悔しいことにであうとおもうな。

嫉妬は嫌よね、最初はしなしなやってきて、
いきなり、なんか一つだけ自分が優位だとおもったら、
掌返したように、攻撃してくる。
余りにもくだらないレベルで。
え~~、そんなことできるんだと思うほど頻度いことが多い。

隣の芝生は綺麗に見えるどころでないから。
でもね、そうやってる顔や、姿勢や、嫌がらせの言葉に
周りがあきれて引いてるのが見えない。

おばあさんになってから
愛されないで、一人ぼっちになればいいのよ。
子供がいてもなつかないと思うな、
嫉妬で頭の回路がおかしくて、いつターゲットにされるかわからないような人、
親族でもいや。
意地の悪い人は、相手変わって主変わらずだもん。

ねたましぃ~~うらめしぃ~~
そのくせ同じような状態になっても、こんなもんとかいうのよ。
足るを知らない、

私、本当にいや。

プうママさん、おいしいお菓子のおはなしがありますので、
目だけでも召し上がって。。


  • 2015-06-23 03:43
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/671-72e32af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR