FC2ブログ

Entries

お留守番の夜は♪  ふかひれと崎陽軒

ふかひれ水煮

中学生の頃フカヒレを料理したいと思った時には、乾燥物をかいました。
結構おこずかいは貰ってたけど、高かった。
何よりも戻すのに時間がかかって、
途方もない事になってしまって、
一度はやったものの、あれは中華街で食べるものと決め込みました。

     フカヒレ 水煮 ふかひれ 水煮 ニチレイ  紹興酒などいろいろ使うスープはレトルトでするのも一計

近頃は水煮が真空パックや、冷凍になって売ってます。
日本は、ふかひれ。ナマコ。あわび等、江戸時代中国に輸出するほどで、
今でも、良質の技術力で、輸出してます。

ちょっと意外でしょう?
日本の輸出する中華食材。
気仙沼は言わずと知れたマグロ漁港。一緒に獲れた鮫のヒレも船倉にいれて、帰港します。
そして、気仙沼には有名なフカヒレの会社がいくつもあります。

その中の一つでお気に入りの所へ行って、
記事を書こうと思ってたのですが、今年中はちょっと無理です。
今日は許しを、、
何だか、冷たい中、歩いたりで、ねむくてたまりません。

中国ではフカヒレを高級宮廷料理として食するようになったのは明の時代です。
江南より天下を取った唯一の明。
食は、乾した海産物を良く使ったというます。

こんやは、お留守番で、いい加減な自分本位な夕食ができます。
こういう時には、熱いお風呂に入り、
あっという間のふかひれの姿煮、、スープでも、
冷凍庫の奥から、お宝、水煮を、、だして、、
いつもは高橋水産のレトルトでやるのですが、市販のふかひれスープのものをつかいます。
ふかひれは散翅(サンツーと言うスープや、点心などに使うほぐしでなく
排翅(パイツー)という姿煮用の尾びれです。
レトルトに水煮を煮て、あっというにできあがり。
ふかひれの偽物は、エイのヒレや、春雨や湯葉で作った人工フカヒレです。
身元しっかりの所でお買い求めください。

     フカヒレ姿煮 尾びれ  排翅(パイツー)姿煮 家庭ではこのぐらいでいかが?

お正月前にツルルンお肌。
中にお豆腐や、茶碗蒸しを仕込んでおくとアッツあっつで美味しいのですが、割愛です。


そして、点心は、崎陽軒の特製シュウマイ。

    崎陽軒 特製シュウマイ 崎陽軒 特製シュウマイ

神奈川、東京県内では、駅でもデパートでも真っ赤な箱と真っ赤な制服の目立つお店です。
小さい600円ぐらいのと違って後100円だして
700円で、大きくて、帆立が少し余計に入ってる特製シュウマイが買えます。

    崎陽軒 崎陽軒お弁当 崎陽軒シュウマイ  シュウマイの大きさ 
 

                     崎陽軒  月餅 ついでに月餅も、、♪

賑やかなお店の風景と、大きさの違うシュウマイを写真にとりました。
横浜駅西口に当時はハイカラな鉄筋の建物が本社。
ぽこんと口に入るので、指しいれにもべんり。
小腹には250円の小さなものもあって、鉄道の旅には便利で、お弁当の他に一つあると心強い。
浜っ子御用達の一つです。

    崎陽軒特製シュウマイ 崎陽軒特製シュウマイ 4 崎陽軒特製シュウマイ
  

お弁当は、横浜チャーハンがバランスよくて、
おかずも、いろいろあって、お値段は対価にみあって、秀逸なお弁当だと思います。
集まりのお弁当にお出しするのにも便利でしたよ。
少し前は500円ぐらい。今は600円かもしれません。
笑う事無かれ、、100円は100個では1万円の値上がりです。
お弁当係は大変です。
シュウマイには陶器でできた瓢型の瓢ちゃんがお醤油入れとしてついてきます。
これも楽しみの一つです。

     崎陽軒  ひょうちゃん≪瓢ちゃん≫

今日は手抜きで、おやすみなさいです。
今宵の夢は明の歴史では忘れてはならない、武将でもあり、思想家でもあった、
帝王学には欠かせない王陽明先生の夢でもみましょうか?
もう、hipoponは、売切れです、
明日、頑張りますのでご容赦ください。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

コメント

[C3655] おはようございます(^-^)

中学生の頃にフカヒレを買う・・・\(◎o◎)/!
ワタクシ、フカヒレの存在すら知らなかったかも・・・( ̄▽ ̄;)
大人になってからそれらしきものをちょっとだけ食べたけど、
姿煮なんて食べた事ないです。 ゥワァ─・゚・(゚`Д´゚)・゚・─ァァン!!!

シュウマイ大好き♪
100円アップで帆立増量(●´ω`●)いいですね。
そっちを食べてみたいな。

hipoponさん、売切れ(^^ゞ
お疲れ様です。

[C3656] coconut punch さん

おはようございます。
傍に南京街、、、中華街があったから。
人が集まるとこれだったから。
作ってみたい、食べてみたいはあって、

父はなんでも経験したことはやってみた方がいと
言う様な人だったから。
今は、大きな姿煮もレトルトで売ってるようなご時世ですね。
それは、今は買わない。それはお祝い用ですよ。♪

これはちっちゃなものです。
お肉、お魚のお値段です。たまには、食卓に、、と。

シュウマイは、残ったら、甘辛く煮て、
または、揚げ物にして、お弁当に入ってました。
身近な食材です。

時間をかけたくない時に一品。
白砂糖だけでないお砂糖があることや、蜂蜜や、からくりや、
見たことも無いお酒で、、そういうのを感じながら
中国人の子が、鍋を振るお父さんをカッコイイと
言う話をきいいたりしながら、

大人で、商売熱心。
今大陸から入ってくる人達とはちょっと違うきがします。
今は横浜の中華街も色々な資本が入って、
まったく様相が変わりました。
昔は共に生きる街でした。
道にまで出張って、おネイさんとかこえをかけられて、、
古い町の人はそう言うのを怪訝にしてましたよ。
叉焼もいろいろ。
今頃は幾店からも何本も買って、
御主人のお里に帰る人もありましたっけ、

爆竹がにぎやかな中華街がお正月の風物詩でした。

[C3657]

hippoponさん おばんです。

横浜・・・憧れがあります・・・なんとなく・・・・。笑)

それは、食い物でもないし・・・なんなんだろう・・・本人も良くわからない・・・。笑)
  • 2014-12-29 17:55
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C3658] ひげさん

開港前は16戸の、超寒村。
石川町には当時の名主の飲み屋さんがありましたけど、どうなってるかしら?
筑波と同じで何もない所に文明開化で煉瓦造りや石造り
または洋館が立ち並びました。
今も住んでる人の所得も高いし、お洒落な街ですよ。
そして教育熱心、
東大、早慶進学率は相当だと思います。
昔は外人が一杯住んでて、
インターナショナルスクールも
いくつか、
洋館も並んでましたが、今は、マンションだらけです。

絹で設けた原財閥のおひざ元ですよ。
造船で設けた北のお洒落な街函館。
うんとおしゃれで、規模が違います。
神戸ほど大きくないとお見ますが、
大桟橋あたり山下公園、元街、中華街は 歩ける範囲。
今は客船もあまりつきませんし、
貨物はコンテナ専用バースにつきます。
結構ひっそりしてますよ。
いまは、港と言うより、ベッドタウンとして、
ゆっくり子供を育てる場所なのかもしれません、

ミッション系の学校も多く、住まい方もお洒落です。

進駐軍マッカーサーもニューグランドに居たそうで、
外人なれしててやりやすかったのかもしれませんね、

接収地は今でも米軍ハウスが立ってると思います。

  • 2014-12-29 18:21
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C3659]

崎陽軒の焼売の醤油の瓶お洒落だなって思いますね!
特製シウマイも食べてみたい。
ふかひれってちゃんとしたの(笑)食べた事無いかも(^▽^;)

>正直、ショックでした。
ずっと色んな事を想定してきたんだけど、一番最悪な答えが・・・
ただ、知って良かったと思います。
何も知らずに教えて下さった彼の友人に感謝です。

[C3660] ひろりんさん

それは、知ってるからかもね~
メッセージされたのよ。

こう言う事情だったから、
巻き込みたくなかったと言う。
そして、大事に思ってたと言う。
素敵なプレゼントではないですか?

愛されてた証。
愛さるるに足るべき自分がいると言う事は
何があっても揺るがない。

思いやりのある人に出会って良かったですね。
伝わるようにしてくださったんでしょう。

しみじみしてないで、、後2日は掃除、洗濯、御馳走づくり、、
ダッシュ~~
まだ時間はある、、
  • 2014-12-29 21:52
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C3666]

中学のときにふかひれのスープを作りたいと思われたのは、凄いです。
高嶺の料理ですから。
  • 2014-12-30 09:15
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C3713] ジュリアルーシュさん

こんばんは

中華街にはいろいろなものがうってました。
豚足、かえる、香辛料、お茶、、
やってみたくなったのですね。子供の好奇心です。
始めて作ったお料理は卵焼?そしてハンバーグ。
これはTVでみて、

今は水煮が売ってるので、ありがたいですよ。
御赤飯とフカヒレはやってみたかったのです。
  • 2015-01-01 00:33
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/488-c4c049a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR