FC2ブログ

Entries

炬燵開き 炉開き 

炬燵開き

今日はなんだか冷えてきました。
時雨が一層冷えを感じます。
本日は二の酉ですね。
最近、寒くて、炬燵を出しましたよとか、
湯たんぽ買いましたよとか、季節の話題を伺います。

        1121.jpg 江戸時代の炬燵

昔は、炬燵開きと言って、炬燵を出すにも日にちが決まってました。
何時かと言うと、
武家は炉開きと同じで、旧暦の10月最初の亥の日。
今年は調べると2014年11月24日(旧暦10月3日)。
では、庶民は、その次の亥の日で、2014年12月6日(旧暦10月15日)。
昔の人はかなり辛抱強く寒さに向かっていたようです。

床下の炉を開いてその上に机のようなものをおき、布団をかぶせた堀り炬燵や、
中に行火をおいてその周りを囲って机のようにし、、布団をかぶせた置き炬燵などです。
しかし身分で、我慢の仕様が違うとは、身分の距離感、ヒシヒシですね。

炉開き

茶の湯では、炉開きと言って、茶室に切られた炉を開きます。
旧暦の10月最初の亥の日。
今では、大体で、10月1日からの所もあれば、11月中旬の稽古日と言う事もあります。
風炉といって、暖かい時期に置く風炉釜から 炉に代わるのです。
当然点前が変わりますし、物の位置などもかわります。
炭は少し大きくなり、暖房の意味でも理に適ってます。
抹茶は、新茶を積んで、茶壺に入れて封印をします。
そしてこの時にあけるのです。
抹茶の新茶の時期はこの時期になります。
まるで、お正月の様な晴れやかな時が炉開きです。
茶壺の扱いなどの稽古がなされるのもこの時期です。

江戸時代は僧侶、武士などが主流の茶の湯。
炬燵開き、炉開き、炭を、火を本格的に使うのはこの日から。

     半生菓子 紅葉 半生菓子 楓  虎屋 亥の子餅 虎屋 亥の子餅


お菓子は大抵は亥の子餅を使います。
あまり長くなりましたので、亥の子餅のお話は明日にいたしますね。
※昨日と前後しました。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)

コメント

[C3126] おはようございます(^-^)

昔は炬燵を出す日も決まっていたとは・・・。
我が家、10月に出しました(^^ゞ

掘り炬燵も懐かしいな~。
昔住んでた家のお祖母ちゃんの部屋にあったけど熱くて苦手でした(^^ゞ

それでは、今日も頑張って歩きます(^^)/

[C3127] coconut punchさん

おはようございます。

日本料理をだしようなところでは、
畳に座れない方も多くて、
掘りごたつ式にして、足を楽にするところがあります。

けれども、温風は無いので、なんとなく、
スカスカに感じたのは
掘りごたつの経験があったからかもしれません。

東京は青空、温かです。昨日は7キロ。
タイムは余りふるいませんでした。
もう一度女々しく地図を眺めます。
今日は歯医者さん、さてどういう
タイムスケジュールにしようかと思ってるところです。

あきらめずに、無理せずつづけましょう。
30日したら何かが動き100日したら何か変わってると信じて、
そして変わるように、努力。

  • 2014-11-22 09:29
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C3128] 半生菓子?

は食べたことないかもです。
生八橋皮みたいな感じですか?

ももはらくがんなら大好きです。
熱いお茶をすすりながら
ゆっくりお口の中で解けていくのがいいかな~♪

[C3129]

hippoponさん おばんです。

昨日は、50分50分の二回・・・・右足首に違和感有り・・・でも痛みはなし・・・今日も少々違和感あり・・・。

炬燵ねぇ・・・おらにとっては、風邪の元・・・。笑)
  • 2014-11-22 17:08
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C3130]

今週は真冬の様な寒い日と
今日の様にぽかぽか春の陽気と
変な一週間ですね(^▽^;)

[C3131] ももさん

半生菓子はいろいろあります。
これは多分鶴屋吉信の干菓子なのだと思います。
デパートでいってますよ。

生菓子と干菓子の中間の,やや乾燥した保存のきくお菓子です。
名古屋の「二人静」は私も大好きな和三盆で、
御徳用のケース無しをかってきます。

和三盆はいろいろあるけれども、凄く甘くて
下品だと言う人もありますが私は大好きです。
紅白のおめでたいのも好きですし。
い薄葉紙に包んであるのも奥ゆかしくて好きです。

十二単の紙のケースは刺繍糸を入れてあります。
昔の赤福の美味しさ、あの甘さに通じます。

名古屋はお茶が盛んなところですからお菓子も深いと思います。



  • 2014-11-22 18:48
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C3132] ひげさん

こんばんは、

今日は、ウォーキング用の風よけのズボンとRLソックスを買いました。
今迄使ってる者の方が上等です。メーカーが解りません、
今日のお店では無理です。
愈々始動、、、

今日は、花梨の蜂蜜漬け用の蜂蜜2500Gももったので、
歩けませんでした。
2キロ半ぐらいかしら、、これから地図を観ます。
用事があるとなかなか時間が取れません。

10キロきっちりつくりますね、、すごい、、
  • 2014-11-22 18:58
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C3133] ひろりんさん

今日は温かでしたね。
歯医者さん、助手にやらせました。失格。
他の歯も削ると言うので。ちょっと疑問

3か月前に何でもないからと言われてるので、、
お金儲けの為みたいで、気持ちが悪いです。
ハンサムで名があるようなのはやはり、、困りますね。
この前、お金にした奴もP大系。
私の先生は、国立大を出て医科歯科でやってた人だった。
やはり彼の復帰を待ちたいと思います。

  • 2014-11-22 19:06
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C3134]

今は、好きな時に出せばいいから、気軽ですね。
子供のころは、炬燵はありましたが、今は使っていません。
  • 2014-11-22 19:44
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C3135]

炬燵開き?そんなのがあったとは驚き。
田舎にいた幼き時は掘りごたつがありました。
おくどさんもあったし。。。
そこの火を炬燵の中に入れていました。
火鉢もありましたね。
今はそんなのは使っていないです。
オール電化になっています。
田舎もエライ変わりました。笑
  • 2014-11-22 20:22
  • 風露草
  • URL
  • 編集

[C3136] ジュリアルーシュさん

私も炬燵は、使ってません。

オリビアハッセーが、布施明と結婚してた時に炬燵が良くて、
飛行機で持ち帰ったそうです。
  • 2014-11-22 20:40
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C3137] 風露草さん

お忙しそう、
お便りありがとうございます。

訃報があったり、肉親の別れがたい別れがあったり、
何時かは来ることだけど、
そのたびに、生きる事、滅することを襟を正して感じますね。
野生のいたいけない雀の命の重さなどを感じて、また、
目の前の生活を進めないとならないですものね。

私、父の葬儀の翌日には、
彼がそうしろと言うと思ったので、喪服から、色留袖きがえて、
見学者を待ちました。
着物の意味も解らないような人でしたが丁寧にやりました。
父の一番のお教えだと思って、
懐かしいけど、悲しいけど、
目の前の義務を果たす。
辛かったけど、あれから覚悟が変わった気がします。
父が胸の中に住んでるようでした。

色々な時代を乗り越えて、
オール電化で、、。
受け継ぐものは?
其々の秋の中で、頑張りましょう。
  • 2014-11-22 20:49
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C3138]

炬燵、子供の頃は炭火の掘りごたつでした。
もぐると危険だと送られたり、触って靴下に穴を開けたり。
今は、炬燵に入ると寝ちゃうので使ってません。
  • 2014-11-22 20:53
  • 気界
  • URL
  • 編集

[C3139] 気界さん

私、お茶するのに、炭火をあつかったことが無くてこわかった。
大人がやることで触らせてもらわなかったでしょう?

靴下に穴開けたことある、継ぎて貰って、
すごく優しかったので、また、穴開けた、、
母には怒られたけど、、

今は、暖かいとねむくなっちゃう。同じです。
御蜜柑が必ずおいてありましたっけ。
  • 2014-11-22 21:32
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/446-44885650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR