FC2ブログ

Entries

有朋自遠方来、不亦楽乎    とも遠方より来たる有り、また楽しからずや  

有朋自遠方来、不亦楽乎 とも遠方より来たる有り、また楽しからずや 

志を共にする友がはるばると遠方より来るのは愉しいことではないか?
どんなに遠くの存在であっても、同じような志の友と逢い意気投合しすることを喜びとする。

先だっての茶の湯は、出雲、京都をご旅行なさった、茶友がお土産を携えて、いらっしゃる日でした。
彼は、この5年、隣の県から熱心に通ってくださいました。
新米な私を先生と呼び誠実に習い、身につけて、また研究して、
「共に高みに昇らん。」の言葉通りに茶の湯を愉しんでくださってます。
お土産のお菓子は調べてくださって、、その土地のいわれのあるものです。
いただて、お話を伺うのがすごく楽しみです。
「お土産はひもちがするものにするからね、、」と夜の交差点で手がちぎれるほど
ごきげんようを言い交して。2週間目でした。

私は、出雲焼きは持っていないので、茶杓を銘「武夫」にし、
松江の不昧公の話でもと。
又お茶は、家元御用達 柳桜園を濃茶、薄茶を封を切らない状態でお待ちしてました。

   銀沙灘    銀沙灘 菓子箱

お土産は、銀閣寺限定の俵屋吉富のお干菓子でした。
紳士君の一人旅 旅先で土産に干菓子を選び、バッグにいれ、身軽に散策、慣れたものです。
茶に造詣が深いばしょを巡る旅。
大人の男の一人旅です。
お菓子は、「銀沙灘」(ぎんしゃだん)薄茶とよくあいました。
銀閣寺にある白砂の庭を模してます。

     1015-1.jpg 銀閣寺 銀沙灘

富士のようにも見える月待山、向月台(こうげつだい)
その前の庭全体を覆う様に湖の波のように見える白砂は銀沙灘(ぎんしゃだん)
月が登ると向こう側から山も湖もうかびあがりますね。
格別の月明り。
月影に照らされて、昼間とは別の姿を見せることでしょう。
月明かりで散歩をすると木立の影が怪しく模様をつくります。
海水の入り江は漣できらきらときらめき、昼間の光過ぎる波とは違い幻想的です。
正にそれを映したものと思われるのです。
これは義政の頃でなく江戸時代になってから作られたようです。
夜、、東山の月見を楽しんだ方があるのですね。

  銀沙灘 菓子 浜納豆入り干菓子 銀沙灘 向月台  干菓子 向月台

お菓子は、水の流れを映した。浜納豆入りのものと。
おしもので、すこしじゃりっという感触に作ってる向月台を模したもの。
目の前に、東山の月明りの風景が浮かびそうです。

歴史散策が上手な彼のお土産。
お菓子を頂き、彼にお茶を点てて頂き、歴史の話を聞いて、、秋の夜はしんしんと更けました。

    長板 青磁皆具 青磁皆具 風炉 長板 濃茶 

丁度、青磁の皆具もでて、東山の気持ち。
出雲には千家と北島家があったこと。
南北朝のころに分かれて。
なお並び立って、出雲大社の右左にそれぞれの社屋があること。
それはまた明治政府の神仏分離、廃仏毀釈のおりに、
仏教のは別にうつすことがあった。などなど。
尽きないお話を伺いました。

行かなかったら、歴史の中で素通りだったけど。
今は「出雲風土記」を読んでみたいとおっしゃる。
ご友人は、あれ(風土記)は幾つかしか残っていない、確か四つか、五つなどと、、
延喜式はやはり読んだ方が茶の湯には便利であろうし、などと話は尽きない。
風土記は5つで
「出雲国風土記」がほぼ完本、
「播磨国風土記」「肥前国風土記」「常陸国風土記」「豊後国風土記」等は欠落してるところが有ります。

折角なので中の神話の事などを風土記の写しを添えて、
次の稽古の、読み物にし、話題にしようかと思ったりしてます。
お茶は集う人によって深まりもし、広がりもします。

お菓子は銀閣寺の限定品
それで、有馬頼底氏の話に。
彼は、相国寺派七代管長(相国寺一三二世)相国寺、
金閣寺(鹿苑寺)、銀閣寺(慈照寺)の3か寺の住職を務めており、
元大名家の出自。能筆で有名な方です。
相国寺には利休の有名な軸「孤舟載月」 (こしゅうさいげつ)がることなど話すと

野村美術館で、「女が少ないが妙」の工芸軸が掛ってたことなど、
野村美術館の文物の格式が高い事など、つきないつきない
はては、石見銀山お話から、益田 藤兼に話が及ぶと、、
もう私にはついてゆけなくなりました。

  1008-2.jpg  虎渓三笑

「三笑」の話をするのをすっかり忘れて、まさに、虎渓三笑のようでした。
茶の湯は楽しいです。ゆっくりとお茶を進めながら、
いろいろな世界を取り出すことができます。
夜の帳は、なおも静かで、緊張の張ったときもあれば、
清談がゆるやかに流れる時もあってなかなかよろしいです。

有朋自遠方来、不亦楽乎 まさに、、そのようでした。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

コメント

[C2518]

hippoponさん おはようございます。

知らぬ言葉が出てくる度、ググッております・・・いやいや物も知らぬのにも限度がある・・・・。笑)

おらも先生と呼ばせていただきます・・・あれっ、先刻お伝えしましたか・・・・。

妙なる言葉の意も始めて解かりました・・・妙齢なるお年頃のhippoponさん・・・どんなに美しい方なのでしょうか・・・・。笑)
  • 2014-10-16 06:03
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C2519]

流石です!
全く無知な私(^▽^;)

>息子にとってこれも勉強かなって思います(^_−)−☆
  • 2014-10-16 12:28
  • ひろりん
  • URL
  • 編集

[C2520]

こんにちは(*゚▽゚)ノ
三時間も運転して友達が遊びに来た私にはタイムリーな話題です♪

年に一回、二回会うくらいの友達ですがそれだけ時間、お金を掛けて来てくれるのは本当にうれしいです(*^^*)
時間の許す限り案内して遊びました♪

お茶の世界は本当に色々な人と接して話を聞くことが出来そうですね!
楽しそうだな(^^)

私はどうしても仕事柄社長さん達と接してばかりなので
なんだか話題が偏るというか面白みに欠けます(^^;
あと、年齢が年齢なので病気の話や、誰かがなくなった話とか(^^;

う~ん。。。
もう少し勉強になる話が聞きたいな!笑
どうしても立場的にはこういった世間話になってしまうのは仕方ないのですが。。。


なのでhippoさんから吸収します(^O^)/
  • 2014-10-16 12:50
  • keisuke
  • URL
  • 編集

[C2521] こんにちは(^-^)

あらら、偶然にも出雲大社つながりで(^^ゞ

初詣の時は北島家の方から、でも昨日は千家家の方から参拝しました。
特に意味はありませんが駐車場の関係で・・・。

お願い事はたくさんしてきました(^_-)-☆
叶うといいな(*'ω'*)

[C2522] ひげさん

こんばんは

今年は、年齢の事を言われるたびに劣化する病気みたいです。
からかわんといてぇ~~笑(^.^)/~~~

殿方が、年齢の事を女性に言うのは悪趣味ですよぅ👿
もしくは、オッホン、(-.-)
芳紀、、、おっほっほ 🌹

昨日に冷えたせいか、今日は良くお昼寝いたしました。
縁側で、臨終前の猫のようにうとうとうと。☀🐈
昨シーズンまでストッキング一枚で出かけておりましたが、
ヒートテックも覚えて、、ごっほごほお、、、こら~~ぁ
(>_<)

冬牡丹の大輪は風に吹かれても、
花弁が落ちないでゆれてる、、
そこが、とみに芳しく美しいのでしゅよ~~。
子供にはわからない、、(-.-)~~

え~~ん(ヒカル姫風)(∩´∀`)∩
  • 2014-10-16 17:49
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2523] ひろりんさん

こんばんは。
刺戟的な頭の体操。

フランス料理やさんで、
隣席に座った国立系の大学の名誉教授君に
「美人だ、、美人だ、、頭の美人と言うのだ、、」って。
なによそれ!って、
敬称抜きに、ちょめ~~と
「○○君!!なによそれ!」と言い返したら。
「愉しいんだろうな、、君は美人、彼の方が、、もっと、、」って。
まけたぁ、、。( ;∀;) 
羨ましい頭脳の人っているのよね。
そして、愉しい。
宿題満載の日々、、この負けるものか、、が一番楽しいです。
  • 2014-10-16 18:03
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2524] kesukeさん

こんばんは

どの世界もそうですが、
そのサロンを間違うと、、
常にげびた話、自慢にならない自慢話など、
くだらないことに貴重な人生のじかんをさかれます。

朋はなかなか出合え無い事を知り、
切望してやってきてくださる。
利害も関係なく、、生涯の宝ですよ。
大切に、、
松虫のお話のように、
いなくなった時の寂寞は何とも辛いと思います。
大切に、、大切に、、です。
彼に相応しい自分は、、とおもうと、
遠くに居ても切磋琢磨なのですよぅ~。
必ず人は死ぬ、そして、友情も死がわかちます。
残されたものの胸の中の思いでは消すことはできません。
合って、、語りつくすその話は
どちらかが生きてる限り続きます。

巡り合えてよかったですね。
( *´艸`)🌹(´艸`*)
  • 2014-10-16 18:17
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2525] coconut punch さん

coconut punch さん
そうなの、そうなの、、
出雲大社繋がりだったのでしゅよ~~。

頭の中では、玉造温泉にとまって、
足立美術館にもいって、
松江、宍道湖とどんどん広がってますよ。
お写真色々拝見させて頂いてますよ~。(*‘∀‘)
  • 2014-10-16 18:23
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2527]

有名な和菓子屋さんですからね、わたしも何度か行きました。
  • 2014-10-16 21:31
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C2529] ジュリアルーシュさん

東京では日本橋高島屋なの。
いつもきれいで、季節感があるものを用意してあって、、
有り難いです。
銀閣にいらしたら、おみやげにどうぞ。

京菓子は、東京では買うのが難しいものがあったり。
京都はいいですね。
  • 2014-10-16 21:50
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2530] hippoponさんへ

以前は大工仲間が沢山いましたが、より深く潜ろうとする自分と仲間にはいつの間にか凄く距離ができてしまい寂しくおもっています。いつか志の方向性が同じ仲間と出会えるといいな。
  • 2014-10-16 22:37
  • 大石誠
  • URL
  • 編集

[C2531] 大石誠さん

こんばんは

必ずいます!

見事な技術力で建ててもらいたい人もあれば、
その技術を手に入れたい人もいる。

出会いが必ずあります。
実際に東欧の国で、
建物の中に茶室がほしいと言う人もありました。

龍が吟ずれば、雲をおこします。
未だ、時が満ちないだけです。

貴重な方だからこそ、孤独なのです。
ちゃらっとしたその他大勢のなかには、朋は無い筈です。
作品を良しとする人があれば、全国から、世界から
需要はあります。
ダメ大工が多ければおおいいほど、腕の確かで、まっすぐな人の需要ができる。
そして、仲間になりたい腕自慢がいるはずです。

梁山泊になりますよ。独立して別々にいても、
大きな仕事で組ができますよ。
先ずは、仕事ですよ。
そして、後進の技量を上げることですよ。
理解し合える友がいて、
そして向こうも孤独に頑張ってるはずです。

私もそう思って待ってるのです。
  • 2014-10-16 22:53
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/403-f34e2f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR