fc2ブログ

Entries

イラン料理 (ペルシャ料理)CASPIAN  カスピアン 生麦 NO1

イラン料理 (ペルシャ料理) CASPIAN カスピアン 生麦 NO1
半月ぐらい前のこと

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

PVアクセスランキング にほんブログ村 


          

          Googoosh "Behesht" 
          1979年 革命で活動は休止したけれど国内にとどまった歌手グーグーシュ  2000年までの21年間。全く休眠。
          そして国外コンサート、北米に移住したとか。

          いまイランの女の子たちはヒジャブ長袖長ズボン、おばあちゃんたちの時代は ミニスカートにパーマヘアー。
          彼女は今73歳

急に秋めいて サイズがやけに大きな 新しいニットワンピースで出かけて、、コートがあってもいいほど寒かった。
ダサくて嫌な気分だったが、

JRで鶴見まで そこからバス、
1か月前には鶴見の総持寺に参詣してるので 駅前の感じはよく覚えてた、
東京に比べて、やけに暗い道をバスが走る。10分ぐらいが長く感じた。



          カスピアン 建物 カスピアン2 昔のナイトクラブのような、おしゃれさ
        
         外観がちょっと 異空間、
         地方にはこういう建物が残ていても、中にいる人が全く違うから。

ナイトクラブという感じの おしゃれな建物。
中は ペルシャ美人のマダムが差配してました。


           カスピアン 中 ちらっとだけね

お客様は イラン人のエリートと ちょっと恥ずかしいぐらいしかの世界史の知識の日本人おっさんが英語で文化論をやっていたり
英語の能力と 世界史の知識は別物のようで ペルシャ人の鷹揚で優しさが際立ってた。
和気藹藹で お互いを大切に思ってるのが流れ出してた。

日本に留学してきて アメリカに移住するイラン人との壮行会だったり
イラン人のスマートで静かなご家族だったり。




           シーレトルシー カスピアン   マーステムシール 大蒜 ヨーグルト

           初めての経験 思ったようではなかった すばらしく上品。作る人の舌なんだろう。
           胸が高鳴る導入だった。
           美味しかった。知らないことがまだまだあると感動だった。
 
外国にいるような感じで スタッフはイラン人。
ペルシャ語もしらないし 英語は使えないし、でも リラックスしてたのしめて。
料理の腕前はいい!!


           ミルザカセミ

            ミルザカセミ 焼きナス焼きトマトをガーリックで痛めたもの
            普通はピタパンなど合わせるようですが、お腹がいっぱいになってしまうので とりません。

日本人は食べない、、という羊も、もっと臭みを残してもいいというほど上品でした。
ザクロ煮の アヒルをやらないのかって聞いたら。別のグループにもいわれたと、
やるんでしょうけど、チャンスが来ないとなかなかそう。



         カスピアン マフィーチェ お楽しみのマフィーチェ マヒーチェ

          羊がほろん 煮込みです。
          ペルシャの王侯の気分 その昔、宮廷は 上品で おいしかったんでしょうねぇ~
          おいしい、ホントおいしい

真っ暗で辺鄙な感じの国道沿いなのに、大使館関係者も食事にいらっしゃるようで
おいしい、、
おいしかった。
丁寧で、きちんと作ってある。決まってるというのか、、

     


         キャバーブバルク
        
          キャバーべ バルク ケバブの事 ハラルのお肉です。
          日本人は無理と言われたけど、もっと羊の香りがしてもいいぐらいだった。
          シェフやります、 ザクロアヒルに思いが募った。
          

この夜は、
イスラエルでは 容赦なく病院を攻撃し ガザ市最大規模のシファ病院との連絡が途絶えたことが
世界保健機関(WHO)から発表されてた。
イラン・サウジアラビア首脳会談など。犬猿のなかが 急に仲良くなったと思ったら、イスラエル問題で話し合うことになったのかと。

ちょっと緊張のレストランかしらとおもったら、穏やかそのもの。
インテリジェンスの空間でもあった。
もっと厳格で厳しい、そして堅苦しい料理かとおもったら、
ペルシャ帝国のよすが、華やかで 穏やかで 知的で 素敵な空間だった。
地味でよかった、、そんな気持ち、アットホーム。

         ゴルゴ サブジェ  そして まだいただく、、

          ゴルゴサブジェ 色々な野菜の煮込み ほうれん草とか、、いろいろ

豊かな心と 頭脳が 美味しい食事と共に在るよる、、
こういう平和が続くことを切に願って またちょべたい秋風のなか真っ暗な道をもどってきた。
こころは、温かで、料理のレベルに大満足で、
ザクロアヒル やらないかなっておもったりもした。

明日の続きます。まだあとちょっといただきました。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m



コメント

[C55765] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C55766]

ご丁重にありがとうございました。
昨日からは普通通りの生活を送っています。
  • 2023-11-30 13:38
  • hotter
  • URL
  • 編集

[C55767] hotterさん

こんにちは

死ぬということは 生きることと同じ、、というけれど
父のしの後 私は彼が私の中で生きてるのを強く感じました。
丁寧に家族をやること。それがいかに大事か、、
私の場合は 母と弟によってかなりはかいされましたけど
いまや祖先がついてるとかんじるんです。

安心して暮らしたらいいんだと。
家族の系譜、滅しても残せるこの世への大きなぷりもの。

奥様、、お大事に、、ずっとずっと いられたんですもの。
しっかりなさってればこそ、バランスが心配。
ご主様のふかさはっきですよぅ。

昨日は、おめにかかったこともないのに、いろいろ
その後深く眠りました。
私も、理解されにくい生きたかだけど、そうなったけどしっかり生き抜こうとまた力を出して起床。

こころから ご冥福をお祈り申し上げます。
見えない存在が、温かく えいきょうしてくださいました。
ありがとうございます。です。
  • 2023-11-30 14:18
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C55768]

hippopon さん

こんばんは、
グーグーシュさん、すごい歌唱力ですね、
聴き入りました。
素敵な雰囲気のお店だな。
イラン料理は、味が濃さそうですね、
帝都はいろんな料理が食え、素晴らしいです♪
  • 2023-11-30 18:28
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C55769] しろさん

彼女の歌、20年も封印していたんですものね、
世界ツアーは随分多くの方がいらしたみたいですよ。

行ってよかったお店でした、
横浜には昔、こういう大人のおれすとらんがいっぱいあった
早く大人になりたかった。
夢かなわず、、今頃、ササっとお出かけしてる。

不思議だわ・
帝都、東京、また ペルシャも帝国だった。
各国からのものがあつまり文化も政治も、、
そして 食卓も、、だったはず、、お料理が楽しみでなりません。
またいつ行けるか、、

  • 2023-11-30 21:36
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C55770] 55765さん

順不同で 申し訳ないです。
今頃気が付いて、、
今日はまだもたもたしてるの。

100円スロアに行ったら種は亡くなっていて ベビーリーフと 葉大根だけで
それを乾いた土を崩して持ってた 新しい土を混ぜて 消毒もして
まいちゃったの。
どうなるかなぁ~・

二鉢位のことで結構エネルギーつかって、、なんだか自信喪失気味の夕暮れ。

暮れまたず 排水管も掃除、昨日中の虫よけして 今日は外の虫よけも。しっかり。
当たり前のことがよっコラショになってたことに気が付いたり、
  • 2023-11-30 21:46
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C55771]

いやいや、なんだか別世界を見ている感じです。
食べ物も、勿論食べたこともなく、なんだかさっぱりわからない。@@
こんな世界があるのですね。
これ地球上の話ですよね。\(◎o◎)/!
  • 2023-11-30 22:44
  • ぽっちゃり婆
  • URL
  • 編集

[C55772] ぽっちゃりさん

私も同じく、しかも辺鄙なの。
夜が深い感じで ぱっと明るくてグッと冷えてて
そこは暖か。
オアシスみたいなかんじなんでしょうか?
ペルシャ語、全員ペルシャ語で 中に日本語が、、という。

共通語は英語。
似合う人知ってるんですがwwアラビアンナイトやってるような人。
上品で美味しかったです。
また行きたいんです。

革命とか テロとか 戦争とか程遠くて 平和で和やかないいかんじでしたよ。
中東料理というと、大丈夫??とかんじるのかもしれないけれど。
お酒ものまない穏やかな人々でした。

きっかけ作っては戦争仕掛けて 女子供まで 殺して平気な人たちとは別世界。
アメリカが、ユダヤ人社会でイスラエルというけれど
間違ったら 世界の良識派を敵にしそうですよ。
と威嚇で会う人出会う人 日本に来てるのでえりーとなのかもしれないけれど
紳士的なひとばかり。
レうトランは 交流,見聞のばでもありそうですよ。


  • 2023-11-30 23:50
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C55774]

イラン料理は馴染みがなく、見たのも
初めてですが、なかなか食欲を
そそる色をしていますね。
とくにミルザカセミは。
トマトとニンニクの組み合わせなんて
まるでイタリアンです。
マヒーチェは見た目のインパクトが
すんごいです。
  • 2023-12-01 01:43
  • yuji
  • URL
  • 編集

[C55775] yujiさん

ここお奨め、
神田のパレスチナ料理もレベル高いけれど、ここは奥がありそう。
地球の半分を持っていたというペルシャに相応しい料理でしょ。
色もきれい。そしてレベルも高い。

  • 2023-12-01 02:20
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C55793]

美味しいものを食べると幸福感に浸れますね。
  • 2023-12-02 22:18
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C55798] ジュリアルーシュさん

急に寒くなって 手先が冷たくて そういう時
初めてのところで
温かな気分、幸福な気分でした。

紛争はあるし。がさがさしてたらどうすようかとおもったら、
大人の空間でした。
  • 2023-12-02 22:29
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/3920-09b3cde8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR