FC2ブログ

Entries

007を超えた男の啖呵売(たんかばい)

啖呵買 (たんかばい)

ジェームスボンドより、車寅次郎の方が優れてたと言う事をご存知ですか?
作品数においては、30作を超えた時点で世界最長の映画シリーズとして
ギネスブック国際版に乗ったそうです。

924-3.png 924-4.png 924-5.jpg ショーン。ジョージ ロジャー        924-1.jpg  渥美清

ショーンコネリー、ジョージレーゼンビー ロジャームーアなど合わせても、
渥美清の泣いてたまるか魂が圧倒したのです。
御存知フーテンの寅、男がつらいよシリーズです。
全作品がヒットして松竹のドル箱シリーズとなりましたが、
主役の渥美清さんが亡くなられて48作で今は終了してます。
ファンの要請で、特別版に「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」もできました。
盆暮れは寅で、、という方も居られたようです。

私は、まったく寅さんシリーズを見たことがありませんでした。
一度何か映画を見ましょうと言う話が出た時に、
「見たことないだろう?日本人はこれを見るんだ」、と言う方があって、
洋画は見ても邦画は見た事が無い。
連れられるままに、、拝見しました。

これは、水戸黄門等と同じで、シリーズの脈絡はきまてって、
ファンは、分かってる上で、察して、先回りして楽しんだりする映画なのだと思いました。
ドラマが進むと、何処で落ちがあるとか、決め台詞がでるとか、
役の人格も皆が知ってる。
入り混じって付き合いのあるご近所のように良く解ってて、
やっぱりね~~ということになるのでしょう。
叶わぬ恋をして、勘違いし、やっとこっちを向いてもらえると、、遠慮しちゃう寅さん。
大きな変化はないままに話が進むのですが、非常に愉しい。

私は最初、部外者な気持ちでした。
特別複雑な話でも無くアクションもない、
いい男もそうは出ず、皆な、くすくす笑ってる。
女子供が顔を背ける様な下卑た猥談もなく、
男女が観てはずかしい様なぬればもなない。
それでも、恋する寅はなんともかわいい。
知らない間に、思う壺にはまって、あ、
こういう事ねと先読みしてる自分に気が付いたりしました。

大きなセットも無く、多分柴又はいつも同じ。
物も爆発したり壊れたりも無く、美しい日本の情景があって、
普通の、生活の中にちょっとおかしな事件があって、いつもと同じに終わって、安心安心。
普通なら、救急車もパトロールカーも消防車が、何台やってきそうな大事件を、
アクションや、カーチェイスでしのいてゆくこともない、
美女と、お酒と、売りだしてもない高級車と陰謀がなくても、愉快。

924-2.png フーテンの寅と発します。

その中で、圧倒的に印象深かったのが、彼の仕事、、的屋の啖呵買でした。
小気味よく、また、間合よく、気合がはいってるけれども、覚えられそうで、、
プロといっても、芸になってない落語なんぞよりうんといい。
歌舞伎の触りを聴いてるような心地よさ。

啖呵買とは、普通の品物を、巧みな話術で客を楽しませ、いい気分に買わせる手法です。
縁日や路上販売などで、 地口などを混じえた流れるような独自の口上です。
バナナの叩き売りや七味唐辛子売りなどがこれです。
今はへたくそで元気なく、七味売りなどは、
気のない理科教師の実験説明みたいなのもあって、ウンザリするのですが。
渥美さんは、実際に的屋をやってたこともあって、
古本売るにも、縁起物売るにも、花があって、流れが素晴らしいのでした。

昨日地口のお話をして、
寅さんの啖呵売をコメントしてくださったかたがあり、
何とか書きたいと時間ばかりかかりましたが、何とか書けてきました。

寅さんの啖呵買の文きりを見つけましたので皆さんも、口に出してみてください。
なかなか気持ちがよくなりますよ。
お手本は、YouTubeをどうぞ、、

角は一流デパート赤木屋、黒木屋、白木屋さんで
紅白粉(べにおしろい)つけた お姉ちゃんから
下さい頂戴で頂きますと
五千が六千、七千が八千、一万円はする品物だが
今日はそれだけ下さいとは言わない!

並んだ数字がまず一つ。
物の始まりが一ならば
国の始まりが大和の国、
島の始まりが淡路島、
泥棒の始まりが石川の五右衛門なら、
助平の始まりがこのオジサンっての。

続いた数字が二だ。
二冊こうやって負けちゃおう。
兄さん寄ってらっしゃいは吉原のカブ
仁吉(にきち)が通る東海道、
日光結構東照宮、
憎まれ小僧が出来ないように、
教育資料の一端としてお負け しましょうもう一冊。どう?


何もない所から有を生じる言葉の芸。
お客さんは、
大したものではないけれど、
悪いものでも無いし、そうは高くないから。
ア~~この見事な芸にお金を払おうと、、かってゆく、
消費者が大人で、化かされてみる余裕。
そして共犯の楽しさ。
正に日本人のメンタリティー。

私の大伯父は、名だたる名僧でした。
お墓は、小さく消えてしまうものがよく、
それでも自分をしってる者が悲しまないぐらいは残ってるぐらいが巧い所だと
幼い私に話してくれるような人でした。、
私の生まれるうんと前には、保護司だかをやっていて、
お墓とがらんとした寺があるばかり。、
大黒の大伯母と、飯炊きした出来ない耳が聞こえないおばあさんと作男と、、、。

刑務所帰り君もまずは、大伯父のところにやってくる。
大抵は夜だそうで、(恐ろしい。)
大伯父は大伯母には隣の部屋で控えてるように、、(聞いてるように、、)
で、面談が始まる。
刑務所帰り君は、
自分は本当に悔い改めてる。
社会復帰してあまねく社会に尽くしたい、、
それには、、金が、、、とむしんする。
とんでもない嘘っぱちの話を、うんうんと、きいてやると、
どんどん気持ちがよくなって大言壮語する。
隣の部屋で大伯母は、イライラしながら、
夫が騙されてると怒って聞き漏らすまいと熱心に聞いている。

暫くすると、大伯父がやってきて、
お金を出してくれと言う。
嫌です。あなたは騙されてると言うと、
そんなことは、最初からわかってる。
刑務所の中でいったい奴は何を考えてると思うのか?
此処を出れたら、今度こそは間違いなく、
完璧な詐欺をしたいと日々切磋琢磨してるにちがいない。

お前は、何年もかかって考えた奴の話を聞いたろう。
お前をイライラさせるに相応しいほどの見事な話しだったろう。
お代だ。
騙されるにはお前では無い、自分だ。お金を出してくれ。
此処でただ、叱責し、お金やらないで帰したら、、よそでマタ詐欺を働くだろう。
誰かが、騙される。
それならば、此処で、楽しんだ分お金を払ってやれ。
彼には、他所で、悪さをしないようにと、説教し、
また話を聞かせる様にとお金を上げて返したそうである。

坊主には坊主の役と言うものがある。と言う話でした。

私はこの話を最初に聞いたときから好きで、
その大伯父が寺でも出来る様な
七味唐辛子を啖呵売の口上聞きたさで、
凄い高値で買ってきては
啖呵売の口上を書きとめ。
密かにやってみたがっていたことをしってる。
それは、高いかと言うとそうでなく、
大伯父の何かを充たした口上が添えられたゆえに価値を持つ。

日本人のメンタリティーにあった啖呵売。
ジェームスには出来ないこともあるようです。
なかなか、フーテンの寅はういやつでした。
一刀両断威破壊して、目的本位に仕事して、
いい女を抱き美酒に酔う、、それは、ジェームスの国の人に任せて、
ほんわか、、好きなマドンナの将来を思って身を引いちゃう、、トラは、かわいい、、

今夜はこの辺で、

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


コメント

[C2155]

hippoponさん おばんです。

今宵も一番乗り・・・今宵って・・・。笑)

ジャイアント馬場さんと渥美清さんは、おらの叔父さんだ・・・・。笑)
  • 2014-09-25 00:17
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C2156] ひげさん

なにそれ?(笑)
タイプであるやも、(^◇^)

霧の釧路湿原は、幽玄ですね。
丹頂の声も聞こえて、秋が深くなってゆきますね。

北海道の秋は寒くて、そしてあたたかいおもてなし、
チャンチャン焼きも盛んみたいですね、

私も幾らの醤油漬け、御正月用に冷凍しておこうかと、
啖呵売、覚えてみようかしら、、

遠縁にショーンがいるともっといいのにねぇ~~


  • 2014-09-25 00:33
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2160]

hippoponさん、こんにちは

寅さん、子供のころは笑いとして、大きくなってからは日本的なある種の心象風景の象徴として見ていました。
こういう口上、好きなんですよ。若い頃は酔っぱらってなくても、物まねしてたんです。周りはいつも、また始まったか、だったのですが。露店のたたき売りをやりたくて仕方なかったんですよ(笑)
チャンスはなかったんですが・・・

寅さんの中にある矛盾というか曖昧さというのかがなんとなくおもしろいと思えるようになったのは大人になってからです。
予定調和なのは大阪の喜劇もそうなんです。ある場面で、ある人がでてきて、お決まりのセリフを言う、そしてこちらは待ってましたとばかりに笑う。最後も予定通りでも満足。

>此処で、楽しんだ分お金を払ってやれ。
こういうの大好きなんですよ。おいしかった、おもしろかった、ためになった、それにお金を払うのは惜しくないです。
笑いを見ていてそう思えなくなってから、急速に遠ざかりました。
  • 2014-09-25 05:34
  • MK
  • URL
  • 編集

[C2162] 少し思うこと~

映画のフーテンの寅とは、
直接関係はないのですが、
子供の頃から、的屋をしている方の
印象はよくありませんでした。

水戸黄門(その他)にあるワンパターン、
分からないでもないのですが、
お上頼みの考え方もあまり好きになれなくて、
なんか庶民では何も出来ないと、
上から目線を感じて・・・・

私の考え方が、ひねくれてるのかな。。
  • 2014-09-25 06:33
  • fあらた
  • URL
  • 編集

[C2165] お久しぶりです^^;

寅さん、いいですよね。渥美清は、随分本読みが好きなインテリと聞きました。
山田洋次監督でない寅さん映画に、ハワイ旅行があたり、が、何かの理由で行けずに、虎屋に入った泥棒と一緒に家に隠れて、ご近所の手前をやり過ごす・・というのがありましたが、間が詰まって息せき切って、ユーモアも感じられず、寅さん映画の良さは微塵もなかった・・そこで、実感したのですが、山田洋次監督の大陸、満州生まれ?の大陸みたいな広い心根・知性や深い人生哲学を見事に作品中に消化している・・のだと。私見・・^^;

[C2167]

こちらの「寅さん」は、ちとうるさいですよ。
そぅなのです、寅さんの大ファンなのです。
もち寅さんシリーズのDVDは全て持っています。
世の中、こんな男が一人ぐらいいてもいいのでは・・
時代遅れでしょうかね・・?

我がHP「神戸からの風」に「男はつらいよ」を掲載していますので
暇な時にでもご覧ください、「プロフィール」から入れますよ。
  • 2014-09-25 13:38
  • hotter
  • URL
  • 編集

[C2168] ヒッポンチャン

女性だったんですね♪
びっくり!
男性だと思ってました。
でも、あらためて読み直すと女性に思えました。
人の先入観って面白いですね。

[C2169] MKさん

もうすぐ、こんばんはのころです・

予定調和というのですね。
長年言葉を探してたような感じだったのですっきりしました。
難波花月に、
そののちTV局の社長夫人にもなったひとにつれていってもらって、
意味不明で、学芸会の方がまだまし、、
何で、みんなこんなところで笑うんだろうかと。
出てる人、なんかばっちくて、
とろとろしてる、ふざけてるんか。とおもうほどね。
上方落語か?上方歌舞伎がまだよかったのに、とおもいつつ、

彼女、最初は貴女と同じ反応だったわと、笑ってるの。
コテコテなところが大阪のエネルギーみたいなお話で、、
若気の至りで、理解できないし、切り込めない。
そのあと、にしんそばごちそうになって、
あまり理解できない。
それがとっても印象的で、
関西と言うとその事ばかり思い浮かべるのでした。
そうしたら、解説してくれて、
アノしつっこさが、
たまらなく面白くなったとおっしゃってましたっけ。、
南平台という 
なかなかしゃれなばしょにもすんでらしたのに、
今でも芦屋住まいでないかしら?

大阪は、インドとと同じで、
好き嫌いが2方に分かれるのが東人だと思うのね。
久々にそんな事を考えてました。

蛸焼きと言うお菓子を頂いて、しょうもないの、、粉値段!と思うほどしょうもないんだけれどもちゃんと商品になって、」笑えるけど、、う~~んとおもうのね。
でも、これは受けてヒットしてるんだろうと、、
それは分かるの、、
鰻はまむしになっちゃって、あげくにまぶしちゃう、、
関東人なら二段重よねたぶん。
一重だから粋なんで。
口が汚いのはいかんのが江戸っ子かもねぇ~~。
話、尽きなくなっちゃいそう。
  • 2014-09-25 16:00
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2170] Fあらたさん

こんばんは

色々な考え方、感じ方があるのですね。
水戸黄門。あれは政府はいつも正しいと言うどちらかと言うと
そういうプロパガンダではないかと。(笑)

的屋嫌いの江戸っ子。
あれって、江戸下町の文化では無いの?
神農を祭る、、途中まで調べて、、、

そのままでした。

同じ事読んでも、感覚が違う事って多々ありますね。
それが面白い所だと思います。
  • 2014-09-25 16:16
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2173] imagica さん

お久しぶりです。
季節が変わってしまいましたね。
あれから歌舞伎はいらっしゃいました?

山田さんは、ロシア進攻もあったのでしたっけ、
現場は、花をスタッフで摘んで
花畑を作る様な手作り感あふれるといいますね。

殺伐とした核家族でなく地域とか、仲間とかあるでしょう。
そして描く視点がやさしいのかも。
あまり見てなくて、
ださいかんじがしてたのね、
いまは、見たこともない風景なのに、
例えば、草🍡屋とか通ったみたいに、
懐かしい様な感じがしてます。
彼の原風景は開拓団だったの、、かと。
なるほどですね。

ありがとうございました!!
  • 2014-09-25 16:34
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2174] hotter さん

いってきました!!

啖呵買もちゃんと票になってますね。
ちょっと感動、、
面白くて、面白くて。
少しづつ攻略します。

寅まみれ、、
最初は、おだんごやさん、とらやというなまえだったのですね。柴又にも行きました。
それはあの社殿の木彫の凄さと、お蕎麦で、、
結局入谷の蕎麦が一番と分かって
行かなくなりましたが、蕎麦湯がが絶品でした。
都下50はいきましたよ、

今ごろ気づいたのでした。
ブログやっててよかった。なおちゃんも感謝。
びっくり「神戸からの風」でした。

震災の切実な時にこそ、あの笑い、ひょうひょうとしたこだわらなさが心にしみる。凄くいい文章で、
ほろりとしました。

ありがとうございました。
まったりな🐅も。⚾📢🚩 頑張ってほしいですね。

  • 2014-09-25 16:57
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2175] ヒカルンちゃん!!(~_~メ)

ひかるこ、ひかるん、、、がぁ~~ぁ~~ぉ~~

どうして????
私、正真正銘の、、おんなぁ~~~!
おヒップも、おむねも、全部本物、、。
考え方もボーボワールの御ぁに育ったと言うやつで、
なんだからぁ~~

Mちゃんとか、出来が良すぎて、腰ぬけそうで、
挙句に、お買い物だってエネルギーいるなって思って。
綺麗を研究してるし、
控え
自分は、本物だから、あまりにも、のさばってたかと。
もっと磨こうと、その気持ちを持とうと、大反省したの。

チョット、おめかしすると、
馬鹿で、順法意識が無い男に道端とかで、声かけられて、
本当に嫌な気分になって

二人がかりで本屋をぐるぐるつけられて、
おトイレで本読んで出てきても居たりして、、
あの時はお巡りさん呼びたかった、、

余り化粧とかしたくなくなったの。
デブは、便利で誰も来ない、、便利なのよ。
所が洋服屋さんも寄ってこない、、のが
この前のダイエットのはじまりだったの。
7号とかきれたのね、戻したけど
昔の、ウンガロノ5号がきれてやめたのでしたが、
いまもね、、

ナンパというの、あれやられると、
私のどこに隙があるっていうのと、、
一週間は嘯いて吠えて、
半年はその場所には近づかない。
落ち込む、
でももう、妙齢だから、、大丈夫、、

本物なの、、そうなのよ、、ごりかいくださいませ。

女装子さんにそう思われた私って、(◎_◎;)
ねぇ。
それって、深く考えたら、、生きて行けないかも、、、
ヒカル子、、!はぁ~~。

心臓一撃。
どこが、、おとこ、、あ==
あっ
この頃、、吠えてる。それかしら???

やはり、横浜でグラナデンシロップ調達してこよう、、

女性の私が見て、mちゃんは、
きれい、ちかごろのJちゃんも。

なんか、、拘りないヒッポも、、、、。
さけんだほうがいいのかもねぇ~~

私は、女性です!
発情するのはひげさんのやさしさ、
MKの知性
KEISUKEさんのマッチョ、
ZANくんの野性などなどで、、
皆、身持ちが堅く、彼女ありで、、

恋人は募集したくないけど、、
やさしい、かわいい、
きれいで、、うん、ちょっとむりかも、、
でも、、女よ、、
妙齢だけど、みんなが思ってるほど年寄りではない。
そうよ、年寄りではない!!
年寄り扱いされた時は、見つけ出して吊るしたかった。

ちがう。
乙女からちょっとよ、、痩せてセーラー服でもAKBでもきるもん、

この前だって、、、まぁいや。!

ひかるんのおばかぁ~~~、とどけ、、、❥がぉ~~~う。
(◎_◎;)(+o+)( ;∀;)い~~~だ。(>_<)



  • 2014-09-25 17:34
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2176] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C2177] ごめんね♪

記事のテーマが男性ぽかったんで~す(笑)

[C2178] 2176sann

これからもよろしくおねがいいたします。( *´艸`)
  • 2014-09-25 22:04
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2180] ヒカルちゃん

こんばんは、
忙しい時に、ありがとうございます。

記事が、男、
それでね、、
他の人も男だと思ってたのでありました。
逞しい、、のかしら??
独りと思うので、戦闘的なのかしら?と反省。

可愛くない、、謙虚に反省。
それで、今宵はちらみ、、
御馳走で、、お腹が膨らんでたけど、、
美味しいシャンパンといっしょに、、晒します🌹
  • 2014-09-25 22:25
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2181] hippoponさんへ

昭和の職人は頑固で駄目だね!それをいっちゃ~おしめよ~って年をとったらこんなやり取りがあるかも。hippoponさんはまめで気使いの人お疲れになる時があるんじゃ・・・と余計な心配を。
  • 2014-09-25 23:10
  • 大石誠
  • URL
  • 編集

[C2182]

hippoponさん、こんばんは。

この記事、すごくよかった。
寅さん、楽しめました。
それにしても、大伯父さんって
すごい人ですね。

  • 2014-09-25 23:45
  • なお
  • URL
  • 編集

[C2183] 大石誠さん

大石さん、
格好いいとおもいますよ
こういうのにあうもの。
しっかり仕事してるから。

松の木、いい子にしてくれるといいですね。
建物の見方が変わってくるかもしれないと、
今後が、また楽しみです、
  • 2014-09-26 00:03
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2184] なおちゃん

こんばんは

すごく嬉しい。
四角四面は豆腐屋の娘、、、
あれから、どうしようかと、、
柴又の話とか、いろいろ交錯して、、

でも、映画の意味をかんがえてみたくなったの。
イエスノーの二つしか無い様な。頭の悪い回答しかできないような社会でなかったでしょう?

日本人特有の落としどころがあって、、
大人の社会の判断とかね。
凄く時間かかっても進まなかった。
なおちゃんの所にもいけないし。
一日ではムリな文章も書いて見たいけど、
嬉しい、すごく嬉しい!!

大伯父には本当の子供は無かったのよ。
世代の違う人に彼の事知ってもらえてうれしいかもしれない。
ありがとう。
  • 2014-09-26 00:14
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C2205]

面白い話しですね。
名僧と言われるだけありますね。
  • 2014-09-26 20:38
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C2213] ジュリアルーシュさん

学僧であって、たくさんお人の尊敬を得てた
大昔の人。
こういう逸話が沢山ある人で、
子供がいないから、
せめて私が話そうかと、、
そうおもったの。
お話よんでくださって、ありがとうございます。
  • 2014-09-27 17:38
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/384-c8f39941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR