fc2ブログ

Entries

終戦の詔勅 昭和天皇の御意志

終戦の詔勅 昭和天皇の御意志
にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m
PVアクセスランキング にほんブログ村 



             

            昭和20年8月15日 正午 終戦の詔勅玉音放送

敗戦するも 気高く生き抜く
日本が何故戦争に至ったのか?当時の総国民の思いが、浮かんできます。
特攻、日の丸、強烈な戦争映画のシーンを越して。
終戦の詔勅は、強く胸に響きます。
終戦に当たって、気高く、まだこれからを生き抜くと言う意志を強く感じます。
敗戦終戦 しかも原爆 2つも落とされた後です。

日本は、力を合わせて復興しました。
繰り返し流された玉音放送。
その折おりに、昭和20年と、現在と言う時を感じながら先の世代の人々は感慨があったと思います。

よければ、再び
全文口語訳を掲げますので、御一読ください。

終戦の詔勅 口語訳
私は深く世界の大勢と日本の現状について考え、非常の手段によってこの事態を収拾しようと思い、
忠義で善良なあなた方臣民に告げる。
 
私は帝国政府に米国、英国、中国、ソ連に対してポツダム宣言を受け入れることを通告せしめた。

そもそも日本国民の安全を確保し世界の国々と共に栄えその喜びを共にすることは、
私の祖先から行ってきたことであって私もそのように努めてきた。


先に、米国・英国二国に宣戦を布告したのも、我が帝国の自立と東亜の安定を願ってのものであって、
他国の主権を侵害したり、領土を侵犯したりするようなことは、もちろん私の意志ではない


しかしながら、戦闘状態はすでに四年を越え、
私の陸海将兵の勇敢な戦闘や、私の官僚・公務員たちの勤勉なはたらき、
私の一億国民の努力、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、
戦争における状況はよくならず、世界の情勢も我々には不利に働いている。

それだけではない。
敵は、新たに残虐な爆弾を使用して、何の罪もない多くの非戦闘員を殺傷し、その被害はまったく図り知れない。

それでもなお戦争を継続すれば、最終的には日本民族の滅亡を招き、
そして人類文明おも破壊することになってしまうだろう。
そのような事態になったとしたら、私はどうしてわが子とも言える多くの国民を保ち
、先祖の霊に謝罪することができようか。
これこそが政府にポツダム宣言に応じるようにさせた理由である。

私は日本とともに終始東亜の植民地解放に協力した友好国に対して、遺憾の意を表さざるを得ない。
帝国臣民にして戦場で没し、職場で殉職し、悲惨な最期を遂げた者、
またその遺族のことを考えると体中が引き裂かれる思いがする。

さら に戦場で負傷し、戦禍にあい、家や職場を失った者の厚生については、私が深く心配するところである。
思うに、これから日本の受けるであろう苦難は、大変なものになる。
国民たちの負けたくないという気持ちも私はよく知っている。

しかし、私はこれから耐え難いことを耐え、忍び難いことを忍んで将来のために平和を実現しようと思う。

私は、ここにこうして国体を守り、忠義で善良なあなた方臣民の真心を信頼し、
そして、いつもあなた方臣民とともにある。
もし、感情的になって争い事をしたり、同胞同士がいがみあって、
国家を混乱におちいらせて世界から信用を失うようなことを私は強く懸念している。 

国を挙げて一つの家族のように団結し、子孫ともども固く神国日本の不滅を信じ、
道は遠く責任は重大であることを自覚し、総力を将来の建設のために傾け
道義心と志操を固く持ち、日本の栄光を再び輝かせるよう、
世界の動きに遅れないように

努めなさい。あなた方臣民は私の気持ちを理解しそのようにしてほしい。

 天皇の署名と印璽
 昭和二十年八月十四日




           昭和天皇  昭和天皇

陛下は、最後の式典で、まだ達成できてないが、、と。
達成は、私達国民自身の 力と意志で。

戦争放棄、核廃絶。それは日本人の基本なのだ。
チャラい、政治家が バイデンさんのご意見で 国民不在で 20兆ウクライナに配っても
この二つは憲法で守られてる。が、、、しかし、、あぶなくて、、まかせられるんだろうか?
ここらで 私たちはかんがえさせられたらいいのかもしれない。

若い 国民こそ読んでほしい。
原文は続くにあげておきます。

この詔勅を空あんじることができる人を 私はしっています
今日は、終戦の日。そしてこれからを想う日。



廉恥
昔の武士は、恥を知ってた。
今の公務員はどうか??
議員もだ、破廉恥な行動が目につくが、、

国会だけでなく 社会にも 国賊ははびこり、 国家に寄生してる、それは福祉をつぶして迄 甘い汁を吸う。
政府は 流通をダメにして、物価を上げるようなまねまでして、
また、相談もなく、国民を苦しめるだけ苦しめて 戦争加担にお金をばらまく。増税すればいい??
そんな短楽なあんぽんたん施策しかできない政治家も官僚もいらない、

特に、長崎にいかなかった 岸田総理に、100代目の総理として  空暗じるぐらい読んでほしい。
シェイクスピアはできても無理かしら?
政府高官にも。
歴史を振り返えり 国会にある肖像画に恥じないか?
国民のための施策をつぶして外国人に尽くしてる政府、あたまおかしい。
自国の国難が増すなのは先のイタリア首相がG7から自国に戻ったこともあろう
アメリカは隷属国家にお金を出させて自国の余ってる兵器を買わせて ウクライナ人の命 ロシア人の命を殲滅しつつ肥え太る。
アングロサクソンはけしかけてはお金を貸して兵器を買わえて 自分たちは見てるだけ、、兵は派遣してもとおまきでこれらでころしたり、、狩猟民族はお達者だから。

だからきらわれる。
そしてアメリカ人自身が そういう体質を浄化しない、、
今回はウクライナ支援半分が 反対らしいけど、200兆支援するという。もと、とるのよね死人の上でお金を集めてる、
豊かなウクライナに 100年後住んでるのはだれか???ウクライナは今回の借金をどう払うんだろうか?
100年生きれませんので 申し送りしてほしいわ。穢いことばかりして、いい加減世界は したがえないとおもってる。

心がけが違うものを 内閣にも、政府にも入れてほしくはない!当たり前のことだ、

植民地政策でやって来てた欧米各国、
伊藤博文は 女に穢いじいさまだったけど、不平等条約を撤廃させた、有能だった
治外法権の廃止と関税自主権の回復 陸奥宗光と小村寿太郎は有能だった。

そして文盲もわずかな、倫理感が強く団結力の強い日本民族。
暴走すれば軍事国家を作りだしてしまった 優秀な民族の末裔なのだ。
だから欧米は怖くて経済を無茶苦茶にしたいのだ。

いま日本は買われてる、、私は、相場では 騙し討ちにあって。動けないでいる。
大嘘ついて煽って、煽って買わせて 株価をさげて利益に。女もやる。
そういう輩には天の鉄槌があるようにとここでおもった。
煽りは他にも居る魑魅魍魎の世界だ。びっくりだ。その経験は。

コンピューター操作もできないおひとよし老人に、急に虎の子で株をという政府のやりよう、
破産して路頭ってくれたら 老人の大量死で 老人問題解決とおもうんだろうか?

お金がなくて勉強できない日本人の子供、
学費 補助金はアルバイト3つ重ねてる外人にだ。子供たちの知能は低下する一方。
その前に、老人が 自爆テロでもするんだるか?
ムザムサ、体裁だけの国家を残して隷属国にされてしまって、、イギリスだって、ウクライナに アマゾンじゃねぇといったんだってさ、
国家を担ってる人は即応なんてしない。

なんでも はいはいの マイホームパパが いい仕事をするとは限らない。他国のためにはいい仕事だが、
日本国家には、最悪のシナリオ。

国家に扶持もらって、
命懸けでNOがいえないような奴。
腰抜けじゃないか


にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)   
終戦の詔勅 原文 

朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し、茲に忠良なる爾臣民に告ぐ。

朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し、其の共同宣言を受諾する旨、通告せしめたり。

抑々、帝国臣民の康寧を図り万邦共栄の楽を偕にするは、皇祖皇宗の遺範にして朕の拳々措かざる所、
曩に米英二国に宣戦せる所以も、亦実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出て他国の主権を排し、
領土を侵すが如きは固より朕が志にあらず。
然るに交戦已に四歳を閲し朕が陸海将兵の勇戦、朕が百僚有司の励精、
朕が一億衆庶の奉公各々最善を尽くせるに拘らず、戦局必ずしも好転せず。
世界の大勢、亦我に利あらず、加之敵は新に残虐なる爆弾を使用して頻りに無辜を殺傷し惨害の及ぶ所、
真に測るべからざるに至る。
而も尚、交戦を継続せむか、終に我が民族の滅亡を招来するのみならず、延て人類の文明をも破却すべし。
斯の如くむば、朕何を以てか億兆の赤子を保し皇祖皇宗の神霊に謝せむや。
是れ、 朕が帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり。

朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し、遺憾の意を表せざるを得ず。
帝国臣民にして戦陣に死し、職 域に殉し、非命に斃れたる者、及び其の遺族に想を致せば五内為に裂く。
且、戦傷を負ひ、災禍を蒙り家業を失ひたる者の厚生に至りては、朕の深く軫念する所なり。
惟ふに今後、帝国の受くべき苦難は固より尋常にあらず。
爾臣民の衷情も、朕善く之を知る。
然れども、朕は時運の趨く所、堪へ難きを堪へ、忍ひ難きを忍ひ、以て万世の為に太平を開かむと欲す。

朕は茲に国体を護持し得て、忠良なる爾臣民の赤誠に信倚し、常に爾臣民と共に在り。
若し夫れ、情の激する所、濫に事端を滋くし、或は同胞排擠互に時局を乱り為に大道を誤り、
信義を世界に失ふが如きは、朕最も之を戒む。

宜しく挙国一家子孫相伝へ、確く神州の不滅を信じ、任重くして道遠きを念ひ、総力を将来の建設に傾け、
道義を篤くし志操を鞏く し誓って国体の精華を発揚し、世界の進運に後れざらむことを期すべし。
爾臣民其れ克く朕が意を体せよ。

御名御璽
昭和二十年八月十四日

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/3802-6a06f6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR