FC2ブログ

Entries

雪舟、独り占め

雪舟秋冬図     雪舟秋冬図2
     

博物館には、等伯の松林図の次で、雪舟の秋冬山水図が出てました。

強い精神性。

冷たい冬の大気の中、障子も開け放って座してるような気持になります。

人は少なく、まったく雪舟独り占めの気分です。

夢中で見ると、鼻がガラスを忘れてぶつかってしまう。引き込まれます。

このような軸を掛けて静かなひと時、お茶に没頭できたらいいのにと。
没頭と言うのは自己本位で主客があってのお茶なのですが、
夜のしじま、寄せてくるような静けさをごちそうに、一人稽古も好きです。

釜の音が冴えて、やがて聞こえなくなる。
時間も、心配事も何もなくなって、只じ~ぃと点前だけに集中。
幾度も幾度もダメを出しては、呼吸を整えて、
あまりしすぎると頭がぼ~~とするし、足が動かなくなる。
出来ない、分からない、身につかない、流れてゆかないと、、、まだまだと

今は雑念ばかりで、立ち向かえません。

この軸の前に立つと、独りが強くなります。
それは寂しい、情けない、弱い自分の一人ではなくて、どこかにまだある力を振り絞れそうな、
ギリギリなんですがね、。

この軸って、いつもそういう時に出会うんだわって思うほど。切羽詰まる。

一本立ちしてる人はみんな孤独、、学者も法律家も芸術家も、
そう、娘っこだって、母親だって、主婦だって、寡婦だって、結局一人で進むものだ。
人は周りにいても決断は孤独。
そして、自分であるためには為すべきことがある。
それはただ自分だけの義務でありまた慶び。

人は一人で生きにぬく、家族や、友人がいることは嬉しいことだけれども、一人で生まれ、一人で死ぬのだと。
この軸はなんだかそう思うのです。


一年に一度、しゃき~~~んです。

受験の季節、卒業の区切り、気合入れに、ご覧になりますか!?

雪舟に負けないで、、しゃき~~~ん。

コメント

[C1700]

>一人で生まれ、一人で死ぬのだと
いい言葉ですね。
  • 2014-08-29 05:28
  • ケミ
  • URL
  • 編集

[C1701] ケミさん

これは、しびれるのです。

寒い時の公開で、手袋、マフラー白い息で、ジンジン冷える時がいいの。
あ~~、きがついた、、
ブーツ、買わないとならない、
ライオンの前足の様な現在を、触れたいような足に!
昨日は夕方戻って爆睡、起きたら丑三つ時でした。
冬ね、お戻りになったら是非ご覧になって。
京都の博物館の、雪舟もいいけど、こっちの方が、緊迫感があって、
起業家の判断より学者の研究の方が孤独で、これに逢う様なおのこは、、しびれる、、
相場師もいいんだなこういうの持ってると似合う、、
また、寝ます、、、

おなごで、ここで、口びるかみしめてるの、、
可哀想な、、私、(泣)
されど、、まけない、
まけるもんか、、

  • 2014-08-29 06:22
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1710]

hippoponさん、

 ご丁寧にありがとうございます。
少し哲学的というのか一種宗教性のあるというのもいいものですね。集中力というのが大切なんでしょうね。
またいいお話を聞かせて下さい。
  • 2014-08-29 11:50
  • ケミ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/36-bf5081b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR