FC2ブログ

Entries

川端の愛した青磁

川端の愛した青磁

北宋汝窯の青磁のご紹介は少し前にいたしました。
東京国立博物館の特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」
平成館 特別展示室 2014年6月24日(火) ~ 2014年9月15日(月)

そして同時開催の青磁だけの小さな展覧会。
「日本人が愛した官窯青磁」
これは常設展示ですから入館料のみです。正門左の東洋館5室です。(一般620円)~10月13日まで

828-4.jpg 日本人が愛した官窯青磁

金曜日の夜は特別展があるので20時まで開館です。
人が少ないので参りました。
圧巻でした。

数は少ないのですが、特色別にいいものが陳列されてました。もちろん馬蝗絆(ばこうはん)も。
お時間のある方は、お見逃しなく。と思います。

夜の静寂(しじま)の中、、少し冷たい風が木々の吐息のように流れる博物館。
向こうは寛永寺の広い墓地。暗闇がひっそりとして気持ちがいいです。

さる方と青磁をみにゆくと、韓国青磁の前で、あの国の国土が痩せていかにも貧しい事ばかりが見える土だ。
豊かさがない、崇高さが無いと嘆かれました。
ではと、馬蝗絆を見に行っても、これ以上のものが在る筈だという。雨過天晴の色。
中国の文化が最も花開き、民衆にも力があり、工芸品は逸品であった時代の青磁が見たいと。
幻の雨過天晴の焼き物。

北宋の汝窯(じょよう)の雨過天晴、それが日本にもあって、見れる。
それで参りました。
ひっそりと並んでる青磁20ばかりでありましたでしょうか、
その中に、輝くように盤がみえました。
あの色だと
引き込まれる様に前に進み、プレートを確かめると。
川端康成旧蔵。
あ~~と、色々な話がめぐり、今その盤がここにありました。

    828-3.jpg 北宋 汝窯 青磁盤 側面 川端康成 旧蔵

川端はノーベル文学賞を撮った文豪として活躍したばかりでなく、美術収集もしておりました。
国宝も所持しました。
浦上玉堂「凍雲篩雪図」(とううんしせつず)(国宝)
池大雅「十便図」(国宝)
与謝蕪村「十宜図」(国宝)
又、油彩画家の古賀春江や、前衛芸術家の草間彌生、木工作家の黒田辰秋。
日本画家の東山魁夷等と交流しました。

「十便十宜帖」は清の劇作家李漁(李笠翁)が、別荘伊園での生活をうたった詩をえがいたもので、
門を閉じでしまうと不便であろうと言う事に対して、十の便利と宜しい詩を、
大雅と蕪村がそれぞれに描き一つにしたもので、「十弁十宜図」ともいいます。
川端は家を買うのをあきらめて、この絵を手に入れました。

     828-1.jpg 青磁盤 南宋脩内司 盤

在るときは。彼は台湾の故宮博物院で、じっと青磁を日がな眺めていたそうです。
その彼の審美眼で選ばれた正に雨過天晴がありました。南宋の修内司も。
彼は、この盤を日がな眺めたことでしょう。
彼の仕事場のマンションは海に突き出る様に立てられてバーバーの傍、
逗子の海辺の雨過天晴は、富士山と江の島が見れたはずです。

    828-2.jpg 北宋汝釜 青磁盤川端康成旧蔵 上から

伊藤初代の死を知り。ノーベル賞受賞(1968年)
ノーベル賞候補であった三島の自害(1970年)の現場を見てより妄想が始まったらしいのですが、
1972年4月16日。夕方に自死。享年72歳
横浜は曇りのち雨.逗子鎌倉もそれから緑が深くなる雨だったのでしょうか?
澄わたる大空の下に広い海が広がってるような盤でしした。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします。

コメント

[C1693]

僕は人間国宝の備前焼は所有していますが、川端翁はなんと国宝を所有してたんですね。

初めて知りました。すごい。
  • 2014-08-29 00:31
  • jizosmile
  • URL
  • 編集

[C1699] jizosmileさん

ようこそ、おいでくださいました。
コメントありがとうございます。

彼は意識的に文化財の海外流出を食い止めたいとおもってらしい。
彼クラスの人の家、、邸宅を買うほどのお金。
向こうには。やはり備前の、いただきものです。
お給料の分、車の分、内の分。
美術品はなかなか奥が深いですね。
トーハクに、今はなかなか見られない2つの盤が久しぶりに並んでますよ。
お江戸さんお近いのでは??
是非にいらしてみてください。
また、本館では、茶室のコーナーだけでなく、陶器はでてます。
お調べくだされば20時までのゆったりタイムがお薦めです。
茶碗の小噺でしたものね♪(´艸`*)
名品をごろうじなさいませ、、
後は、話術で、広がりを、、よろしくお願いいたします
すたれない文化伝承。ともに、、はげみましょう。🍵👘
  • 2014-08-29 04:27
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1702] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1703] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1704] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1705] 1702さん

了解いたしました。

そちらでも新しいことが分かりましたら、
ご一報下さい。

  • 2014-08-29 10:50
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1707] 1704さん

おはようございます。
世を忍ぶ仮の姿は、デーモン閣下と同じで、、
そんなことどうでもいいのです。

お気になさらないでください。
  • 2014-08-29 10:59
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1708] 1703様 HAさま

ありがとうございます。
光栄に存じます。

  • 2014-08-29 11:05
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1709] HAさま

機械が分からず、苦労、
どの様なかたかと、、不安。

クリックして、、
心臓が高鳴る世界ですね、
貫入が大分いい感じ。
かいらぎはちょっと不満。
井戸はもっと、もっと、外に強く、
中に吸収する様なパッション。
それは数千作って、魔法の手になる。

私は、がんばらないといけないなって、、

ぶらぼ~~です。
いつか、

唯一碗所望。

共に切磋琢磨。
もっと先に、、ときめく思いが身体を巡ってます。

時が満ちたら、
相応しい持ち主になれるように、私も頑張ります。



  • 2014-08-29 11:50
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1711] 収集家~

落ち着きのあるたやずまいを見せる青磁は、
リアルで、ぜひ拝見したいものですね。

クリアな気持ちで、
ゆっくり見学したいですね。。
  • 2014-08-29 20:32
  • fあらた
  • URL
  • 編集

[C1712]

72歳とは、もう少し天寿を全うすれば良かったのにっと、一般人ながら思ってしまいます。
  • 2014-08-29 20:46
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C1714] いつもありがとう。

国宝ともなると何か宿ってるようなオーラあるんでしょうね。自分もいつかそんなものを作り出してみたい。
  • 2014-08-29 21:31
  • 大石誠
  • URL
  • 編集

[C1718] fあらたさん

博物館情報を見て、金曜日の夕方にもチャンスがあるときがありますよ。

蒸し器の鼎があって、中が見えなかった。背伸びして、、背伸びして。(笑)
世界に4つしかないと言う、米食青磁が美しいです。
なかなかチャンスに恵まれませんから、チャンスです。
  • 2014-08-30 06:26
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1719] ジュリアルーシュさん

意欲が失せたのでしょうか?
一般的には、鬱病で在れば、
普通は通院しつつ半年で回復するそうですが、、

殺人ではないと思いますが、
シーズンでないと人の気配のないところでした。

  • 2014-08-30 08:56
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1720] 大石誠さん

おはようございます。
非常に楽しみにして、伺わせて頂いてます。
良いものは、時代を超えて残りますし、
良いものにこだわる人が現れます。
技術力の高い仕事と、これでいいやと適当なことをしないしごとぶり。
ぼったくりにならない誠実な姿勢。が大事だと思います。

誤魔化し、まやかし、
大したものでないのに自分を大きく見せるだけで仕事をするような人が増え、
嘆かわしいですが、
だからこそ、
一生に一度の大事に、大石さんの所に、、と思う方があると思います。
全国にとぶ職人さんもある世界。
頑張ってください。
目の前のお金より、先の栄光。
胸に誇り。
誠実さを忘れた時に、崩壊があります。
いい仕事を残す、それが明確なかぎり、仕事が仕事を探してくれます。
職人の誇りは、いくら稼いだかでなく、どんな仕事をしたかです。
気骨、みんなの頑張る心に火をつけますよ。
有難い事です。
  • 2014-08-30 09:09
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/354-a4ad726e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR