FC2ブログ

Entries

グランマ・モーゼス

Anna Mary Robertson Moses アンナ・メアリー・ロバートソン。モーゼス。

グランマモーゼス.モーゼスおばあちゃまです。
1860年09月07日~1961年12月13日 

822-1.jpg 1953年 83歳ごろ

おきづきになられましたか?
そうです、101歳の天寿でした。
彼女は何をした人でしょう?
彼女は農業夫人で、
12歳の折に奉公に出て、27歳で結婚。

   822-5.jpg グランマモーゼス画

働き詰めでした。
10名の子供を為しますが5名は夭折。
70歳で夫を亡くします。
不遇にもリュウマチで手が動かなくなってしまいます。
普通は此処で、頑張り続けたけれども可哀想に終わってしまうと思われる人生。

彼女はリハビリにいそしみます。
リハビリで使ったのは絵筆です。
油絵を描き始めます。
この時75歳を超えてたそうです。
普通は此処で、頑張ってるねとなります。

所が彼女は、1940年に80歳で個展を開きます。
この個展に大手でデパートが注目して一躍名画家となります。。
89歳の時には当時の大統領ハリー・S・トルーマンによってホワイトハウスに招待されました。

     822-3.jpg 喝采の89歳

夢のようなお話、、
此処でも物語は、元気に続いて、、
101歳になるまで1600点もの油絵を残します。

822-2.jpg 活き活きとした微笑み

ラファエロや ミケランジェロとは、ちょっと違います。
しかしこの絵の中には彼女の生きた時代の喜びが描かれてます。

最後まで、命をたぎらせて生き抜きました。
来年あたりに美術展も開かれるようです。

人生は、辛抱の上にあるようで、どんな人もするすると行くことは余り無く、
おおよその人は、大きなまた小さな不遇に出会います。
人生はラッキーを寄せる事ではありませんね、
その不遇を乗り越えてゆく時に、満足が生まれます。
沢山乗り越えた人は、自信に充ち、暖かく、他の人をも包み込めます。
  
    822-4.jpg 輝いて生きていた。

ドンドン見栄と欲望が膨らんで、食べても食べても充ちない空腹のままの餓鬼のような妖怪
スクルージ(ディケンズ 「クリスマスキャロルの守銭奴」の様な生き方より、 
ありのままの自分で、隣人と喜びを2倍に、悲しみを半分に暮らす方が私は好きです。

アメリカの、おばあちゃんの絵です。
天命を誠実につくし、そして、最後まで滾り、人々に喜びを当てたおばあちゃんの絵です。
決してあきらめない、、。最後まで生き抜く。結構大変です。がんばりましょう。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)    


コメント

[C1581]

hippoponさん おはようございます。

一つの道ですね・・上手に生きられそうも無いから、じたばたしながらいきます・・・。笑)

暑い折、無理なさいますな・・・。
  • 2014-08-23 06:27
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C1582] ひげさん

75から絵筆。
人生何時でも出発できると言う事ですね。

ひげさんは軽やか。何をおっしゃる。

昨日のコース取りと時間がまずかったと少し反省です。排気ガスの路も朝の交通量がすごかったです。

無理はしない。
調べたら50キロは鎌倉位まで、
35キロは山手線一周でした。
12キロは3分の一、
多分、時間をかけてゆっくり体を作れば出来るはずですね。
昨日のは自己確認で、これから、ゆっくりです。
翌日、すっきりしてます。
稽古は、ほぼ4時間弱、座るので、土日はぶらぶらあるきです。(*^-^*)

  • 2014-08-23 07:00
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1583] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1584] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C1585] おはようございます。

グランマ・モーゼスの絵は、以前どこかで見たことがあります。
不思議な絵ですね。童話のようなメルヘンの世界です。
調べたら、「昔の記憶を呼び起こすために、新聞や雑誌のイラストを切り抜いて、
それらのコラージュを再構成したものを元に作り上げられた」とありました。
なんだかブリューゲルの絵を思い出したのですが。
http://lempicka7art.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

芸術家というのは、芸術への意欲が衰えず、長生きな人が多いですね。
男性の場合にはかなり高齢になっているのに、20代の女性を妻にする人がいます。
たいしたものです。真似できません。

で、グランマ・モーゼス。hippoponさんにぴったりなような話ですね。
あ、高齢という意味じゃなく、意欲と才知が凄いという意味ですよ。
  • 2014-08-23 12:04
  • ☆バーソ☆
  • URL
  • 編集

[C1586] 1583さん

大変、御丁重なるご回答、心よりありがとうございました。
爽快な朝になりました!
尚、靴下の事は、お時間を作られたしと思います。
  • 2014-08-23 12:05
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1587] 1584さん

子供の頃より、すこし、宝探しが上手になったようです。
  • 2014-08-23 12:07
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1588] バーソさま

ブリューゲルの絵に確かに似てますね。
この手の絵は、美術品なのか、資料なのかと思える。しかられそうですが、、

ブリューゲルって、飲み食いしてる人ばかり描いてる人だと思ってばかりいたら、バベルの塔も描いてるでしょ。
それが、大きなラムプディングにみえて、、そう言う子だった。

本物は下塗りとか、筆つかいとかいいのでしょうけど、、
やはり、ラファエロとかの方が落ち着いちゃって、
バーソさんのお気に入りの絵は、やはり、イラスト的な感じ?

二次元的な空間?

そして、あの、、お言葉ですが、、
芸術家でなくても、小父様、もしくは御爺様が、
狩りをするように若い女性を追い回してるのは、東京でよく見ます、
そこのごはんが、エネルギっジュで、強くて生命感があって、
若者でも、普段食べてない人は、量より質的にお腹がいっぱいになってしまうようです。
それを食べれるぐらいでないとならないエネルギッシュな人々。

しかし彼ら、頑張ってると、感嘆しつつ、観察してます。
そこのご飯を頂いてるせいか、、
多分バーソ君さまより、わらわのほうが、若い!とおもえます、、

だって、そんなことに感心しないもの。
かなり高齢になって、20代の夫、上等でないの、、まだじかんあるし、、うん。わぁぉ==ん(遠吠え)いや、(威嚇鳴きかしら?)

あ~~今夜は、、またもや、恋文の話でも書こうか、、

バーソ君、元気だして、、い~~だ、、(笑)(T_T)/~~~







  • 2014-08-23 12:37
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1589]

頭ではわかってはいるけれど、
実行するのは、難しいんですよね。
大抵の人は、楽な方楽な方へと流れて生きたがりますから。
  • 2014-08-23 16:02
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C1590] hippoponさんへ

hippoponさん、こんばんは!
いつも感慨深く拝読させていただいております。
幼少の頃、母に手を引かれてグランマ・モーゼス展に行きました。
彼女が描く生きる歓び、民衆の素朴な力強さに感銘を受けました。
日毎の生業に追われるなか、忘れていたものを取り戻した感じがいたします。
ありがとうございました!
  • 2014-08-23 19:10
  • ヴァイツゼッカー
  • URL
  • 編集

[C1591] するべきことに差はあれど~

人の真似事するのは、難しいので、
自分の道を作って行きたいものですね。

そして続けて行くことによって、
形になって行くと思います。。
  • 2014-08-23 19:13
  • fあらた
  • URL
  • 編集

[C1592] ジュリアルーシュさん

そのまま朽ちないのがすごいですね。
克己心の人ですね。

[C1593] ヴァイツゼッカー さま

お母様との思いでがおもいだされたなんてうれしいことでしょう。

育みの原点は母親ですもの。
大きくゆるぎない育みの構え。
巣立ちの日まで、子供たちに、感動を。
生徒さんは、100になっても育てられた日々の事は鮮明によみがえると思います。

[C1594] fあらたさん

思いが形になるのは、継続のつよさでしょうかしらん。

日課の30分徒歩通勤、頭が下がります。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/348-73f660fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR