FC2ブログ

Entries

文豪とお散歩

お散歩の効用は、かなりあるようです。
足の上には第二の心臓があって、そこが刺激されると体内の循環が良くなり、
脳にも刺激が行き、創作活動には良いようです。

お散歩をするようになって、故人の足跡を見つけることがあります。
突然い今まで読んだ本の内容が浮かんだりしますよ。
川端康成が散歩で買いに行ったお菓子屋さんとか、漱石が歩いた道。鷗外が下宿したあたり、、

  821-1.jpg 書道博物館

地図を広げると、文士は東大を中心に住んでいたりして、お散歩。通学、通勤してたり。
よく言われる、通常生活で平気で2里8キロぐらいは歩いてたのかと感じました。
正岡子規の住んだうちは 本郷からは遠い?日暮里。
中村不折の書道相博物館と仲良くご近所してました。
不折は漱石の吾輩は猫であるの挿絵なども描いてました。
所謂ホテル街のなかで、夕方足がすくみましたっけ。(昔は前田家の屋敷跡)
東大を中心に地図に円を描くと言ったり来たり出来る範囲にあったのかと思ったりして親近感を覚えました。

  821-3 東大、しのばすの池、芸大 谷中根津千駄木

不忍池を少し中に入ったら、鷗外の家があった場所があり、ここから馬車で、、、ふ~~んとか。感慨です。
又、鷗外の雁の場所も、、本郷から、道を降りて見てびっくり、、見つけました。無縁坂です。
懐かしい日々、おたまさんと岡田と私の 、読書感想文を書いたことなど思い出しました。
道を覚えてくると、点と点が案外に近いところが有ります。
場所と場所もそうですが、思い出とも繋がったりしますよ。物語が具体性を帯びます。
江戸っ子達には簡単に謎解きできる場所が、なかなか容易に見つからなあったりして、それもまた散歩の楽しさ。

   821-7 森鴎外居宅跡、今は、ホテルがあります。

文豪たちは、散歩をしてるんだと知ったのは子供の頃でした。
川端や、漱石のお散歩の逸話など、
一気に書かずに散歩して、創作意欲を維持してると言うには不思議でした。

   821-2.jpg 漱石全集 表紙

ある夏、漱石全集とか買ってもらって悦にいって、こもって読んだ日々に、
父から、朝の散歩を言いつかり、一緒に歩居たことがあります。
読書が始まると、徹夜、ご飯の時だけ部屋から出る様な夢中。
あるの朝に、台所で捕まって、、それで散歩。
朝の路は誰もいなく、、静かで、どんどん進めて、いつもはタクシーを使うところまで歩けてることに自信を持ちました。
垣根の花とか枝ぶりとか、二股道をどちらかに決める時にワクワク感とか。
人っ気のない公園で、同じようにくつろぐ人の風景が、昼間とは違うことなど、面白かったでした。
多分引きこもりの状態が良くないとおもったのでしょう。
朝の空気は美味しいからまた散歩するようにと、、言いつかりました。
文豪の気持ち、ちょびっとでした。
お散歩の面白さは、バスを使って、電車を使ってゆくところが、案外に歩けてしまう驚きもあります。

821-6.jpg 木造三階建の串揚げ屋さん

目的の無いぶらぶら歩き。谷中根津千駄木のあたりはお散歩スポットになってるようです。🐈
谷根千(やねせん)と呼ぶそうです。
空襲にも宅地開発にもあわなかったので、昔の面影が残る街として人気のお散歩道らしいです、
ちょっとした買い食い、(小豆もなかアイス、豆乳等開拓中)お買い物など、ひっかかると
案外歩けませんが出くわすことが楽しみです。
どうしてこんなにお煎餅やさんと甘味処がおおいいの?と言う道もありますよ。
印刷機の音と、書物の香りの小道もあります。
行けどもお寺とお墓の迷い道も、ありましたっけ。
街の歴史や住んでる人の質を体現できます。人情を感じる時でもあります。

ウォーキングは、やはり運動なのでしょう。
有酸素運動を目的としてるので、時間と距離と体調で、どんどん街が後ろにさります。
出来るだけ信号待ちが無い所を選んだり、、なかなか知恵を使いますが、今は、街並みはフラットと言う事ぐらいですね。
自分がゲームのキャラクターになったようで、地図をたどると面白いです。
今だと、汗がほとばしって、少し、息が上がって、体の中が巡り始めると気持ちがいいです。
完全に運動の域ですね。
夜も朝も人通りは無く、動き出さない街を速歩します。

引きこもり、病後の後はなかなか普段通りに体は巡りませんが、
朝のゆっくりなお散歩などから、ゆっくり、そぞろ歩くことをお勧めです。
10分言って10分戻る、そこからはじめしょ。
街は様相をかえてます。路傍の花がいとおしく思えます。
ストレス解消、創作意欲、健康維持、若返り、そして、、出会いがあるかもしれませんよ。
ただ、挨拶のできる人が同じ町に住む安堵感がえられますよ。

小銭をもって、靴はいて、、ドアを開けたらいいのです。
億劫がらずにさぁぞうぞ、、

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)    

コメント

[C1555]

こんにちは。

不忍池周辺は自分も何度か行ったことがあります。
この自分が美術館とか行ったりしていました。

hippoponさんの歩いたコースの反対方面もおもしろいですよ。
御徒町方面に歩いて昭和通りを越えると、小さな工房や問屋さんが多くて散策すると楽しいです。
地井武男の地井散歩に出てきそう雰囲気でした。

暑さが厳しいのでウォーキング気を付けてください。

[C1556] ZANsan

おばんです。
昭和通り越えちゃう、、
あ~~。
御徒町の駅のガード下にも工房が一杯できてて、なかなかいい感じでしたよ、
多慶屋さんとか、美術などの材料やさんがあった!
なかなか詳しいのですね。👻
谷中墓地は👻延々お墓ばかりで、秋の陽はつるべ落としで、こわかったぁ~~、
喉も乾いて、やっと、鰻屋に行きついて、、、
美味しかったっけ、、
鼻も、ほっぺも赤くなっちゃって、手がこじこみそうで、、
鰻の蓋あけて湯気が上がった時のうれしさ、、
次に行ったら、改築して別のお店が入るところで、がっくりしたんだった。
切ないお散歩もありましたっけ、、

お笑いくださいませ、、(笑)(◎_◎;)


  • 2014-08-22 03:25
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1558]

hippoponさん、こんにちわ。

文豪の散歩は気がつきませんでした、もう一度きちんと読み直さないといけません。
私は東京の街を散策したことがありませんが読んでいるとなにやら情景が浮かんでくるところがいいです。
京都の市街地をウロウロしていた時の情景と重なっている気がしています。
  • 2014-08-22 04:10
  • MK
  • URL
  • 編集

[C1560]

遅くなりました、
弊ブログにコメントありがとうございました!

風流な内容ですね~
これからも楽しませていただきますね!

[C1561] MKさん

青春は京都でしたか?
わたし、ばか東欧人に真夜中、黒谷。
お月見しましょうと、ブーツは8センチものヒールで、
吸血鬼に見えましたよ。全く。
谷中は、お墓ばっかりで、一度そういう目に遭ってるから、
へっちゃらよ、って。
幾ら京都の夜景がきれいだからって。
どうかとおもうわ。
でも、大学は夜遅くまで学生の熱気で漫漫としてた。
向学心と自由な気風を感じましたよ。
100年、200年の昔はなんてことなくて、
応仁の乱で家はちょっと別に疎開してけど戻って、、
などと平然と話す京都人。
案外京都は碁盤の目で、中心は小さいんですね。
そして深い。
東京は、昌平黌 のながれで学び、教え、、。
明治時代、車の無い時代、結構皆が固まって暮らしたと思えます。
写真をなくしてますので、
またこれから映してあげてみますね。
  • 2014-08-22 04:44
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1562] jackiemai さん

毎日4キロ。理想的に8キロのウォーキングですね。
そしてお弁当。
ドンドン引き締まりそうですね。

カワユイ、、二男君によろしく!!
  • 2014-08-22 04:51
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1565]

おはようございます。

毎日の散歩を 本当に楽しまれているのですね。
本郷は夫の生まれて育った場所なのですが
私が結婚した時には そこを引き払ったあとでした。
まだ本籍はそのままなのですが・・・。

本郷界隈から忍ばずの池の方迄
色々な発見や懐かしいものとの出会い。
楽しそうです。
頭の中も色々巡って活性化されそうです。

都会の散歩はどうかなあと思うこころもありましたが
こんなふうな 散歩もいいなあと今は思いはじめています。

[C1566] けいさん

今12キロやってきたのですが、、
(もう一度地図を見ないと)やはりきつくなってます、
髪の毛べたべた、
レインの方がきれいだと思われました。
3度洗いしました。、
ブルブル、、水を切ってる感じです、、

ウェアーも2度洗いしたいです。
ちたないhippoponでした。


  • 2014-08-22 08:55
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1569]

hippoponさん こんにちは・・・。

又賢くなった・・・ここは、おらみたいな馬鹿にも良く解かる学校のような場所だな・・・。笑)

hippoponn先生、よろしゅうおたのんもうします・・・。
  • 2014-08-22 11:43
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C1570] ひげさん

益々賢くなっちゃって、、?
まぁ。知らないことが少しばかり違う切込みで、、だけで、
ひげさんお知恵と、温かな心がすごいとおもってます。
人の気持ちを温かにするの、すごく上手。
厳しい所で修行したんだろうなっておもってます。

近年は、知識はあっても智慧が無い、遣いようが解らない。
自分に意見が無い、なんちゃってが多いなか、
流石に、ユーモア、ウィット、そして、暖かさ、人を尊重できる幅、
全員が、、ひげ殿でも?ちょっと困るかしら?(笑)(*_*)

この前から、50キロ歩くのってどんなかんじなんだろうかと、想像するだに、、。
15キロ歩けるようになったら、時間はかかっても、きっとその倍は休みを入れて出来るようになる。
人間は50キロ歩けるんだと、感じ入ってしまいました。
参勤交代で40キロなんですって。
何を食べて頑張ったんだろう?おにぎり、、、??
  • 2014-08-22 12:26
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1571] 歩こう~

ウォーキング・散歩をしようではなくって、
歩くこと自体が楽しくなれば、
健康t的にも、ダイエット的にも成功が近いような・・・・

日々の日常を肌で感じて、
季節の移り変わりも、肌で感じて、
気が付いたら、理想な自分に気が付いて・・・・
とっても素敵ですね~
  • 2014-08-22 18:39
  • fあらた
  • URL
  • 編集

[C1572]

お散歩コースが楽しめるって良いですね!
我が町は、田んぼばかりで(^▽^;)

>実家行くと
愛犬に癒されますね( ´艸`)

[C1573] fあらたさん

こんばんは、
初めて一か月もたってなのに、、
数字的なことは、
まだまだ

生活の整備でやっとですよ。
地図広げて、
次の散歩のエリアは?と考えてます。
  • 2014-08-22 21:36
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1574]

文豪ゆかりではありませんが、
たぶん、戦国武将が通った道などが、地元にあるとは思います。
少なからず、高山右近は通っているはず。
  • 2014-08-22 21:45
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C1575] ひろりんさん

黄金色の秋がそこまで来てますね。
そして刈り取りの田んぼには月が、、一面に輝く、
蛙も虫もないて、
素敵なお散歩が出来そうですよ。

愛犬さん?くん?毛並みは、
写真よりもっといい感じなんだろうな、

有名なお宮の禰宜のご家族が、あの毛並みをかわれて、
うかがうと、甲斐だと仰って、風格があるんですよね。
虎毛犬。
流石に選びが違うと、、感心してしまいました。
猟犬にもなる賢い犬だと説明されましたよ。
  • 2014-08-22 21:48
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1576]

おらの場合ですが、まずは、時速7キロ~8キロで14,15キロ歩けるようになれば、時速5~6キロで30キロ以上はOKだと思います。

リュックにポカリ、パン、バナナ・・・無くなったら、コンビにで補給・・・大体9時間半ぐらいかな・・・。

双眼鏡とカメラも持参しましたが・・結構重くなりました・・・。笑)

参勤交代の40キロは凄すぎ・・・。笑)
  • 2014-08-22 22:20
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C1577] ジュリアルーシュさん

高山右近は正義、ジャスティスからの名前で、
ジュスト(ユスト)ですね。
真面目に流されて、加賀、マニラ。
摂津の人でした。
素敵な散歩道が拓けてますね。
  • 2014-08-23 00:00
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C1578] ひげさん

横浜ではその域に入るのに2年ほどかかって、、
あ~~(+o+)もったいなかった。
では、、おほん、4年ほどかけてみるか、、(._.)

いや、健足。凄いですよ、。マーキュリーの称号を、、
参考にして、目標にします。
登山とも違ってなかなか面白いですよ。

今日は、途中で切なくなって(太陽が昇って、日蔭が無い、帽子だけ) 
タクシーを横目で見てしまった迷いの刻がありましたっけ。(笑)

帝都には❢タクシーがあるのです、、、悪魔の魅惑、、👿
負けないぞ、、、危なかった、、('Д')(自嘲)

お笑いくださいませ。
  • 2014-08-23 00:10
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/347-0ca108e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR