FC2ブログ

Entries

毒を制す技術 河豚の卵巣の糠漬け 土用河豚

河豚の卵巣の糠漬け

近頃は養殖技術が進み、街には泳ぐ河豚の水槽もある河豚屋さんが出来てますね。
河豚は、福に繋がるので、縁起よく、含んだ時の香りと味わいが好まれてまいりました。

猛毒魚で美味しい。
秀吉の頃は、朝鮮出兵の時に河豚中毒で死ぬ兵士が多く。河豚を食べることを禁じてます。
江戸時代には、武士とあろうものが、河豚で命を落とすなことがあったら、
家名断絶などの厳しい処分を受けたようですが、それを乗り越えても食べたかったぐらい、おいしかった!
河豚とのお付き合いは古くて、貝塚に河豚の骨が出ており、そのころから。2000年ぐらい前。
ではと言うと、既に中国ではそれよりもっと前に「山海経」にはフグを食べると死ぬと記述がある。、2300年ぐらい前、
河豚の扱いは分かってるのに、どうしても、美味しいところをいただきたくて、猛毒を頂くのかと、、
人の食に対する貪欲さを感じますね。

 伊藤博文 伊藤博文
   
明治政府は明治15年に河豚を食べた者を拘置・科料に処する法令を出したそうです。
けれど、、けれど、、伊藤博文が下関で、河豚を頂き、美味し過ぎてしまった。
それで、山口県のみでのフグ食を解禁したそうです。(伝聞)

人間国宝歌舞伎役者、八代目坂東三津五郎が京都で河豚の毒で亡くなった事件もありました。
毒魚であっても、人を魅了する河豚、
 
 3河豚の卵巣  河豚の卵巣の粕漬など説明書 輪島 海房 山口

北陸に旅行した時に、どうしても頂きたかったものに、河豚の卵巣の糠漬けがありました。、
猛毒河豚の卵巣を、能登の人々は珍味として頂いてると言う事。
その場所だけでしか作られてないことを知りました。
所が押せ押せで、買う事も出来ず、今に至りました。

亡き父は、河豚が好きで、嵩じて、調理師の免許を取り、河豚の免許も取りました。
全くの経済人でしたが。
くいじの情熱です。
それでも、卵巣は頂かなかったと思います。
みんなが集まると、よく、ふぐを囲んだりしましたよ。
時折河豚中毒の真似をして、従兄弟の「兄さんさ~~」と一緒に悪ふざけ。
ヒックヒック、
妻子を脅して、おもしろがるので、
母などは怒って、🚑救急車を呼ぼうとしたところで、むっくりおきあがってみたり。賑やかでした。
河豚は猛毒、台所には入れてもらえませんでした。

  河豚の卵巣  河豚の卵巣糠漬 瓶詰

その河豚の猛毒を制して、食べてるとは!興味がありました。
国は、限られた地域でしか作らせない。
一樽毎に、検査があり、本当は、2年ほどで毒は消えてるはずでも3年物からの出荷。
決して間違いが出来ない製造。

それが、日本橋の金魚に振られて、三越のデパ地下を歩いてたらあったのでした!
まなこが、すいつけられるようでした。
私はまずは小さい瓶詰を買いました。
山口さんと言う生産者が良く説明してくださいました。
あうのは、辛口の御酒?と申しあげると、笑顔がこぼれて、、あ~ぁ。
彼もまた、自作のファンなのでありましょう。
お茶漬けでも、ご飯でも、とおっしゃる。
  
  2河豚の卵巣 魚卵が見えますか?

それで、戻って、大急ぎでご飯を炊いて、
期待感で、心臓ばくばく、頂きました。
???良く解らない、、美味しいか?
珍味ではあるけど、、たぶんぽろぽろがいけなかったのか?
お汁を張ってお茶漬け、、あれ??
何処かで、、これ知ってる、、

そうです、パパの肴にあったっけ。知らずにいただけで、、
ちょこっとだけだぞ、、とか言って、お箸の先にいただいたのでしたっけ。
お酒とあうはずです。
私は、冷蔵庫で冷や冷や、お茶漬けをつくると、これが絶妙な感じになってくる。
何だ、次は、大きなからすみ状のを買おうと思った次第。

お化けの正体見たり、枯れ尾花、、。
次は新宿伊勢丹でも売るそうで、、ご興味のある方はどうぞ、、
チーズに練り込んで、ワインにも、、オツなものだとおもいます。
香り、食感の珍味。

未だ,血清もできない河豚の毒。それを制して頂いた先人の知恵。

721-1.jpg 春帆楼

最期に、昭和天皇と河豚のお話も有名です。
陛下は、戦後、全国巡行をなさいました。
下関では、春帆楼にご宿泊なさいました。有名な河豚料理の店で、先程の伊藤博文はここで河豚を頂いたそうです。
因みに、日本のふぐ料理公許第一号店です。
陛下は万一の事があってはならない御身体、一生河豚は口になさいませんでした。
侍従たちはフグちり、フグ刺しを堪能したそうです。
翌日、陛下 はうらめしげに侍従たちに「フグには毒があるのだぞ」とのたまったそうでした。
陛下のユーモアー笑顔を思い出しますね。
陛下でも召し上がれなあった河豚の猛毒と美味しさ。

福が来ます様にと、、

721-2.jpg 土用河豚 玄品ふぐ

夏場のふぐ屋は人がいないそうで、、かえって、大事な方とゆっくりどうぞ、、
調べましたら、夏河豚は、産卵期が終わって、身の方に栄養が回るそうで、
なんと、土用河豚と言う事でキャンペーンしてる河豚屋さんもありましたよ。
土用は、、河豚??

 にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

コメント

[C1130]

うちの近所のおじさんが昔自分でフグをさばいて食べて・・・・
救急車で運ばれて行きました。確か1週間くらい入院してましたね~
面白いおじさんでしたけどね。こういう時お見舞いはどうするか?って母親が悩んでましたね~
  • 2014-07-22 05:26
  • 自遊自足
  • URL
  • 編集

[C1131] 自遊自足さん

おはようございます。

河豚調理師免許は実技も伴う試験です。
未だに素人の事故はおおく、血清が無いために、呼吸を確保する位しか方法が無いようです。絶命せず、良く助かりましたね。

大丈夫だろうで、仕事はできない。
確実な仕事が求められます。
河豚は、ちゃんとした技術が支える食べ物です。

事故があれば、河豚を扱う業界全体にも影響します。
お母様のお気持ちお察ししますよぅ。

今日も暑くなりそうですね!水分補給しながら頑張りましょう!
私は土用の梅干しします。

[C1132]

河豚食べた事無いですね!
1度食べてみたいけど(^▽^;)

>ソラマチは、お買い物だけですね!
皆、買い物と食べる事しか関心無くて(笑)

[C1133] ひろりんさん

こんにちは。

天然フグは相変わらず高いけど、
養殖フグのチェーン店から最初の一歩でしたら、女同士でも。
ポスターのお店は、5千円以内でコース。
新橋が重要店舗でいいみたい。
中部は名古屋になっちゃうみたいね。
スカイツリーの時の御馳走になったけど、遅かった!傍の浅草にもありました。
お肌びかりん、、となるようでございます。

[C1134] 河豚は美味しいのかな?

河豚は残念ながら食したことがありませんので、
味の方がどんな感じなのか分かりません。。

最寄り駅の駅から降りたところに、
「とらふぐ亭」という河豚屋さんがあるので、
(水槽に河豚が泳いでるのが見えます)
思い切って一度入ってみるかと、
思いました~
  • 2014-07-22 19:08
  • fあらた
  • URL
  • 編集

[C1135] fあらたさん

ご友人と和気あいあいのときに、
福を呼ぶように、

こればかりは自分では調理できませんから。
行くしかないです。
最後のおじやが美味しいですよ。

[C1136]

冬のイメージがあるので、夏は少ないかもしれません。
河豚をさばけるなんて、すごいですね。
  • 2014-07-22 19:31
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C1137] ジュリアルーシュさん

父は趣味で、食べることが大好きだったのでした。
調理師免許も、河豚調理師も、
自分の資格を取るときの様に夢中で、
愉しげにとってました。

今は振舞う文化は余りなく、
会社も接待をしない時代ですが、
仕事でなく、振る舞いが好きで、
だから、タカリに来る輩もいて、家族は嫌な思いをしました。
もっといいものが食べれると思ったとか
平気で言うような、はじしらすにも、
物しらずな、かわいそうなやつだとふるまって
お葬式の時には、それが、大きな声で、あ~~都会の葬式が見れて良かった!といいはなつ。
流石に、私も許せなかった。
例え親戚でも付き合ってはならないものがいるとつくづく思ったものでした。

振舞い、親戚づきあい、一昔前では、盛んに、
またそれが、地縁を強く、血縁もけっそくでしたが、
欧米的になり、アジアの同族主義が、わりにあわないとおもうようになってくると、社会が弱くなる。
父は、(#^.^#)振舞って、なくなりました。
父の思惑とは違うその後になり、ずうずうしいやつばかりが形見分けと言って剥ぎ取り、長男の弟にも何もない状態で、さすがにそれも、父のために後しまつせねばと思います。

河豚を囲んでいたころが一番仇や蚊で幸せなころだったと思います。

[C1138]

河豚は人間にとっては毒の含まれた餌を好んで食べるらしいですね。毒は河豚自身が作るわけではないらしいです。毒のない餌を与えて育った完全養殖の河豚には毒が無いそうで。
  • 2014-07-22 20:33
  • 気界
  • URL
  • 編集

[C1139] 気界さん

すごい!
流石に知識豊富で、、

完全飼育の養殖は毒が無いのですか!
びっくりしました!

毒を食べて、海流に乗ってる河豚の方がやはり美味しいのでしょうねぇ~、
その分、たか~~~いけど、、

居候、養殖フグに舌鼓 お粗末、、(*^-^*)

[C1140]

hipponponさん おばんです。

食べたこと無いですね・・・一回は食べてみたい・・・。笑)

実家では、親爺がクサフグを開き干した奴を酒の肴にしていました・・・多分、自分でこさえていたのでしょう・・・。

カツオの塩辛、からすみなども自分で作っていたようです・・・。
  • 2014-07-22 20:43
  • ひげ
  • URL
  • 編集

[C1141] ひげさん

かつおの塩辛、から~~いのをいただいたことがあります!

お父様はなかなかやりましたね!
ひげさんは?
私もイカの塩辛などは作れますが、、
今年はからすみに挑戦してみようかしら?
昨年だったか
夏の暑い時に一夜干し作って、なんと珍しい発光をしました。
写真にはうまく取れませんでしたが、不思議な明かるさで、明りを消してながめました。
なかなかおこる現象でもないようでした、
それで、。まったく食べれるのでした。
妙な日本語ですが、ちゃんといただきましたよ。
それで、干し物は、洗濯みたいに太陽で乾かすのでなく、
風を通すのだとしりました。

そして、一番おいしいのが戻り船で作る沖干し。(´艸`*) 

ちょっと手間を加えると、お江戸のど真ん中でも、結構楽しめます。

美味しいものをお父様が沢山教えてくださったのですね!


[C1142] こんばんは。

ふぐの卵は 食べたこと無いですね。
ふぐ刺しとかは 一応 いただいたこと有りますが
そんなに 美味しい~ッて言うほど 感動は しんないですね。
多分 お湯色の安い河豚だから?
  • 2014-07-22 22:06
  • ピオーネ親父
  • URL
  • 編集

[C1143] ぴおーねさん

お湯色のって??
今晩眠れなくなりそう。

土用鰻があれば土用河豚があるといいますが、、
中華風の鍋などいただいて、身体を整えてます。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/309-22f81c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR