FC2ブログ

Entries

メトロな一日 西早稲田 早稲田大学

穴八幡のお隣は、お寺とキリスト教教会、そして、早稲田大学です。

都の西北 早稲田の森に
聳ゆる甍は われらが母校♪

   627-4.jpg 早稲田構内並木

早稲田の森といえるほどでもないですが、木々の背が高く、気持ちがいい空間です。
何となく、がさついてるのが、ここなんだなぁ~~と。
夕暮れどきでしたので、構内は、余りご紹介は出来ませんが、
先ずは、大隈重信像。

    627-3.jpg 大隈重信

彼の建学の精神は、大正2年 創立30周年の宣言によくあらわれております。
正門前に示されてます。

早稲田大学教旨

「早稲田大学は学問の独立を全うし 学問の活用を効し
模範国民を造就するを以て建学の本旨と為す

早稲田大学は学問の独立を本旨と為すを以て
之が自由討究を主とし
常に独創の研鑽に力め以て
世界の学問に裨補せん事を期す

早稲田大学は学問の活用を本旨と為すを以て
学理を学理として研究すると共に
之を実際に応用するの道を講し以て
時世の進運に資せん事を期す

早稲田大学は模範国民の造就を本旨と為すを以て
個性を尊重し 身家を発達し 国家社会を利済し
併せて広く世界に活動す可き人格を養成せん事を期す」

「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」が
在野精神あふれる気質。

この起草にはそうそうたるメンバーが関わり、最後に大隈重信校閲で宣言されたそうです。
高田早苗、坪内逍遥、天野為之、市島謙吉、(早稲田四尊)
浮田和民、松平康国など。



高田 早苗

627-1.jpg 若き日の 高田 早苗

初代学長(当時の総長は大隈重信)政治家、政治学者、教育家、文芸批評家
衆議院議員、貴族院議員、早稲田大学総長、文部大臣。

坪内逍遥

627-2.jpg 坪内逍遥 演劇博物館横  627-5.jpg 早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館

小説家、評論家、翻訳家、劇作家。「小説神髄」「当世書生気質」
シェイクスピア全集の翻訳

天野 為之

627-6.jpg 天野 為之

経済学者、ジャーナリスト、政治家、教育者、法学博士。
衆議院議員、東洋経済新報社主幹、早稲田大学学長、早稲田実業学校校長を歴任。
勲三等瑞宝章受章

市島謙吉

627-7.jpg

衆議院議員(3期)、早稲田大学初代図書館長
和漢本の収集に貢献。

四人は東京帝国大学の同期で、盛んに議論しあう仲だったそうです。
そして大学のみならず、新しい時代に足跡を残しました。

大隈講堂  627-9.jpg

大隈の下野、明治十四年の政変.
不屈な闘志をたぎらせて、事を成す。
東京専門学校から、早稲田大学に、最初の一歩を歩んだ人々。
そして、早稲田は新しい次の百年を歩み始めてます。

学生諸君が次の新しい世紀を切り開きます。
改めて教旨を掲げてみました。
諸君の前途に多難あれ!そして、栄光を!
何事も不屈。強く、しなやかに、乗りこなして行ってほしいと思います。
先に、花咲き実り多きことを願い、今、うんと学舎で学んでほしいと思います。

諸君。選ばれし者!覇者たれ!

     627-8  稲門の旗 
                 紺碧の空  紺碧の空仰ぐ日輪
                         光輝あまねき伝統の下
                        すぐりし精鋭闘志はもえて
                        理想の王座を占むる者我等
                         早稲田 早稲田 覇者 覇者 早稲田

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m  

コメント

[C883]

この頃の人って、志が高かったのだろうなぁっと思います。
  • 2014-06-28 16:31
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C886]

大志を持っていたのでしょうね。
TVの漫画出なく漢籍、古今東西の読書が遊びだった少年たちですものね。
実際にいた、古今の勇者、知恵者、徳高い人がお手本で、そうなりたい、そうなるには?
今の英雄は、どんなになりたくても3分の変身もできない。
絵空事でしかないのですものね。

[C887] 歴史に思いを馳せる~

日本史を勉強してみれば、出てくる名だたる方々。
早稲田大学の教旨を改めて見てみれば、
大隈重信の若かりし頃に出会ったであろう、
黒船に対して、どんな思いを抱いたのか?
少しだけ見えてきたような、気のせいのような。

この感覚、忘れたくないようにも思いますね。
  • 2014-06-28 18:53
  • fあらた
  • URL
  • 編集

[C888] fあらたさん

こんばんは、

大隈重信は、幼年期から、達者に勉強した方の様です、
佐賀は、長崎に近く、優秀な工業もはやくにあったり、500円札が最後まで流通してたと言うので田舎のイメージですが、
大隈の外交手腕は、維新前からであったようですよ。なかなかひかずに達者。
彼は先進的な人だったはず。
彼の肩書に、武士と書いてあると、なるほどそうだったと、つくづく。
時代を駆け抜けていった人ですね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/277-789301c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR