FC2ブログ

Entries

メトロな一日 西早稲田 穴八幡宮

学習院女子大から早稲田に続く道を歩きますと、
木々の作る木陰で涼しく、心持ち足取りも軽いです。

   626-1.jpg 緑の木陰をお散歩

戸山公園を過ぎると、
早稲田の立て看板が、なんとなく雑多な大学の香りが、

   626-2.jpg 626-15.jpg 立て看板 626-3.jpg 文学部

そして右手に穴八幡宮が見えます。
蟲封じ 商売繁盛、開運 出世にご利益の八幡様です。
金運アップの神様として、金運には目が無い中国人の知り合いなども知ってたと言う有名な神様です。

      626-4.jpg 文学部前より穴八幡宮鳥居 626-7.jpg 山門は急階段の上  
 
      脇道には、立派な石垣。見事でした! 626-10.jpg

「一陽来復」と言う言葉をご存知ですか?
冬至にまで日が短くなって、とうとう、夜真っ暗になって全てを闇に覆い尽くします、
そして、太陽は必ずめぐり春が来る。
冬至まで詰まってしまったことが、どん底をついて、再び上昇する意味もあります。
「金銭融通」のお守りとして、江戸時代から有名です。、
参拝の方法があります。
冬至から節分までしかお札は分けて頂けません。
冬至の日の夜に家の高いところに貼るのが一番の御利益だそうです。
それで冬至の日は、朝5時からお札を頂けるそうです。

  626-13.jpg 穴八幡宮 本殿  626-11.jpg 山門 

伺ったのは、正に正反対の夏至の日でした。
陽が一番長い日の夕暮れです。
掃き清められた境内に渡る風がすがすがしく、
一段と緑を濃くした初夏の木々が、お手入れよく、爽やかでした。

   626-9.jpg  626-8.jpg 生命感あふれる青楓などでした。

冬至のころは縁日のような賑わいで、参道が埋め尽くされるそうです。
相場、金融で儲けたい方。
堅実な貯金を目指す方。
商売繁盛をお望みの方。
不運の行き詰まりで、チャンスを開きたい方、
ご出世をお望みの方、いらしてください。
現世的な神様ですよ。
  
  626-6.jpg 往時の図絵写看板

縁起は、約千年前、源義家が兜、刀を奉納、八幡様を祭った時からと言い、
江戸時代始めに、横穴から金銅の神像が見つかったそうです。
徳川家光は、これによって、穴八幡宮を幕府の祈願所・城北の総鎮護としたそうです。
歴代将軍の参拝をうけ、吉宗の時よりは,流鏑馬奉納をし、その後も世嗣誕生の際や厄除け祈願として奉納され、
流鏑馬の像も立ってました。、家光が、馬術訓練場を置きました。有名な高田馬場ですね。
今は戸田公園で流鏑馬奉納をするそうです。

626-5.jpg 上高田の馬場、流鏑馬

明治政府との関係は?
1879年(明治12年)には皇太子(後の大正天皇)の御蟲封祈祷も行なわれてます。
大正天皇の、ご生誕の年です。
  
  626-14.jpg 本殿より山門

それで、なんと!御利益がありました!
友人の運が開けて、新規開拓の仕事が4日後に、、、。

ありがた~~い神様でした。
木々の手入れ、履き清められて、改築で山門も美しい場所です。

いよいよ明日は早稲田大学です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m  

コメント

[C875]

私にも運が開けます様に( ^_^)ゞ


>末っ子は、可愛いですね!
たまに反抗期で、小憎らしいけど(笑)たまに、すごく優しい時もあったり

[C876] ひろりんさん

運が開けます様に、、、(*^▽^*)







[C877] ここはちょっと相性が悪いです~

20代の頃に、戸山公園内にあるスポーツセンターに
用事があって、2度ほど行ったことがあるのですが、、
いずれも、ガテン系の方に絡まれた記憶が・・・
それ以来、高田馬場に降り立ったことがなく。

穴八幡神社には訪れたことがないので、
一度、参拝してみたいですね。。
  • 2014-06-27 18:56
  • fあらた
  • URL
  • 編集

[C878] Fあらたさん

戸山公園は、子供がフリスビーで遊んでいる
のどかな風景でしたよ。

穴八幡は、すごく整備されて、まだ工事中の処もありました。益々綺麗ですごいいい場所になるかもしれませんね。

金運アップ?開運がばっとひらく?

[C884]

金運の神様ですかぁ、ご利益があるとなると、
行きたくなりますね。
でも、ここからだと遠すぎです。
  • 2014-06-28 16:33
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C885] ジュリアルーシュさん

金運の神様で有名ですが、
再び陽は登るなのでしょう。
尽きた運からの再生でしょうか?

兜神社、柴又帝釈天なども相場の神様ですよ。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/275-78f132de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR