FC2ブログ

Entries

84年前 2,26事件

84年前 2,26事件




にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

226事件が1936年(昭和11年)に起こりました、
その 4年前には 5,15事件が起こっています。(昭和7年)
その2年ほど前には青年日本の歌 俗に 昭和維新の歌ができ (昭和5年)
国家改造、政界の元老・権臣や財閥などの排除など 聞いていて驚きました。自由に歌われていたのかと。
よくまあ時代にと。そして 226決起の1936年には禁歌になったそうです。
が、歌い継がれています。



            
             昭和維新の歌 日本青年の歌


歌の歌詞は 汨羅の淵から始まるので有名な屈原と懐王の話などを思いおこして。愛国の志。へぇ~と。
私は歌詞は拓殖大学歌集の中から探しました。ご興味の方はご覧ください
5.15に賛同した海軍中尉 三上卓が作者。
汨羅で 絶望し 投身自殺の屈原や
長い布陣の末病気に倒れた  星落秋風五丈原の 諸葛亮がでてきます。あの有名な死せる孔明生ける仲達を走らすですね。
憂国の烈士の名前。ちょっと自己陶酔しそうな作詞と哀愁を帯びた曲です。
 
なお、鶴田浩二さんや北島三郎さん 東京男声合唱団 そして東京混声合唱団のこれでした。
戦後もずっと歌い継がれてます。
226は 明治維新からの社会が不公平であったことによる義憤でもありました。
今もって愛唱され、彼ら決起の若者に哀惜の念を禁じ得ない人も多いです。
軍部は抑えようもなく日本はやみくもに 戦争をひた走りました。
国民は幸せだったか?



シスターの存在


              渡辺和子シスター  渡辺和子シスター

さて、そういった2.26の関係者の慰霊祭に シスターが訪れたそうです。
50年もたっていましょうか?
彼女は ノートルダム清心学園の学長理事長を務められた渡辺和子さん。
彼女の父上は2,26の時に遭難した陸軍教育総監・渡辺錠太郎。彼女は次女でした。
9歳の時、目の前で父親が 銃殺されて とどめを刺されました。43発の銃弾をうけ 血の海の中でお父様はなくなったのでした。
とどめを刺したのは安田優少尉 後に処刑 その7月の追悼式のことでした。


               安田優少将 安田優少尉 

             
弟の安田善三郎さんは それをきっかけに 渡辺さんと交流を持ちます。
兄がかかわったのは斎藤實内大臣、渡辺錠太郎教育総監の殺害。刑罰は叛乱罪。極刑。
キリスト教は宗教戦争もかなり ひどくやり 中世の暗黒時代もありますが 赦しの宗教といわれています。
彼女は父親を殺した人の法要にやってきて 冥福を祈ったのでした。
そこには 罪を赦すという 大きな魂の関所があるのです。

その行為を感じ、安田さんは交流を持たれたそうです。
彼女はお父様にとっては50過ぎての末子でした。
戦後軍の恩給や扶助料もなくなっても、
「お父様の名を汚さぬように」という言葉で
「父が死のうと誰が死のうと涙を流すものではない。人の悪口も言わない。つらいことはじっと我慢する「」と猛勉強をなさったそうですが
ある時にご友人から
「和子さん鬼みたい」と言われたそうです
夢中になって鬼が憑いたんでしょうか?
18歳で洗礼を受けられたそうです。終戦後間もなくだったようです。


             渡辺錠太郎  渡辺錠太郎陸軍大将

             渡辺錠太郎さんと一緒に寝ていた和子さんは
             「お母さんのところに行きなさい」と部屋を出されましたが  玄関で騒ぎが起きており戻ってしまった。
             父は娘を座卓の陰に隠した。
             
             そして血の海の中の父親の惨殺されるのを見ていた。


普通は 戦後50年たっても父を殺害した人たちを許せませんね。
妻たちの二・二六事件』を書き、2・26事件を長年取材してきた作家の澤地久枝さんに促されて追悼式に伺ったようです。
澤地さんってそんな力があったんですね。驚きましたし 興味も持ちました。
そしてそこで出会った安田中尉の弟さんとの交流がはじまりました。
彼はシスター渡辺から赦しを学んだといいます。
人を許す時、許した人は自由になり、解放されます。人を許す時、その人は未来を創造的に切りひらいてゆくことができる。という教義があるようです。


             渡辺和子

             懸命に生き抜き 人の支えとなった娘と父は天上で再会したのだろうか?
             リベラル派の父の名に恥じない 母の願いも。

なかなか至れる境地ではないと思えます。
和子さんは2016年に他界されてます。
私の知ってるカトリックは こういう方が理想なのでした。


他者に対して
他者に対して  かもしれない様な 根拠のないことで中傷し攻撃し辱めを与え 
果ては 現政府全体が公私混同が蔓延してるというような 突然の飛躍の論理を吐かないものだった。
何例も政府と官僚の 公私混同の実例、 裏付けのある明らかな 実例を彼女の口から 挙げてもらわないと納得がいかない。
そうでなければ 大言壮語というより 偽証になる。 
個人的には卑怯な言い回しだと思う、こうであると区切ってかもしれないと小声で、、こういうやり口をする人間を信じない。
かもしれないや 見た目でとか感じ方とかは 国会で許されないことだ。妄想は侮辱になる。


           
          11分30秒ぐらいから わちゃわちゃになって、そして、、早口、後ろめたい?
          安倍政権に蔓延している 官僚にまでと。
          カトリック雪ノ下教会に所属と記載してある。
          一般には デリケートな話は 目を見て 穏やかに話すものだ。宗教家でなくとも。

聖パウロ修道会の教育と ノートルダム修養会の教育の違いだろうか?
それとも渡辺さんが学んだ 双葉の教育のたまものなのだろうか?
全く違うものを見ている。

体現したことは再体現しやすい。
こんな風に少女たちが つきあげられたのだろうか?
弱い者いじめの手法で 相手を熟視できす、、それこそが 心の疚しさではないのか?
本当に赦しの宗教の中にいる人だろうか?



           受胎告知 ダヴィンチ部分

             ダヴィンチの受胎告知の部分 白百合は純潔を示している。
             穏やかに進められないものでしょうか?

             一人ひとりをかけがえのない存在として大切にするが 学校のモットー
             大切にされた子供は他人を あげあしざまにはしないそうだが、、


九段で屈託なく駅を走ってる少女たち。みる目が違いそうになる。
末は 他者をないがしろにする大人になるんだろうか?と 世間はそうみるものだ。
貴女は 何々をしたでしょう 疑われるようなことをしたのは同じ事 あなたの仲間もです!とかいう論理で教育するんだろうか?
それともその後の社会で習得したんだろうか?
それは学校選びの母親やご家庭にとっては由々しい問題なのだ。

「まぁご立派ねぇ 末には早稲田先生のように おなりになりそう。」なんて皮肉が言われる世界も知ってる。
オフリミットする。それも大人げなさすぎ。
わけのわからないおばちゃんの論理 
とてもよくできた方が (o^―^o)ニコ~~と笑顔で、
「白百合を出てらっしゃるような方とは とてもおつきあいできませんことよ」 滅多になく 女の世界があった。
長年のなぜ??のバックを見るようだわ。(;^ω^) 


          
         映画226 予告

まあ まあ そんなことも覚えつつ 激動の昭和初期の二つのクーデターへ走った若者のことでも思い出してみましょう。
なぜ?彼らが クーデターに走ったのか?その時代背景を覚えましょ。
そして、その後の事件関係者や 兵士や家族の歩み、昭和という激動を駆け抜けて 平成の世まで 
たった4日間の 内戦が 今も影響をすることも。

人々が丁寧に 誠実に 懸命に自分であることに誇りを持って生きぬいたことも。
今から80年も前の世からずっと。

新しい元号が始まって 令和は 和せしむ。高潔な思想が完遂されますようにと願います。

すべてを飲み込んで 万物すべからく 年月を経て死はやってくるのだ。
麗しく
和 せしむ 


にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/2476-2eee3d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR