FC2ブログ

Entries

赤と黒 Le Rouge et le Noir NO2

赤と黒 Le Rouge et le Noir NO2



にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


           
            ランスへの旅  黄金の百合咲く宿の一部 通しですと3時間のオペラ
            食いしん坊君のお話しの中では 「黄金の花咲く百合」になってます。
            年金をいただいちゃったロッシーニは音楽はやめて趣味の美食の世界へ、ww
            ロッシーニは食べるために、美味しいものを食べるために 彼のエネルギーと 才能を使ったんです
            ガストロノミ―には 古代ローマのapikiusuなど スケールの大きな食いしん坊君などがおりますね。




           シャルル10世の聖別式

          シャルル10世の聖別式 



このメニューのポイントはロッシーニとシャトーブリアン。
この時代を生きた二人の成功者の生涯を思い浮かべつつお料理は進みます。
黒文字は食いしん坊君の依頼のお頼りの抜粋です。
Menu cardには12月初頭の日付 12月は暮れにもうかがわせていただいて
大忙しのクリスマスを挟んで 創作をしていただいてたんですねえ。今更ながら有難いです。



Menu 「赤と黒」

ナポレオンが破れて後 フランスには再びブルボン家が返り咲いて王政復古の時代が訪れます。
ルイ18世、シャルル10世と続いたこの時代は、ガストロノミ―が 一つの文化としても認められた華やかな時代でしたが、
他方では スタンダールの「赤と黒(赤は軍人、 黒は聖職者)」に代表される様に 
立身出世に翻弄された時代でもありました。



       Amuse
       タスマニアサーモン サロマ帆立 紫ウニ 2種のキャビアのマリネ


          秋の宝箱

          帆立のキャビアの一種は自家製でしょう。華やかな幕開けです。
          






前菜 :皮付きジャガイモを



           ルイ18世 フランス王 ナバラ王  ルイ18世


           ルイ18世 フランス国王 ナバラ国王 ヴォルテールが愛読書 ウィーン会議では 正統主義を唱えてる。
           おデブちゃんですねぇ~ 美味しいものを たんと 召し上がってらしたのでしょう。
           タレーランの人物評は手厳しく
           ルイ18世はおよそこの世で知る限り、きわめつきの嘘つきである。
           1814年以来、。……私がルイ18世に見たものは、   
           いつも エゴイズム、鈍感、享楽家、恩知らず、といったところだ。……
           まあ 日本にも生息してる 出来損ないの おばちゃんというかんじかも。

           そのタレーランは曲者で かのナポレオン1世に 「絹の靴下の中の糞」と評された。
           言われるだけのことしたし、、
           フランス人のエスプリに ドン引き。子供みたいにねぇ。
           彼らは辛らつな批評家だけど、行動はそれなり。 
           タレーランのウィーン会議の結末の手腕たるや国宝ものだ。




  ルイ18世の時に行われた議会は、ナポレオン時代の反動からか 超王党派と呼ばれる議員で占められることになり
ルイ18世をして「またと見出しがたい議会( La Chambre Entrouvable))と呼ばれる異様なものでした。
これに関する料理はないか?と探してはみましたが、  直接これを表す様なモノはなかったのですが
ただ”部屋”の所に 「pomme de terre en robe dec hambre」という 皮付きジャガイモを指す言葉があったので、
これはまた面白い揶揄だなと思い、是非とも皮付きのジャガイモで一品お願いできたらと思います。
(タレーラン曰くして「何ものも忘れず、何ものも学ばず」というのは、
 この冷所で保存されていたジャガイモの様だとの比喩なのだと思います)
 


           Hors d'oeuvre
           ポムラテ ”アッシュ パルマンティエ” 



          曾村譲司 赤と黒 アッシュパルマンティエ

           Hachis parmentier はフランスのママンの味 家庭料理の代位表的なグラタンです。お肉とジャガイモ。
           日本のおふくろの味も 肉じゃが、なんとなく温かみがありますでしょ。
           どちらも国民食なのかもね。
           ※ポムラテはフランスから取り寄せた 皮もいただけるジャガイモ。すごいでしょ。( *´艸`)




前菜: potage d' Artois



           シャルル10世 フランス国王 ナバラ国王、  復古王政で極端な反動政治 七月革命に至る。

            シャルル10世 フランス王 ナバラ王 アンドラ大公 お兄さんはルイ16世
            comtes d'Artois, コント・ダルトワ または アルトワ伯爵ですね。
            革命時は ロンドンに亡命してた ハンサムでスポーツマン。
            マリーアントワネットとは仲のいい義姉義弟だったらしい。
            彼は唯一フランス国土に墓がない国王。7月革命後はスコットランドのホリールード宮殿 プラハ城など転居した。
            今はイタリア領のゲルツという保養地で コレラにかかって死亡。
           お墓はゲルツ郊外の聖マリア受胎協会に葬られてる王です。

ルイ18世の後を継いで国王になったシャルル10世(アルトワ伯)の名前を付けた料理。
「ポタージュ ダルトワ :野菜をさいの目とセ浮き身とした白いんげん豆のポタージュ」


            Soup
            ポタージュ ダルトワ


          赤と黒 クロッシュ
          
            もう~~~それは、、あ~~ 幸せだった。wwこれでは説明にならないけど。
            白いんげんは 和菓子でも 煮豆でも 美味しくて、お豆のスープ 
            冠がはいってた。w 
            輝きはアボガドオイル



           曾村譲司 赤と黒 ポタージュ ダルトワ

            そうそう、春が来たらすぐにサンジェルマンのスープ。覚えてらして?
           手芒餡はどことなく上品で好きなんです。 たい焼きの中にも入ってたりもするし 銀座かの子のも好きだった。
           ベルサイユ宮殿生まれの かっちょいい貴公子 超回顧主義で バランスの悪い治世。
           おすましな 白いんげんは ちょっとにあってるかも。
           



           曾村譲司赤と黒 ポタージュダルトワ 2

           ちらしたら また新しい風景
           上品で家庭的な 温かみを感じました
           王冠はジャンボンクリュ (生ハム)♥ゴージャス。





前菜:マカロニロッシーニ風
  王政復古時代の成功者の例として ロッシーニ。
彼はシャルル10世の戴冠を祝した 「黄金の花咲く百合」を作曲し、 
「ウィリアムテル」の作曲でブルボン朝から終身年金を支給されるようになり  30代の若さで年金生活者となりました。
元々はイタリア出身のロッシーニはマカロニにも煩く
アレクサンドルディユマとも マカロニを巡って仲たがいをするぐらいだったそうなので、
色々と ロッシーニの名前を冠する料理はありますが、若き日のロッシーニということでマカロニをお願いいたします。



          poisson
           玄界灘 "アラ” マカロニ  ロッシーニ風



    曾村譲司 赤と黒 クエ クロッシュ1  クロッシュ曾村譲司 赤と黒 カネロニ 

          クロッシュの中 覗いて、、説明を伺って ますますそうぞうして 胸がいっぱいになる。
          否が応でも 期待が盛り上がって、、




          曾村譲司 赤と黒 ロッシーニの魚料理

          顕現!感嘆!!



         曾村譲司赤と黒 クエ断面
     
          カネロニの断面はこのような あ~~
          これがフランス料理のクエ 刺身と鍋だけでないの、、っおっほっほっほでした。

          今年もアラをいただきました。地方によってはクエ。大きなお魚でしたね。
          九州場所の時には一斉に品切れになるという なかなか入手困難なお魚。
          地方のお大尽の心意気を感じるエピソードです。


お魚料理出ロッシーニが登場して今週はここまででご勘弁。
来週に シャトーブリアンが登場できる予定。
なかなか筆が進みません。





          三銃士

          三銃士より


大事な時間で。
食いしん坊君も うんうんうなってメニューをひねってると思いますし 受けて曾村さんも 創作に励まれます。
二人には現実に仕事があって、そのほかに この時間が生まれ出てるのです。
どっちも夢中で 見えないところでしのぎ合ってる。穏やかで友好な仲間だけど、静かに 切磋琢磨
こんなスピードで普通はできないことをなさってるので
せめて書き残そうとは思ったものの追い付きません。
これは趣味の世界。情熱と情熱がせめぎ合って 魂が滾ってそして愉快でおおらかで楽しみの世界。
そして 食事がすむと消えてゆくのは茶会とおなじ。
同様に ものすごく楽しい 感性も 頭も舌も 胃袋も 全開です。


関わった人々だけの心の中に残る世界なんですが、、
茶会記のように、ちょびっと面影を残したいと思ってるんです。
全然へたくそですが、お付き合いください。

私は、新しいフランス料理が 帝都から発する息吹を感じています。
メニューは盗まれたり お門違いの理解をされたり 能力不足で下品になったりんも ちゃんと知ってる。
それでも 力をつけて 人まねでないオリジナリティーのある そして 
何よりも お客様思いの料理人が 後を追いかけてきてほしいと思ったりもしてます。

先輩たちがフランスの凍てつくような寒さの中 人種差別にも合いながらへこたれずにやってきてくださったことが
活かされている世界です。

簡単にできたとかできるとか 自分がやったとか 縁者が誰だとかという 能力がない若者に、
 舐めるなよ!私のほうが食べてきた!と言おうかと思ったりします。関わりたくない。
一寸ね、頭でっかちで 値段ばかり一流の Menu見ただけで気持ちが悪くなるような 不自然な
そういう お客をなめてるのか?病気?みたいな 出来損ないが はばったいことするので、、
恥を知れ!とおもったりします。



      ルイ16世 シャルル10世  シャルル10世と妹
       
            ルイ16世と シャルル10世  そしてシャルル10世と妹
           無垢な幼年期のように夢中で遊びます


ただ、ただ、、夢中
真摯にメニューを作りを 真摯に創作し 真摯に頂く 
夢中で 喜び 遊びます。

赤と黒後編 次週頑張ってみますね。
書けるかな? 大丈夫かなって いつも思うんです。💦

追伸
其れで見つけました。ヴァレンタインのカップル限定コース お得で  センスがいいコースでした。
誘われたい、、、まあいっか 
お値段にびっくり
そして 私の知ってる曾村さんでないソムちゃんがTVに、彼はもっと楚々としてると思ったんですが???
TVないので見れないけど、、なんか違う( 一一)ww
2/10(月)21:00〜
BS-TBS「吉田類の酒場放浪記」 写真が うぇ~~~NN
何かおかしすぎる~~wwwwwwwwwwww愉しかったのかもね ( *´艸`)



にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m



           
hobohoboさんとの会話から音楽はロッシーニの 12歳のソナタ 
明るい陽光に感謝するような 喜ばしい気持ちになりますね。

           
            Rossini - Sonata № 1 for strings G-dur


ピカソの9歳の作品  ル ピカドール
バランス 見る人の魂をゆらす少年の作品

            ピカソ9歳

コメント

[C38683]

おはようございます!
いつもコメント&応援ありがとうございます!
肉の偏食で成人病のデパートのような状態ですが、美味しく楽しくやっています!
まだ現役ですので、今も通勤途上デス!
今後ともよろしくお願いします!
  • 2020-02-07 06:38
  • 肉の御仁
  • URL
  • 編集

[C38684] 肉の御仁さん

光栄です!
すごい美味しそうな テールを手に入れられたり まけたと思いました。

https://nikunogojin.net/blog-entry-1468.html

ご家族でお料理、幸せが満ちる食卓。
作り方も丁寧で 今回の焼き豚は一度やってみたいです。
同じようにして仙台のタン屋さんがお弁当してましたYO
https://nikunogojin.net/blog-entry-1469.html#e1469
参考になる方も多いかとおもいます。
頑張って記事上げてくださいね♪

日本の食!お父さんんも頑張ってます!
是非ご覧くださいませ。

  • 2020-02-07 07:15
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C38685]

ロッシーニでクエとは意外な展開でした。
クエの断面、凄みすら感じます…

若き日のロッシーニはほんまもんの天才でした。
↓ 12歳の作品
https://youtu.be/qbVBv08F0mc
  • 2020-02-07 09:29
  • hobohobo
  • URL
  • 編集

[C38686] hobohoboさん🍜🐱🎶

ロッシーニって12歳ですでに自在に表現できる方法をしってたのね。
こんなのを作る12歳の少年って、まさに神の恩寵 神童だわね。
彼らしい 光を感じたりする。
愉しんで、大らかなところが既に、、性格なんでしょうね。
ドラマチィックでもあって 物語ってる。イタリア人、、、w
スキップしたくなるわ。そして、、

そして!稀代の食いしん坊!!!かわゆい、、けど
したたかでもある、
人生の目的がはっきりしてるのが素晴らしいというか。

フォアグラとトリュフが大好きで 食べることに妥協なしというか、夢中。
料理が船から落ちたって泣いまかろにちゃうし、、そこまでエネルギー費やしてたんですものね。

もう3回目きいてる、、w
いいお宅に育って 才能を開花させて 権力に売り込んで
お金にしたww
人生の目的を知ってtか、w
ピカソの歳ですでに自在に表現できる方法をしってたのね。
ピカソの9歳の時の ルピカドールもちゃんとバランスが取れてて
神童がそのまんま熟成して 本当のやりたい放題ww
才能をお金に換えられるところまでいかないとならないのね人生って、、

つづくにはりつけさせてくださいね。
  • 2020-02-07 14:17
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C38687] こんにちは(^-^)

ルイ18世 ヽ('(∞)'*)ブヒッ(='(∞)')/
料理が美味しくて美味しくて
こうなっちゃったんでしょうねw

ロッシーニ風と言うとお肉の方を想像しちゃいました
魚でしかもクエがこんな風になるとは(゜o゜)
鍋の王様クエもビックリしたでしょうねw

前編でこのボリューム
後編、シャトーブリアンが楽しみです(=ω=)ヘヘヘ

[C38688] coconut punchさん🍊🍆🍅🐟🏇

ルイ18世見たときに、フランス語と中国語が簡単にできちゃったひとをおもいだした、、
今年は足がだめで 会えないと思うけど。

あ!○○!!と、彼にあった時どこかで見たことがあるっておもったけど
話さないと、だったの。

曾村さんて こういうの作っちゃうのよ。
猫も杓子も フォアグラと トリュフを言う頭の中で
どっきんどっきんしちゃう。

才能を(ないけど)お金に換えたら やはり三昧したくなるのよね人って、
ルイになっちゃうwwwwwwwwww

お金に変えないと、、打線しちゃった。お料理と音楽と
相場中だったwwwwwwwwwww
頑張るわ。

  • 2020-02-07 14:50
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C38689]

フレンチで高級魚クエですか。
大相撲九州場所の頃、本場福岡のクエはみな、
関取の胃袋に収まってしまうという、
あの美味しい高級魚。
肉厚なので食べ応えありそう。
美味しそうですけど、お勘定が気になるので
自分ならオーダーするのをためらって
しまうでしょう。

[C38690] こんばんわグルメも楽しみましたね!

グルメ日記でしたね☆
楽しく美味しく頂いておりました

これからの寒いシーズンは熱々の美味しいのもベリーグッドてしたよ!!

私は本日会合でフランスをいただいてきますよー
もちろんブログ記事にアップしますね☆


ではこれから美味しく楽しんできまーす♪


  • 2020-02-07 17:24
  • がちょー
  • URL
  • 編集

[C38691] yuji さん ✒📚

これ曾村さんのチョイスよ。
有難い、今年も大きなのをご用意なさったんでしょう。
クエはおいしいですねぇ~。

写真見てても またもう 今でも頂きたくなるんです。
今夜はお弁当と 茶わん蒸しと 山芋なんです。
冷蔵庫も備蓄も底ついて 明日はマガモがやってくるんですけど、、。

セリが、、セリは家主の腕の見せ所なんですよ。
  • 2020-02-07 17:32
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C38692] がちょーさん🎯🔫

北陸のフランス料理 

私ね、どうも北陸のものって大きいばかり 名ばかりで観光地になたのか?茫洋としてかさ上げてるようなお菓子も干菓子も
以前取り寄せてたものはそれはお見事だったのに。

ある時に北陸のシェフのフランス料理をいただいて
水を感じるって なるほどそこに水面を感じたんです。
同じ方が師匠でも全然違う。

干菓子なんて歴然なのよ。
お写真 よろしくお願いいたしますね。
  • 2020-02-07 17:40
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C38693]

hippopon さん

こんばんは
なんて 上品で華麗な料理たちでしょう、
美味しいの約束されてます、
至高のひと時、素敵ですね ♪
  • 2020-02-07 18:30
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C38694] しろさん(⋈◍>◡<◍)。✧♡

曾村さんはヨーロッパの上流階級にお出しした人だから 華麗ですよね。
鳥肌が立つようなエレガントなお皿があったり 力強いのがあったり。
アフリカの方とも(^u^)交流してますでしょ。
勿論イスタンブールも知ってるとおもうし 安心できるんです。

これは王政復古のときで ユルトラの頃も含めてのお料理。
時代を映すのが難しいと思うのですが いいでしょ。
納得しながらお料理が進んで。
  • 2020-02-07 21:25
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C38695]

幸せな時間でしたね。
  • 2020-02-07 22:20
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C38696] こんばんは

とても美味しそうです。
ごくり・・。

[C38697] ジュリアリューシュさん(*^▽^*)💐

病院とアタゴールだけ
タクシーに乗って足ひきづって またピョコタンになって
とにかくここだけ。ww

今Menucardみたら11月でした。まだ歩けなような時だったんです。
  • 2020-02-07 22:35
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C38698] ichan さん🏠

今 麹を戻してるんです。
戻しながら、白いんげん買おうかしらとかおもってました。
ひと手間 自分でもと。
お豆のスープ 肌がつるつるしますものね。
そして 玄界灘のアラです。
笑顔、、えがお、でした。(o^―^o)ニコ
  • 2020-02-07 22:43
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C38704]

ポタージュに浮かぶ島のように見えましたが、
王冠に見立てているのですね。
豆のポタージュに生ハム、今度真似してみようかしら♪
クエのカネロニ、上品なお味なんでしょうね(*´▽`*)
これが前菜だなんて~~~。
  • 2020-02-08 17:46
  • pil
  • URL
  • 編集

[C38706] pil さん🍄(*^▽^*)🌲

キブロン??
腰抜けのシャルルwwwww
クエは 魚料理になったんです。

さっき起きたのにもう眠い、、休みの日なのでの~~んびり、
もう何もしないわ。
お鍋は切って並べるだけだもの、ww
  • 2020-02-08 18:24
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/2452-fa00fd5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR