FC2ブログ

Entries

円覚寺の紅葉

円覚寺の紅葉 

         
尿酸排出メニューは お買い物に出てませんのでお休みします

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


          
          円覚寺の紅葉


ブログのご訪問中にあまりに美しい楓の紅葉を拝見いたしました。
Walkingを 始めたころ 誰もいない グリンベルトをよく歩いていました。後にはそこは痴漢や浮浪者がいる道らしくて
森の住人の住処を知ってしまったり、カラスに追いかけられた狸とも カラスともぶつかりそうになったり
夜の月明かりがあまりにも美しくて出てゆくのですが 危ないと 友人に叱られたりといろいろあったけれど、

森の小道のようなところで 習ったばかりの呼吸法を汗ばんで 毒っ気がなくなった体ですると、
大気が体をめぐるようでした。
忘れてた。
2時間15キロ歩いてた頃です。面白いというより夢中でした。
歩くことも 呼吸法も そう、、何かに出会いたかった。
確信してました。何かが変化して何かに出会うと。それには自分が六根清浄みたいに歩くのが今なすべきことと。
月あかりで さざ波だった船溜まり 
真っ暗な大きな木々の道 
お寺やお宮、どんどんあるいて、、


          図等伯楓

          国宝 楓図 部分  長谷川等伯 


いつもの小道秋口に ふと立ち止まって 林の呼吸を感じてると 
傍の楓が 緑色 黄色 真っ赤と 一枝なのに変化してる最中で 神秘をかんじました。
目に焼き付いて忘れられません。
その時に
生命は変化し、錦秋を迎えて散り 冬に至ることを一瞬で思いました。
錦秋の頃、燃えるような秋を迎えられるんだろうか??とふとおもいました。人生はあっという間。夢の如くなんだろうなと、
そのころは 生きてるけれども そうは楽しくもなく死ぬまで 単調な日常か、、と思ったりしてました。
むなしく朽ちるのかと、、雨の日に落ちた汚らしい枯葉の様だとか思ったりもしました。

葉っぱの先に生命力を残してそれは美しい楓を見たときに
だからこそ 精一杯に燃焼かと。
漠然と 立ち尽くしてました。


           応挙 雪松図屏風
     
          円山応挙 雪松図屏風 部分 

珍しく雪が降った時、松林を見たくて 長靴で歩き回りました。
等伯の松や 応挙の松が現実の世界で感じられたり 屈原や白楽天とも遊んだ。
嫦娥の哀しみを思ったりした。
散歩は 一人だから楽しかった。

その後いろんな人と出会って そのたびに観察した。
ダメな人ほど攻撃的で できる人ほど謙虚なことも知った。
天はともにいるように  つらい時に友を与えてくれ、 つらい時が和らぐと
私にひどいことをした人は悉く 人生のなかで、罰せられてた。 勿論それは他者全体に傍若無人だったから起きたことだろう。
 
季節が移り替わって 帝都では高邁なお弟子君達とも楽しかった。
穏やかなご飯づくりも好きだ。
そして 円覚寺の紅葉の写真をみて、、またきっと何かが起こると思えてならなくなった。
すっかり 鎌倉五山のことは忘れていて 来年は また感じたいと思いました。

何が待ってるのだろうか?清廉潔白なにも恐れることはない。
天命に誰もあらがえない。

くしくも横浜で初雪だった。もう冬が始まっていた。


            雪が降りだしそうな空

              カーテンを開けると、雲が広がって真っ白く雪が降りだしそうな空だった。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

コメント

[C37702]

hippopon さん

こんばんは
円覚寺 懐かしいな
http://zilyufuku.blog33.fc2.com/blog-entry-376.html
そんな 思い出 アリ (^_-)-☆
  • 2019-12-10 00:10
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C37703] しろさん(⋈◍>◡<◍)。✧♡

鎌倉は横浜から近くて遠くて 逗子マリーナに部屋があったので
歩いたり 瞑想したり、幸せな頃の思い出がいっぱいで
今まで行きたくなかったの。
でも、紅葉を見たら心臓を撃ち抜かれるような気分になって。
さっきもね、佐賀のお寺の楓がい一葉一葉浮き立ってるお写真。昨日は会津の温泉の、、と皆さまにいやされて、、

そう、しろさんも 歩いたんだ、、私も明月院もずっとあるいて、、あるいて、、してたわ。
夢窓疎石の庭は 建長寺 本覚寺?にも。たしか。
こけ寺も天竜寺もそうよね。

またゆっくりした時間を持てそうな気分がします。
体温、さっき一度6度になったのww
今年は最後まで我慢辛抱、健康留意、健康留意になっちゃったわ。
来年、見る!!(・∀・)ウン!!


  • 2019-12-10 01:16
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37704]

来年からもう少し自遊な時間を作り出したいと思ってる今日この頃です。紅葉ももっと見たかったな~
  • 2019-12-10 05:19
  • 自遊自足
  • URL
  • 編集

[C37705] 自遊自足さん🍴🚘

🍁🍂ほんと! 
ブログの写真はすごく素敵なのが多くて 
紅葉した楓が敷き摘まれた道があったり。

誰かと手をつないでず~~と歩きたい。
そんな気持ちにもなったの。

とりあえず家主に、来年は鎌倉五山の紅葉久しぶりに、、と申し上げて、、
いけばいいじゃない、、って。🍁🍂(*'▽') 
お暇もらっていってくるわ♬ めげない、、んだ。

  • 2019-12-10 05:25
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37706] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C37707] 37706さん

まあ、あんまりなことで 
百万石の伊達藩は 豊かで 誰でもご馳走したそうで 
確か 大久保彦左衛門??あたりが
黙ってあいさつに行けと家臣をむけたら、ご馳走をして
お土産持たせてかえしたらしい。

施餓鬼はするが タカリはしない。
東北の勇。
恥を知れ! なめてるのか!小僧!と思ったの。

南部藩では楢山佐渡が 
伊達藩では但木 土佐 坂時秀の命が 藩を守ったことになる。
どのぐらい 上に立つということが重責か!
心得違い。
ふわふわとして!ということで、、wwwww

普通の街の女にこんなこと書かれたのよ、しっかりせねば
末代までの恥。
失礼しちゃうわよ。石巻の名前が汚れる。
私、笹かま3日食べ続けてるのよ。東北愛!(・∀・)ウン!!
  • 2019-12-10 10:12
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37708]

円覚寺の紅葉、キレイですね。
鎌倉も紅葉シーズンになると
見応えがありそうなところです。
立ち寄りスポットが目白押しですからね。
いつか時間のあるときに
紅葉散策でもできたら……なんて
思ってしまいました。

[C37709] yuji さん ✒📚

すっかり鎌倉五山の紅葉狩りを忘れてました。
錦秋を愉しむのにいいお散歩道。
ゆっくり散策したいですね。
私、来年、足治していってきます。
  • 2019-12-10 12:58
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37710] 紅葉も拝見しましたー

円覚寺の紅葉拝見しましたよー
綺麗で紅葉は真っ盛りでありました。

こちら新潟は紅葉も終わり雪のシーズンでもありました また来年も綺麗な紅葉を拝見することにしましようか♪

  • 2019-12-10 15:34
  • がちょー
  • URL
  • 編集

[C37711] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C37712] がちょー さん🎯🔫

そういえば、あの紅葉狩りの記事随分前でしたよね。
秋が早いというか、冬がながいんですねぇ。
円覚寺は鎌倉で 11月の末ごろのお話でした。

鎌倉の存在をすっかり 忘れちゃって。




  • 2019-12-10 16:58
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37713] 37711さん

まぁ、大きな🎄クリスマスップレゼントww
成果の実り🍎🍎🍎ですよ。
ゆっくり、誠実に、、、ますます忙しく、、w(o^―^o)ニコ
  • 2019-12-10 17:05
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37714] こんばんは

今年の紅葉は もうおしまいでしょうね
これから 冬の始まり
また それも 楽しみです

[C37715] みかんさん(*^▽^*)🍊🐈🐕

そうですね。⛄🎄🎍👹
今年は大嫌いな冬を愉しまなくちゃね。
一月半ばから春までハワイにいきた~~い。🌴
お金稼げるようになって コンドミニアム確保しなくちゃ、、

  • 2019-12-10 20:12
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37716] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C37717] 37716さん

来年は鎌倉五山。
一人でも行けるし、、wwそういったら家主が鎌倉山のお食事、
高~~いの、ww見ていて、、
頑張って、お仕えしますよ~~~ぅと思ったりもして 
奮発でふかひれ開けました。早いか、、ww

銀座、、昔よりグレードアップしてたでしょ。
格差社会になってゆくのを感じますし 中国マネーのことも。
マナーが悪くて 御化粧室 不愉快。

銀座三越のラデュレにもまだ行ってないの。眺めよさげでしょ。
そうなの、頭弱い人ほどやっかみはひどいww
考えられないほど勉強してこなかったのね。
それで押し通しちゃうし。

革命して彼らが頭の弱い日本を作るんだわ。もう嫌になる。
声ばかり大きくてひどい目にあった、育った世界になかったような薄汚さ。

礼節はない!育ちにないから。
女のほうがひどくて ほんと 些末で嫌だわ。
気持ち悪くなっちゃうのね。
ありがとう、、友!❥(*^▽^*)


  • 2019-12-10 20:27
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37718] こんばんは

今年は残念ながら、まともな紅葉を
拝めませんでした。
来年こそはと思っています。

[C37719] ichan

私はそちらへ一泊どまりで紅葉を見に行ったことがありますよ♬
滝もすばらしくて、、
サルが出て ちょびっと怖かった、、ww
  • 2019-12-10 21:34
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37720]

生きていれば、何かが起きます。
それが、良いことでありますように。
  • 2019-12-10 21:48
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C37721]

こんばんは♪
先日はコメント頂きありがとうございました
北鎌倉 円覚寺の紅葉動画拝見しました
あまりの凄さに圧倒されました^^
  • 2019-12-10 22:32
  • なべ
  • URL
  • 編集

[C37722] ジュリアルーシュさん👸✨

時ってあって、今はこもらなくちゃならない時で
これから落ち着いてゆっくり、、

いいことがあるのかしら?もうこれ以上の厄介は嫌だわ。
  • 2019-12-10 22:38
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37723] なべさん

もう一度行って玉子湯みてきました。
いいところ、、いろいろな方の紅葉を拝見してて 埋もれてしまう
お風呂にも入って、、ってなんという贅沢なと思います。

まずは鎌倉五山。そして一泊ぐらいでお出かけしたいです。
今年は歩けないのでひときわ紅葉が胸に迫ってきました。
ありがとうございます。

  • 2019-12-10 22:45
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37724]

日本の紅葉の風景は、世界に誇れる美しさ🍁
娘も感動したようでした。
1年を通して、四季折々の美しさを見せてくれる樹々、
葉を落とし、枝だけになった姿にも、力強い美しさがありますね。
  • 2019-12-10 23:07
  • pil
  • URL
  • 編集

[C37725] pilさん🍄🌳🌳(o^―^o)

桜も楓も美しいですよね。久しぶりにお写真で、あ、、こんあにうつくしかったのか、、と
鎌倉五山の紅葉はありふれた風景だったけど。
身に染みるんでした。

お嬢様も 強い印象を持たれたのかもしれませんね。
  • 2019-12-11 00:21
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C37726]

人間、何のために生きてるんだろうね。
生まれてきたから?
でも普段はこんなことは考えない。
生きるのに一喜一憂。
ホント、生きるって大変なこと。
なんてことを言いながら人生の終盤だよ。
結局、答えは無いのかもね。
それとも見つけられないだけかな。
こんなことを考えること自体が無意味で無益か。
  • 2019-12-11 15:16
  • ミドリノマッキー
  • URL
  • 編集

[C37727] ミドリノマッキーさん🎨

私の大叔父は臨済の官長選挙で辞退をしたような高僧で
ちゃんと覚えてるのは 人間は死ぬということ。
だから十分に愉しみこと。と。

命題は受け止めて まっすぐ進めばいいんだろうとその時に思ったんでした。5つとか7つとかよりまえだとおもうの。

構えなんじゃないかしら?
ダメな人はいい年しても当然社会から覚えるべきこともできてないし。
人間は平等に生まれて生まれた日から努力が始まってると思うわ。
それができないくせに 文句ばかり言ってるグズタリンが多すぎ。
もう気持ち悪くなっちゃうの。
幸福である、、そう思える暮らしは何の やましいこともない。
それで正解では?

  • 2019-12-11 15:56
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/2403-e745ce1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR