FC2ブログ

Entries

Menu Casino    Consommé MonteーCarlo  A ta guele

Menu Casino 
Consommé MonteーCarlo
A ta guele

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m



           
            2019年5月のモナコグランプリ 


食いしん坊君のお便り 
以前から食べてみたいものの一つに「カジノ(casino)」と言うお菓子がありました。
どうやら古典菓子の1つの様ですが、ホテルオークラの製菓技術を高めたアンドレルコントと言う人が作っていたようで
その面白いデザインからとても興味を持ちました。
そんな「カジノ」に沿って色々食べてみたいものを並べてみました。

           アンドレルコント  André Lecomte, 1932年 - 1999年





Menu Casino
Amuse



          スープチューリン

           スープチューリンの中から、、サービスして頂きました。
           Amuseは 津軽の大きなムール貝でした。白ワインでなく ベルギーの白ビールで蒸してありました。
           セロリ ですよ。
           とても大きくて 上等でした。
           もしか、、下北大間のクロダイヤと同じ海域???8月から秋冬にかけての、、アレ。




          Menu Casino Amuse ムール貝白ビール蒸

           ムール貝を挟むの素敵な器具は ベルギーからだったか???素敵ですよ。
  




Hors d'oeuvre  
(1)Consommé MonteーCarlo  コンソメモンテカルロ
カジノを 調べていたらモナコのカジノが出てきたので興味を持ちました。
料理名でもあるようなので 尚更どんなものかと。
特にミュシャとの関係は関連は意識せず。

にんじんと蕪の輪切りトリュフのスライスを 浮き身としたコンソメ。


此処でミュシャとの関係と言うのは、アルフォンス・マリア・ミュシャの事で、 アールヌーボーを代表するグラフィックデザイナー。
チェコの人ですがフランスで活躍しました。
モナコのホテル モンテカルロノポスターを描いてます。



             モナコ モンテカルロホテルのポスター ミュシャ    ホテル モンテカルロの ミュシャのポスター


華やかな時代の雰囲気が感じられるポスターですね。
クロッシェが 運ばれて高鳴りが一段と華やいで そして、こんなにも美しかったのです。
心は浮き立つようでした。



            Menyu Casino  コンソメモンテカルロ アタゴール 1  


     menu.jpg     Menu Casino コンソメモンテカルロ 3

           クロッシュ よくよく見たら キラッとなにか、胸は漣立ちます。
           そして近づくと
           クロッシュの海の泡のような陰影が光をとおして なお怪しげ 儚げがあまりに美しく 一頻り 見入ってしまいました。


クロッシュを開けると、ルーレットが回って 回って そこへ球が入って、、そういう瞬間の煌めき。映ってますよね。
ルーレットはカジノの女王と言われるそうです。
ルーレットは小さな輪と言う意味だそうです。色合いもドキドキしますでしょ



      Menyu Casino  コンソメモンテカルロ アタゴール 4jpg     Menyu Casino  コンソメモンテカルロ アタゴール 5


           カジノチップが ドミノのように並んで 金を産む。
           幸運 金運のおめでたい意匠



そして コンソメが注がれて ふわ~~~と 金箔が浮き上がってくるその瞬間はたとえようもない感動で
天使が眠りから覚めて 羽ばたくその一瞬とはこういうものかと思わせる。
コンソメにはエストラゴンビネガーガはいってました。
         
美味しい 愉しい わくわくする そして時を捉えたような作品。
同じ場所なのにきらんきらん 煌めいて 心高ぶる 刻を忘れられません。
頓に印象の強い作品でした。


       Menyu Casino  コンソメモンテカルロ アタゴール 6jpg

           Consommé Monte Carlo  曾村譲司作品 
           幸運の女神が 目覚めるその時を眺めてるような 幸福な時を忘れえない。



ヨーロッパの王侯はフランス語も出来て 美味しいものもお好きで 賭け事も スピードも。
人間が働かなくて済むような高度な地球になったら 人々は何をして暮らすのでしょう?
賭け事のわくわくさ?
旅行三昧?
生産的な 前進が止まるのでしょうか?

夢の空間を創るために人は働く。手ごたえのある人生。休息に予測する楽しさで遊ぶかもしれないけれど



           モンテカルロホテル

           宮殿を利用したベルエポックの雰囲気のホテル
           モンテカルロホテル モナコ
 
            
世間からみたら、コンソメ1つの事だけど、、
満足感でいっぱいになる  刻の共有。

Menuを組み立てるまで 随分温めて お便りをして お願いをして、
メートル君と 素材などの話も打ち合わせていよいよOKを頂いて 
その時から シェフは何を考えてるだろう?と食いしん坊君は 五感で感じてる。
よくご存じですねなんて言われることも多いほど。他のレストランのメニューから 素材のことなどもはかる。
それは ミステリーを解くような日々で、頭の中の想像は満杯になってるご様子。
喜びをもって、夢中に。

予定をそこに合わせて集い、どっきどっきで 食卓を囲む幸せ。
私も勉強して及ばすながら花を添える。デブリンだけど 背中をちょびっと見せたり、着物をとりだしたり。
皆がそれぞれに楽しんで この一皿を賞味するのだ。
それは日々 現実の場所で頑張って 誠実に暮らしているから 一層に愉しい。
忘れてならないスタッフのありがたみ。
料理に対する敬愛があって シェフのお皿がそのまま運ばれて 
華やぎの中で饗されるサービスの技能もまた大事なことを忘れてはならない。



           Menu Casino コンソメモンテカルロ 7jpg

           羨望のコンソメ 感嘆の声があがった品々の中でも秀逸な作品 アップ!
           世界広しと言えど 料理の出来栄えだけでなく この喜びを享受できることは 羨望に値する。
           密やかで 秘めやかな喜びの一皿。

横浜は サリワイルが 日本にフランス料理を伝えた土地柄。
 フランス料理と言う資源をどうして 活かせないんだろう?
 本国より 美味しいフランス料理が日本にあったという 株主総会での社長の言葉。
 そこにビジネスチャンスは在るのに

 世界中から人を呼びこむ気概ある料理人はいるはずだ!

 はっきり言って お金かき集めても 菅も 林も 横浜市役所幹部も うまいもんくったことがない!んだろ!ばっかったれ!
 所詮は 貧乏人の仕事ぶりだ!
 私、詐欺にあったようで すごく怒ってるみたいだわ。

 しがない居候、、吠えてみました、、ワン!!!!

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


コメント

[C35909]

コンソメを注ぐと金箔が
浮かんでくるところがニクいこと。
オシャレな演出で、特別な空間で
いただく特別な料理という印象が
強く伝わってきます。
ムール貝も大きくて食べ応えがありますね。

[C35911]

ムール貝用のトングがあるんですね。
知りませんでした。
そして、白ワインではなく白ビール蒸しですか。
ますますムール貝が食べたくなりました(*^-^*)

浮かび上がる金箔とトリュフ。
なんてゴージャスな一皿なんでしょう♡
  • 2019-08-30 04:27
  • pil
  • URL
  • 編集

[C35913] yuji さん ✒📚

これ 特別なの。(^▽^)/
結婚式や クリスマスに 華やかでしょうね。
お雑煮でやったら熱さと蒸気でくるくるまるまっちゃって。
よく まあとおもって、、

津軽のムール貝、それは大きくておおいしかったですよ。
グランドメニューにもあったと思うけど、、
そして今度はグランドメニューから 珍しい鶏なの。
トウモロコシで太らせた黄色い鶏よ。
  • 2019-08-30 07:08
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C35914] pil さん🍄(*^▽^*)🌲🌼

こんな小さい物でもトングと言うのですね。
なんというのかと思ってたところなんです。

私はムール貝は貝殻で挟んでいただくと教えてもらってたので
最初飾りかと思ってつかわなかったの。
フランスからもNZからも、やってくるし アイルランドのはみがしまってるというけど
この津軽、今までの中で一番おいしかったかも。
あんまり好きでないんだけどおいしかた!!!!産地見たらいいのかも。
でもスーパーではそうもいかないし、、
ベルギーはビール蒸しなのねブリュッセルはこれらしい、、

そちらでは量り売りや たらいみたいに大きな器からいただくようですね。
街でも見るようになると思うけど、、これいただいちゃったら、
ちょっと手が出ないかも。

ちかじかは プ―レ ノワールがお気に入りだったけど
またしても 初めての プーレ ジョンヌ。
そちらなら手に入りやすそう。

  • 2019-08-30 07:21
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C35915] こんにちは

魅せる料理 何かと 驚きですね
美味しく 召し上がる料理は 栄養+‘@が
体の隅々まで いきわたるんでしょうね

[C35916] みかんさん(*^▽^*)🍊

もう本当に、わっくわjっく どっきどっき
フワ~~~と浮き上がる 金箔が瑞雲の様でもあって、
これはおめでたに絶対いいですよ♪

幸せだったです。
そして、体が整って いいですよ♪ 滋味って体がととのうことだとおもって。
  • 2019-08-30 11:31
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C35918] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C35919] 35918さん

ドスンと置いたり振り回したり。笑っちゃうけどあるのよ。
ウェイトレスがお客様と同じような格好してフロアー。
甘やかせてて  オーナーと何かある人ねww
もうほんとうんざりだったわ。

かの食文化は同じことを食いしん坊君がおっしゃってて
なるほど食は文化なんだとおもったの。
どちらも生活に なくなって10年ぐらいかも。困らないし、、

権謀術策のフランス料理は いただく方も作る方も遊べる。
伸びしろがあるというか、、技術の研究が凄かったんだろうと思うの。
単調な美味しいもダイレクトで好きよ。ウナギみたいに。
でも、こういうアレンジはうわべだけではだめで
Consomméがちゃんとしてないとならない、、そういうことなんだrと思うの。

東京も雨もよう。
頭痛でおきたり、季節が変わってゆくのを感じてます。

  • 2019-08-30 17:41
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C35920]

hippopon さん

こんばんは
魚介類好きなんにムール貝は
食ったことないなぁ
調理に生唾ゴックンとなりました。
金箔入りのコンソメ ゴージャスなこと
金箔の量 多くない? ♪
  • 2019-08-30 18:32
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C35921] しろ さん(∩´∀`)∩🐟

日本のムール貝は一体に美味しくなかった。
チェーンのパエリアなんか 干からびちゃって,お印だけ。
好きでないのは 初期のひどさがあってで、
今はいくらでもカナダからなども、、輸入してますよ。

これ抜群に美味しかったですよ♪
金箔、、お腹に、、、お肌つやんつやん(;'∀')V
  • 2019-08-30 19:20
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C35922] こんばんは

とても美味しそうです。
味覚だけでなく視覚的にもが大切なようですね。

[C35923]

めでも楽しめる料理はいいですね。
  • 2019-08-30 21:37
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C35925] ichan さん🏠


一番大事なのは思想。
一貫性のないメニューを 並べ立ててさも今風とかいって
飲み屋の突き出しみたいなのでレストランといってたり、
結構な経歴??のシェフが恥ずかしい限り。

このConsomméは よかった。ホテルのダブルConsomméもホテルのより 数段よかった。
そこもシェフが交代したようなのでちょっと面白くなってるけど。

そして 
時を掴まえてる 流れもお客様のドキドキとした気持ちも。
もちろん特殊で 70回にも及ぶ 通いもあったのだけど、、
作り上げられてゆくんですね。
拝見し、体験し、私はどれだけ 幸福か。
其れもまた時をへた 贈り物なんです。
もちろん お互いがそうなんでしょうね。
導入には私もメートル君も スタッフの 繋ぎの努力はあったけど、、
今バランスをとりながら 丁度一年ぐらいが 頓に充実・
願っていたことがどんどん形になってゆくんです。

夢を見てるような気分。
  • 2019-08-31 02:47
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C35926] ジュリアルーシュさん👸✨

御茶の点前とおなじで 食卓までの行程も楽しみ
また食卓でも愉しみ;

このConsommé 美味しかったですし、、襲色目のように丁寧な時が 素晴らしいのです。

ドスンとワンプレートの犬の餌ではないです。
フランス外交のねちっこさと アメリカの力任せ外交のちがい。

どちらが後まで残るか??
まさに 食は文化 政経を体現しますね。


日本のフランス料理は、、そう、+なのよ。

  • 2019-08-31 02:58
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/2300-0230e4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR