FC2ブログ

Entries

李鴻章のおご馳走

李鴻章のおご馳走




にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


           
            ホロビッツの英雄1983年 80歳 
            壊れたと言われても演奏してる 最晩年でもある。
            専属の調律師と 身の回りのスタッフ  専属の料理人を連れ演奏旅行の日々。
            私の80歳はどんなだろう??
            それを思うとゆるせるのか??笑顔が子供みたい。





李鴻章
日清戦争の後、下関条約の締結時に 中国側の全権大使。



           李鴻章 李鴻章


政治家  将軍  宰相。
彼は 日清戦争の後の下関条約に名前が出てきて教科書にも 写真が載ってたんじゃないかしら?
今になってみると 彼の評価の一つに  
彼は都市伝説の秘密結社に入ってた人で かのロスチャイルド系の人だった。
そして中国を売ったとまででてくる。
確かに 末流にはアイリーン・チャン(作家)などがいる。



            キヌア チャプスイ

          キヌアのチャプスイ  
          白湯に生姜を摺り入れて キヌア 胡瓜 トマト 青ネギ タケノコ 海老


よもやだったのは、彼は世界一周旅行もしてるような外交の人でもあって、
アメリカに行った時に あんまりご飯がまずいので 連れて行った料理人 3名に銘じて それらをごった煮にして
「ちゃぷすい」にしたそうだった。

家主の夜食にキヌアの雑炊をつくったら、そのお話をしてくださって。
石のスープみたいなお話だとちょっとおかしかったです。
調べると
八宝菜の様なものを「ちゃぷすい」というようで、片栗粉でとろみをつけるようなものらしかったのでした。

お金持ちになったらなにがしたいか?
有名な料理人と毎日バトルでご飯を美味しく。
まさにホロビッツも専属の料理人を連れて歩いたようだけど、、中国の宰相はすごい。
しかも英語はべらべらだったらしい。

          清の国旗  清の国旗




何故?大国 清は滅んだか??
アヘンによる社会モラルの破壊と 外国に懐柔された要人のためとも。
今の日本は??
日本人による政治に戻してほしいのですが、、
私、とりあえず 電化製品も 焼肉も、キムチも食べませんし。
新品なのに 洗濯をする前にけば立ってしまう洋服も買いません。(🎁された)
しかし合一をみいだせない 国際的な決め事の破棄や 数字の改ざんなど嫌ですね。



           アヘン戦争

            中国へ違法に持ち込むアヘン 燃やされても当然とおもいますが、、。
            賠償金請求 武力行使。  
            弱腰の外交で、中国の国庫からお金が出てゆく。心ある人々がなくなり 国が衰退する。



先ず外国人が政府に入り込む、売国奴を増やし屋台骨を根こそぎにする
社会には アヘンなど不道徳なものを流布して 頭の弱い愚民を増やし、、煽られやすい大衆を暴徒化させる。
占領後は 経済的に組みふしたあとは、奴隷にいいほどの能力があればいい。
優秀な民族は怖い 
政府機関など 主要なところに一人でも入れて、採用部門を抑えてしまい、優柔な階層には仕事をやらず殲滅。
国際機関での隣国の長が同じ手法で「無能」、「縁故主義」、「私物化」など社会通念を翻して
かなりの顰蹙総長でしたが 彼は大統領選に出ませんでしたね。
縁故主義での その後の修復が大変そう。
かの国の人を 国際社会に起用すると何が起こるかという実験的な試みだったのかも。
半島は消えるのかもね。



          アヘン戦争

            アヘン戦争。インドで作らせて中国で売る そしていちゃもんつけて戦争し
            植民地にする。そこには愚民の暴徒化が革命という旗をもって、略奪を革命や、維新と言う名に替えて、
            尊敬出来ない時代のイギリス

            日本の場合も 薩英戦争 生麦事件ときっかけで、、ところが駐留される様な 植民地にはならなかった。
            戦後、アメリカの植民地になってる  我々は景気が良くなったと経済成長を喜び
            作り上げた財産を子供の手をひねるように 
            バブル経済などもへて、駐留しないで取り上げられた。 

            経済も文化もかの国の利益のために働いてる。
            金融ビッグバンなど危ういことを解放させて、大型倒産があり、民族的な企業が相当になくなった。
            それはゆるそう。

            だが、再び人の命を差し出せという戦争にはノ~を言いたい。。


国を持たない石工の集団の怨念と言うフリーメイソン。
ユダヤ系財閥すら 外に出てる ほんのつかいぱしりというけど、
ほんとかしら??

とあれ、ロスチャイルドと 李鴻章の書簡があるらしいし、
彼の中体西用 外国に弱腰が清をほろぼしたともいうけど、、。
金貸しとしてのロスチャイルドは 下関講和の賠償金で日本に産業でなく武器をかわせ儲ける死の商人。
中国には李鴻章を通じて炭鉱開発など事業に乗り出してる。
チャイナパイはうまかったろう。

李鴻章は密約でロシアと結び、日本を敵国にする外交もやってのけてる。
李鴻章自身。下関の講和中に  
おっちょこちょいのテロリスト 戦後まで生きていた小山によって ピストルでうたれ傷を負った遭難事件がある。
愚民が煽られて 煽動されての暴挙、このテロリストは生涯 正業には就かなかったようである。
目立ちたい、英雄的な行為をしていたい、後がない馬鹿者だ。
日清戦争はなかなか雄弁に今に警鐘を鳴らしてると思います。


李鴻章が 英雄なのか? 売国奴なのか?
その後の三国干渉も ご用心、ご用心。
「ちゃぷすい」でも召し上がりながらどうぞ、、
アメリカ人の食のセンスが 昔からだめだったのかとおもうと、、ちょっとねえ。
お雑炊をいただきながら 夜は更けて お話が何よりものおご馳走でした。



ホロビッツ40歳のころ 1945年
同じく英雄


            

時代を超えて 選別されるのが英雄であり 
また。歴史は真実を 見せる。

国家が盗まれようとっしてる時、後年どう映るのだろうか?
コメントをとじますね。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/2123-6ee9a802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR