FC2ブログ

Entries

湯たんぽ行火を つくったYO⁉

湯たんぽ行火を つくったYO!


机下の湯たんぽ行火
10月半ば、グッと冷えたとき大慌てで湯たんぽが出ました。
今季用の 蜂蜜2.5kgのポリ容器もスタンバイしてましたので足元に入りました。
保温を高めるために今年はケースを作りたいと思ってました。



          湯たんぽ行火 保温箱

           端切れのアルミ箔で 保温箱を作る



ちょうどいい塩梅に 蜂蜜の容器が2つ入る段ボール箱があったので
昨年の 断熱シート(アルミ)の残りを突き合わせて箱に張りました。


          装着湯たんぽ行火 

           蜂蜜ポリ容器 2.5kgが2つ入りました。


それだけだと格好がつかないので
絨毯色に合わせてもこもこカバーを縫い直しました。
箱の上に掛けるのですが ゴムバンド付きにして 抑えてしまいます、
カバーは二つ作って洗い替えにしました。




          行火カバー裏側     
           湯たんぽ行火 カバー裏側



中々好調です。張り合わせて、また布もリサイクルで、 お湯は今のところ温かに保温されてます。
ひざ掛けをかけると机下炬燵のようで にんまり。
まだ机下は手が付けられてません、
目張りして本格的に保温ゾーンにしたいです。



           湯たんぽ行火カバー

           湯たんぽ行火装備完了!
           寒い日に 足がポッカポカk 冷えにくくなったと思われます。


尾てい骨が痛くて、歩けなかったので 工作ばかりしてまし
お湯は4Lちょっとぐらいだと思います。
中のお湯は、ぬるくなったらお風呂場へ、洗い物へ 植木にです。
昔の生活をしてたら、賢い祖先の倹約節約の知恵でコストダウンです。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m



コメント

[C31241] こんばんわ。

パチパチパチ。 火事ではありません。拍手です。
ブラボー、オイラにも作って送ってくだされー

[C31242]

これいいですね~ 足元がちょうどいい暖かさになりますよね。考えてみようかな~

[C31245] 遊助320さん📷🌸

やたら、消防車の音を聞くのよ。そちらも?
付け火して回ってる人があるみたいなの。日本人かしら?
仏像にもいろいろして回ってたらしいし。

これね、便利、出来れば箱が厚手がいいと思うわ。
両面テープで ポイントだけ貼り付けて しかもお菓子やチャーシューやが入ってるのをきって、継ぎ接ぎ。
安いキルティングのモコモコ敷きパッドが軽くてちょうどよく
膝からずっと足元まで、ばっちりなの。

炬燵の大仰さもないし。
家にいなくちゃならない時は工作ばかりよ。
  • 2018-10-31 11:23
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31246] 自遊自足さん

お湯の温かさって格別ですものね。
サーファーはお湯を入れたポリタンクを
キルティングのケースで車へ入れてあるようですよ。
ロングドライブに何かお役に立つかも。
  • 2018-10-31 11:27
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31247]

こんにちは!

DIYでの寒さ対策バッチリですね!(笑)
ぬるくなったお湯も再利用出来て一石二鳥!

北海道ではとうとう平地でも初積雪(汗)
明日から一度寒気が抜けるようですが、
またまた金食い虫の暖房が必要になりそうです(悲)
せめて灯油代下がって欲しいけど、逆に上がってるし・・・
では、また~
  • 2018-10-31 12:25
  • テツ(8641FS)
  • URL
  • 編集

[C31248] テツ(8641FS)さん🍻🍖🚗🚴

あ~、雪がとうとう降りましたか⛄
灯油代が大変そう。

此方は何とか 11月に ベランダで月見で焼きガニをと思ってるんです。
まだ10月中なのに初雪なんですものね。
辛抱強くこだわらない北海道の打たれ強さはは気候風土。
と言っても驚きます。


  • 2018-10-31 12:48
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31249]

蜂蜜2.5kgポリ容器湯たんぽ用の
収納ケースとカバー、うまく出来ました。
これでこの冬も温かく過ごせますね。
  • 2018-10-31 13:38
  • hotter
  • URL
  • 編集

[C31250] hotterさん

段ボールを2重にしたらもっと保温もっと丈夫だったかもしれません。

お金もかからず電気も使わず
災害など、イザとなったら火鉢にお湯沸かせばいいのですもの。
なかなか今のところいいですよ。
昨年の湯たんぽカバーを解いてこれにしました。
  • 2018-10-31 14:06
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31251] こんばんは

それ (・∀・)イイネ!!
何事も 賢く 倹約は 美徳なり♪
お湯を沸かすのが 面倒だけどね ^^;

[C31252]

hippopon さん

こんばんは
寒くなりつつ 暖房の準備
それにしても 良く工夫されてるなぁ
エコにもなるし、感心しました♪
  • 2018-10-31 18:37
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C31253] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C31254] みかんさん(*^▽^*)🍊

蜜柑さんい褒められると ちゃんと暮らして残せそうな気になります!(`・ω・´)ゞ

ありがとうございます。
朝に一本だけ作って入れたらまだ温かです。
アルミ箔、優れものですね。

ここはホテルと同じで、蛇口から熱湯が出てくるんです。
就業前にセットです!(*^-^*)
  • 2018-10-31 19:15
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31255] しろさん(⋈◍>◡<◍)。✧♡

思ったよりいいような気がします。
うんと寒い日を越さないと 何とも言いようがないのですが。

今日は壁紙を貼りなおし、菓子器に箔を貼るのもやって。
お買物は2度。
ゼロゼロしながら頑張ってますよ♪

  • 2018-10-31 19:21
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31257] 31253さん

大丈夫??
私は尾てい骨が響くように痛くて 
バンテリンとうとう塗ってみたの。(*ノωノ)、恥ずかしい(^-^;
そうしたら軽減。
あ、そうなんだと、塗りまくってます。

脚が冷えないと、腰にもいい様です。
坐骨神経痛ではないかというので、
来週治らなかったら病院行ってきます。

昨年より保温力アップとおもいます。
  • 2018-10-31 19:30
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31258]

使えるところは、使って、節約ですね。
  • 2018-10-31 19:54
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C31259]

上手に作られましたね!
これがあれば、温かさもかなり持続しそうですね。
こちらも昨夜は、今シーズン初湯たんぽでした。
気持がよくて、座りながらウトウト。(笑)
風邪、お大事にしてくださいね。
  • 2018-10-31 20:29
  • pil
  • URL
  • 編集

[C31260]

こんばんは

頭寒足熱の賢い暖房方法。
ヌクヌクグッズの進化系ですね。

[C31261]

これはいいアイデアですね。
断熱シートにカバーで、湯たんぽも
なかなか冷めないでしょう。
足元がじんわり温まって
気持ちよさそうです。

[C31262] ジュリアルーシュさん👸✨🌹

小学校の工作大好き。
妙な材料が思わずいい作品にと言うのが見てても作っても飽きなかった。

ケーキの入ってたのや、明太子のはいってたのもアルミの、、ww
それで間に合うのでラッキーと思いました。
箱は宅配のWW

うちにあるものばかりよ。wwなかなか達者でございました。
  • 2018-10-31 20:53
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31263] pil さん🍄

今東京は14度。
ぜんぜん寒くない。もちろんエアコンもついてません。
朝 相場前に入れたっきりであったか。
アルミ箔、お薦め保温今までより優れてると思います。

脚だけあたたかいと平気なものですね。
これからどうか???ですけど。

湯たんぽケース解いて、上カバーになりました。
風邪はゼロゼロ喘息みたいな風邪が流行ってるようです。
苦しい時もあるけど、割にいい方なんだろうとおもいます。

  • 2018-10-31 20:58
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31264] ichan さん🏠

まさに 頭寒足熱なの!!
私の一人 机お炬よ♪
今日は調子いいです。まだあったかいですし。
  • 2018-10-31 21:01
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C31265] yuji さん ✒📚

そうなんです、、じんわり あったまるんです。
いいですよ~~。お薦めです。

机下にも目張りしてアルミシート貼って いざの時は
例の重すぎる20L ポリ缶して、おこたですよ~~。
イチロー君にもいいかも。
  • 2018-10-31 21:05
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/1981-6cbd24ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR