FC2ブログ

Entries

Le Voyage dans la Lune 月世界旅行

Le Voyage dans la Lune
月世界旅行 満月に寄せて
尿酸排出メニュー今夜はお休みです。


Le Voyage dans la Lune月世界旅行。
これは、 1902年明治35年映画 フランスのジョルジュ・メリエス (Georges Méliès)の作品です。


           
          Le Voyage dans la Lune 1902



モノクロ・サイレント映画でした。
カラー版はスペインで発見されて 再構成されたようです。
この復元は2011年におこなられて カンヌ映画祭で
フランスのドキュメンタリー映画『メリエスの素晴らしき映画魔術』として紹介されたようです。
ジョルジュ メリエスは 20世紀の魔術師といわれた 最初のプロの映画監督です。


少女期の 愛読書にはジューヌベルヌの全集があった。
その中の月世界旅行がモデルの映画で、 天文学者にメリエス自身も登場してます。
あれ??みたことあるでしょうか??


あらすじは
見てのとおりで、たわいのないものです。
天文学会の学者が月への探検旅行を発表し、
いざ、6人の学者は砲弾型ロケットで月へと飛びます。
月面探検では 雪が降り、巨大茸の洞窟の中に避難します。
月世界人と 戦いがあって、囚われに身になったり、月の王を倒したり。
やっと、乗ってきたロケットを発見。乗り込んで事なきを得ます。
地球にはww??
ロケット先端のロープを引っ張ってロケットを落とすのです。
ロケットは地球の海に落下。
無事生還し 盛大な祝事が行われましたとさ。



           

           ポンキッキ―のエンディング 和田アキ子さんの歌 さあ冒険だ
           大人になって、十分冒険してますか??


当時の体型や、衣装の布の質感まあ色々感じるところです。
メリエスは 戦争で大事なフィルムも失い 
妻と2人の子供の為にモンパルナスで おもちゃと飴を売るような落ちぶれも経験します。
そして再評価されてレジオンドヌール勲章も頂いてます。

昨日は中秋の名月25日は満月ですね。


       GeorgeMelies友よ笑え、私と笑ってくれ。私はあなた方の夢を見たのだから George Melies   1938年1月21日 享年76歳
 


澄み切った秋空に 冴え冴えの月を眺めつつ 宇宙への想いを広げてくださいませ。
100年前の映像、そして科学の進歩、人類は幸せを更進できたでしょうか?
夢 ありますか??
老若男女貴賤を問わず 疲れていても 夢を抱くことは 人類の 誰にでもできる優雅な行為です。
子供の時の夢。今抱く夢。ゆっくりと心の扉を開いて、、どっぷりとつかってください。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m



コメント

[C30589]

人が月に住めるようになるのはもう少し先のようですね。
月の裏側にはUFOの基地があるって都市伝説もありましたがそうなんでしょうね(´▽`*)

[C30590] おはようございます

科学の進歩によって あのおとぎ話や
宇宙人が待機してるとか 空想の世界が次々明かされ
夢打ち砕かれるような気がしますが
それとは反対に 新しい夢が膨らんできてるんでしょうね

[C30592]

おはようございます(・∀・)

月の石を 愛・地球博で見ました、
そこらの軽石に見えたんです 私( ´艸`)ここで云うてもうた、

今の私の夢は、?
何だろう・ちょっと考えるなぁ?

[C30602]

サイド3 グラナダは月の裏側w
UFOの基地があったら いろいろな事象の ∴証明せられたしになりますね。
天の岩船も ガラパゴスのモアイも ナスカの地上絵も ピラミッドも。
人類は時として邪悪で 決して清らかでないから
まだお迎えには来てもらえそうにないですね。

そんな中でも清く生きる、そういう人々が増えて行けば
大宇宙時代になるのかも。

  • 2018-09-25 08:59
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C30603] みかんさん(*^▽^*)🍊

みかんさん
月に棲む中国伝説の 嫦娥 輝夜はその月から
いずれも不老不死の永遠の命の持ち主。

二人とも地上に残した亡き 想い人をおもうようですよ。
青い地球に想いを。
切ない月と地球のお話ですね。

輝夜の帝は 貴女がいない地球に永らえても、、と
薬を富士に燃やさせた。不死身の富士。
愛の証の富士。
そういう国に生まれて幸せです。
  • 2018-09-25 09:06
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C30604] るんちゃま~~~~(=^・^=)

世は上げて 断捨離だとか 終活とか。
先日100歳で見事リハビリによって 介護なしになった方がいらっしゃいましたでしょ。

アクティブに生き抜いたらいいのだと思います。
子育てが終了し 定年になって あまりにも情けない気がします。
先人はそこから、またあたらしい人生を生きぬきます、

体力のことはあると思いますが、
自分からあきらめてゆくこともなし。
今までとはライフステージが替わる事で整理は必要でしょうけど。
無味乾燥な人生に突撃するのは
老人死を早めたい人の思惑のような気がします。

子供が介在しないと家庭ではないか?・
定年後の恋は不可能か??
もっとそいう言う生々しい方が日本は元気そう。

現実的には石ころの月の石。
軽石だらけの月より地球のほうが住みやすそうですよね。
邪悪な人類なら殲滅して。
彼等がもししたら、それだけの科学知識があって
いとも簡単にできそう。
それをしないでじっと監視??
それは人類に希望があるからではないでしょうか?
可能性がある。頑張らねば、、と思うのです。

夢 自分自身のために。しがらみがなくなったら そうできるはず。
  • 2018-09-25 09:15
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C30605] こんにちは(^-^)

まだ月面がどうなってるのか分からない頃、
イメージでは茸が生えてたり月の宇宙人がいたり、
夢があって面白いですね(*´ω`)

その後、人が実際に降り立った月はなんだかなって感じ。
子供の頃はもうちょっとワクワクする場所なら良かったのに
って思いました(^^ゞ

そんな月、昨日は曇りで見えなかったけど、今日はどうかな。
夜になったら外に出てみる事にします。
満月、見れるといいな(*^^*)

[C30606]

こんにちは!

少女期の 愛読書にはジューヌベルヌの全集を読んでたhippoponさんに比べて、
自分はコロコロコミックなんて口が裂けても言いたくない~(笑)
でも陰では文庫も好きで結構な量の小説を読んでたりします!

子供の頃に思い描いた壮大な夢には届かないかもしれないけど、
今も夢の実現に向けて楽しみながら進んでますよ~!(笑)
では、また~
  • 2018-09-25 18:46
  • テツ(8641FS)
  • URL
  • 編集

[C30607]

hippopon さん

こんばんは
月世界旅行も現実味がある時代になりました。
小惑星の物質を持って帰る時代、
宇宙のこと ますます楽しみですね ♪
  • 2018-09-25 18:49
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C30608] coconut punchさん

東京は雨が降ってたり曇ったり
夜景は紫色の空の下に建物の光が見えてすてきだけど、、
お月様は無理そうです。

不思議の国のアリスもきのこ、
茸の中には幻覚を誘うものもあるようなので
月へのワープに必要なものだったのかもね。

東洋的には
風吹不動天辺月 雪圧難摧澗底松

太陽と同じぐらい神々しい別世界だった。
  • 2018-09-25 19:13
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C30611] テツ(8641FS)さん🍻🍖🚗🚴

こんばんは

いろいろな全集があって
寝落ちするまで読んでいたのは今のスタイルと似てるかも。

パールバックの大地を呼んで読み切れないと思ったの、
あの時のショックはなかった。
量的にはいくらでもよんでたけど、、
終いに憂鬱になるのでやめたの、やめたの初めてだったわ。

地下都市の話も面白かった。空を作れる、、
でも、今地下街はそうよね。
原子力潜水艦も浮上しないで潜航できるし
中国の原子力潜水艦が一月に、尖閣に進入して
公海で浮上して国旗を掲げたのなんか不思議な出来事よね、
自衛隊の優秀さかもしれないけど。

現実のほうが、よほどSFみたいね。
  • 2018-09-25 19:24
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C30613] しろさん(⋈◍>◡<◍)。✧♡

月世界旅行もハワイ旅行と同じで当選する時代が来るかもね。
健康で長生きしましょ♪(*‘∀‘)

さて、ちょっとおそいけど少しお買い物してきます。
☁🌕☁⛆見えないけれど、、
お月見で 梅ゼリーを果物の中に沈めようかしら?
まあるい容器みつけないとww(*^-^*)

  • 2018-09-25 19:33
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C30614]

太古の昔から同じ月を見ているなんて、
ロマンですよね。
  • 2018-09-25 19:43
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C30615] ジュリアルーシュさん👸✨🌻

月の伝説は切ない優しいものが多くて
夜、月明りのもとで暮らしてた歴史のほうが長くて
蝋燭からランプそして電灯って最近なんですよね。
目が慣れないけど、月明かりの夕食も好きなんです。

この頃家主の仕事が遅くてなかなかそうはいかないんですが。
それに案外野外で楽しめる時期ってすくなくて。
  • 2018-09-25 19:59
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C30616]

人間って昔から宇宙への
憧れがあるんですね。
こんな昔のサイレント映画の時代に、
ロケットで月に行く映画があったとは……。
月から帰還する方法が、ロケットの先端を
ロープで引っ張って落とすというのは、
思いもつかないです。
発想力が豊かだ。

[C30617]

こんばんは

月の世界も表側だけしか見えていないので、
裏側の世界が気になりますね。
さらにさらに『りゅうぐう』の話題もあるので、
夢も壮大になるかもです。

[C30618] yuji さん ✒🐕

満月は見れなそうですね。
東京の空には星がないので月ばかり楽しんで
時折プラネタリウムにはいくのですが ねむちゃったいらいはいってません。
100年前にもこんな風に。
皆か此の人の映像なんですよね。
私もどこかにフィルム残しておこうかしら?

食生活になるけど、w

プラネタリウムもできる
ガンダムルームがある部屋のためにも
節約 餌場に出撃してきますね。
  • 2018-09-25 21:21
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C30619] ichan さん🏠

月の裏側には???
愉しみな謎ですね。
よい魂だけつれってってくださる阿弥陀様が雲で時折おりてらっしゃるのかも??

いろいろな想像が夢を掻き立てますね。
  • 2018-09-25 21:23
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/1940-d0480c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR