FC2ブログ

Entries

エクルヴィスを食す NO2 Menu Écrevisses

エクルヴィスを食す 
NO2  Menu Écrevisses


尿酸排出メニューはお休みします。(来週は木曜日にします。)
今週は、心行くまでフランス料理の時間を過ごしましたと言う記事です。
頑張り過ぎはストレスですので 好きなものを心行くまでの時を持ってきました。数値は良好です


宮中晩餐会でも演奏された八十日間世界一周

           

            東京フィルでどうぞ♪オバマさんの時もですよ。


特別な夜で お祝いでした。
アットホームで温かく迎え入れられました。冗談など話しながら始まり始まりです。
メニューカードは扉を開くと このように。



          エクルビス アタゴール メニューカード

           メニューカード Menu Écrevisses  
           オリジナルメニューですよ♪
  

左には今までにないフレンチレストランと記されており
それは 駅舎の様相だけではないです。
正統派のフランス料理のなかにオリエント急行にちなんで ユーラシアの各地の特色を加えてと説明があります。
曾村シェフの力量、 キャパシティーはなかなかで、
スパイスの使い方など、まさにそのようなのです。
今回はタイのトムヤンクンにも似た、そこまで強くなくて上品で芳醇で格調高いものなどあります。

今回はエクルヴィスと 焼きピロシキ そして、エカテリーナの威光を示すようなピスタチオのそのシュークリームをお願いしました。
さて、どのようになるのか??と日が迫るにつれて愉しみが増しました。アスピックで来るかしら?
ビスクはあるとおもうけど、温かい?それとも冷たい??と。
折しも雨がふって、ガラスの城の中は  水のなかのよう。湖の底での宴の様でした。



         阿寒湖エクルビス冷静ビスクスープ 曾村譲司作品

           阿寒湖エクルヴィス冷製ビスクスープ 曾村譲司 作品 (ビスクはあとで)





アミューズ  
阿寒湖エクルヴィスの冷静ビスクスープ
まずはアミューズ カクテルグラスのなかには 濃厚でなめらかなエクルビスの味噌が豊富に入っていました。

華やかでしょ。
爪の大きさにびっくりです。随分大きなエクルヴィスですね。


          ビスクスープを注ぐ アタゴール 

          カクテルの中に ビスクを注ぐ 
          夜の女王の微笑みのように魅惑的に 観客は惹きつけられます。



此処にビスクスープが注がれます。
バーテンダーが シェイクした作品のカクテルを 淑女の目の前で 注ぐ時のような あのタイミングです。
あのちょっとした興奮があります。うっとりです。
注がれてゆく刻は、突然に時間の流れが変わるようです。
テーブルでの完成は サービスの腕の見せ所 洗練のタイミングがご馳走になります。
ドキドキとして、混ざり合わさって 口に入る まったりとして 自分までもが とろけだすような瞬間を思い浮かべます。


          冷製ビスクスープ ちろり アタゴール

          飾りナフキンの上に ビスクスープ 次の時はもっとよく飾りナフキンを写しますね。


どうぞお好きにって,ちろりを置いて行ってくださいました。
冷え冷えのちろりは 透明でいっそう 涼しげでした。

曾村さんの料理は時として官能的だとおっしゃるのですが まさにそういうビスクでした。
ビスクは力仕事、エクルヴィスは味が強く大好き。
フランスでは高級食材、それがザリガニ君なんです。
宮中の国の威信をかけたお祝いのお料理にも饗応されてましたね。
クラシカルな食材。
たっぷりと豊かに使っていただきました。雑味なく 高貴な出来栄えでした。ありがたい事です。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

コメント

[C29015]

ちゃんとした環境で育てれば、食材としては魅力的なんでしょうが、日本では汚い水でも住めるアメリアザリガニってイメージがついてしまいましたよね。
あと寄生虫も問題になったり。
きれいな水でしっかりと管理して育てれば、ザリガニもウシガエルもアカミミガメも食材たり得たかもしれないですね。

[C29016] すぅ・ぷさん (*^▽^*)🍴🏃

おはようございます。
汚い水でもすめる、寄生虫というイメージ。
確かに 出所が大事なんでしょうね。

アカミミガメ、、、あ、ミドリガメのこと!天敵はいない。
あれって、食べれたんですか!
飼いきれなくて、神社の池にいっぱい。それですね。
鼈の代用食???あ~~。
生態系を乱す張本人くん。

世界的な人口問題、食糧問題、
日本は 人口が減って、まるで実験国家のような。
世界の飢えを救う??食材も余ってる??
  • 2018-06-26 08:38
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C29017]

こんにちは!

エクルヴィスの味噌が使われてるスープって、
想像しただけでも濃厚そうですね~!
といっても自分の想像って食経験のあるカニやエビくらいなんですが(笑)

有名シェフの手の込んだ食事の時間は、
非日常感があって楽しそう!(笑)
では、また~
  • 2018-06-26 12:35
  • テツ(8641FS)
  • URL
  • 編集

[C29018] テツ(8641FS)さん🍻🍖

それは美味しかったのです。
記事にして、読み返して、写真みて、、何度も何度も思い出して
あ~~~~、おいしかった、です。

子供のころ蟹みそは美味しくて 缶詰を大阪で見つけて感動して
でも今は、お寿司のも美味しくない。
何か妙な加工するからなんでしょうね。
これは今でもその瞬間を思い出します。

この前、余り状態は良くなかったけどかわ蟹をいただきました。
北海道産、うらやましい、
活きロブスターのスチームもおいしいけど、、
小ぶりでなかなかいけますよ。
もっと🍻のみが召し上がるといいのにと思いました。
  • 2018-06-26 13:45
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C29019] こんにちは(^-^)

ほぇ~~(゜o゜) これは確かに立派なハサミ。
ザリガニと言っても田んぼのアメリカザリガニとは別物ですね。

知らなかったら普通にロブスターだと思うかも。
レイクロブスターと言われるだけありますね。

ビスクも濃厚で美味しそう。
身も殻も丸ごと余すところなく使った一品。
どんな味なんだろ(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

一品目からこれ、次は・・・ メインは・・・
ワクワクですねq(^-^q)

[C29020] coconut punchさん

こんばんは、
まだ十分明るいけど。w
体だるくて、、お買い物はしないと!


大きなザリガニでしたよ。
爪ね、昨日の中華バイキングのカニ爪より全然よかった。当たり前だけど。ww

久しぶりに書いてみました、
写真は沢山あるのですが、なかなかご披露できずにいました。
最新の晩餐よ。
ビスクがぁ。どんどん進化してて、どうしよう、、という、
いがった、、(*^▽^*)なの。

近年フランスからビスクの缶詰とかもやってきてるけど
レトルトと本物の違い、
それで覚えないで、とおもう。
私、幸せだとおもうわ。

お金があっても 食せない、そういう分野なんだろうな。
もう、もう、、麗しい宴でしたよ。感謝、感謝よ。

我ら、ガンバ!!
  • 2018-06-26 17:56
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C29021]

hippopon さん

こんばんは
なんとも涼しげ
洒落たカクテルグラスに阿寒湖エクルヴィス
上品な雰囲気の中、味もまた格別でしょう ♪
  • 2018-06-26 18:46
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C29022] しろさん(⋈◍>◡<◍)。✧♡

此のコメント書いてくださる方の中で私としろさんとドイツのPILさんが
経験者だったのですね。
これがアミューズだなんて、ねぇ。でしょ。

東京は風が吹くと過ごしやすくて 蒸してます。
お買い物いっぱい体も痛んでてでも、歩かないと雨がきそう。
  • 2018-06-26 19:14
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C29023]

素敵な夜をお過ごしになりましたか?
特別な日は、ワクワクしますね。
  • 2018-06-26 20:15
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C29024]

阿寒湖って良質のザリガニが
獲れるのか、それとも養殖
しているかのどちらかなんですね。
それにしても立派な頭とハサミですが、
最初、早とちりをして、「阿寒湖」
という言葉を見ただけで条件反射的に、
料理の中にマリモを探してしまいました。
イカンイカン。

[C29025] ジュリアルーシュさん👸✨🌹

どんなにしてお料理なさるのかと、期待感でいっぱい。
わくわくしました。
  • 2018-06-26 22:15
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C29026] yuji さん ✒📚

阿寒湖のマリモに穴開けちゃうんですってよ。
困りますよね。
みんなでしっかりいただきましょ。ww
  • 2018-06-26 22:18
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/1852-44b4b85d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR