Entries

増上寺

増上寺

コンピューターがおかしくて、打ちきれません。
頑張ります!
お時間ください。


コメントも閉じます。ちょっと無理なのです。申し訳ありません。


          増上寺本殿 2   増上寺本殿


インドカレーの後は、少し御散歩でした。芝公園沿いに増上寺へ。
増上寺は将軍徳川家の菩提寺としてまた浄土宗教学の殿堂として発展してまいりました。
ここには六人の将軍が眠る徳川将軍家墓所があります。
二代秀忠、六代家宣、七代家継、九代家重 十二代家慶 十四代家茂、そして和宮も。

中に入るとその広さにびっくりします。もともと江戸時代には学堂が立ち並んでした。
傍のプリンスホテルも東京タワーも敷地であり、東京タワーの一部は墓地であった。
駅名になってる大門は増上寺の総門を指している。
罰当たりな都市計画 寛永寺墓地も公園等になった。


       神谷町 増上寺  プリンスホテル

         墓場を転用 東京タワー プリンスホテル


社稷
中国には社稷を崩すという言葉がある。
社稷とは、社と稷
社とは土地の神 稷とは穀物の神を指す。
中国の国家的な祭祀の中心。 
それを、象徴的に国家を意味する。
それを崩す、また天壇・地壇や宗廟も併せ、囲む森までも切り開いて崩してしまう事で
中国では国家が滅んだ、壊すことで国家を滅ぼしたとする。

維新で将軍家の墓暴きこそなかったが、増上寺、寛永寺の跡地を考えるといかがなものだろうか?
清水、上野彰義隊 会津戊辰戦争での遺体放置など、長州のやり方はあまりにもむごかった。
清水では次郎長が命をはって埋葬し、彰義隊は三ノ輪円通寺の住職の勇により茶毘に付された。

また、李氏朝鮮からの韓国の社稷檀は日本が占領中も壊されなかった。壊さなかったのだ。
日本人は武士の情けを知ってたのだったけど、、けど、、なんかな。


          増上寺本殿から大門を見る    芝大門  増上寺総門

とあれ、本殿からは空が広く広がって、誠に爽やかだった。
大門は大きくてまるで紫禁城にいるような妄想すらできた。
徳川幕府の力を知るお寺でもある。かつてお宝を拝見して グレードの違いに圧倒されました。
ご本尊は 阿弥陀如来・南無阿弥陀仏 心地よい香華のお焼香で、馥郁と周りをつつんでいました。

芝あたりでお時間のある方、お寺参りもまたいいですよ。
昔を想い、今の自分の立ち位置をおもい、未来に向けての覚悟ができるかもしれませんよ。
今増上寺は檀林を充実させる方向だそうです。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/1801-ca3f4ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR