Entries

ロワール産アスパラガス

ロワール産アスパラガス


ロワール産アスパラガス
アスパラガスはデパートの青果部で購入しても美味しくない。日本産ばかリ。
なぜか?水耕栽培の葉物同様に食べてる意味を感じられない。香りも味もなく形状だけ。
それでも春になると高いけどまず食卓には並べる。
虚しい年が過ぎて行ってた。

これなら昔食べた缶詰のほうが美味しかった。
セーラー服の頃  いまより豊富だったお小遣いで5缶ぐらい買って食べてしまった 夏休みを思い出したりした。
元街のユニオンで買ったと思うのでヨーロッパ製だったのかも知れなかった。
食事はがっくりすると 草臥れちゃうので 薦められてもレストランでも食さない。


今年、ロワール産のアスパラというので、アタゴールでいただいたら、美味しい!!もうお替りもので美味しかった。
「王道でございます!」と言われても口にしなかった。曾村さん今年はお任せにいれて、、
ありがとうございました!!(*- -)(*_ _)ペコリ



          アタゴール ロワール産アスパラ

          ロワール産 アスパラガス 違いの分かる方へ
          アタゴール


メニューの流れもあるので次にアスパラのスープをお願いしたのだけど、、
山にしていただきたかった。
それがこの前の新宿伊勢丹の大フランス祭で販売だったので、感激だった。





フランス展出店
ついでに 小腹満たしに蝦夷鹿のポアブラードソースを。あっという間の分量だったけど。
一応セロリもついてた。

このところ行ってない香味屋のソースっぽい感じだった。そこでアルバイトしてた方だった。
タンシチューがなくなって残念だった場所。
今調べたら、やってるようなので、アメリカのタンかも。それでもちょこっと 気持ちが動いたわ。
どちらかというと洋食屋さん。清潔な感じ、適度な空間が良かったわ。
ビュッフェの絵が飾ってあるような時代を彷彿させた。
洋食発祥の上野に近い。鶯谷からいったのだったのかも。
懐かしい味の老舗ですよ。
シェフが変わったようなのでお味はいかがでしょう?ますます興味。


         エゾシカ ポアブラード

          蝦夷鹿のポアブラードソース


このエゾシカは 値段相応だったといういいかたかも。焼きは別の方。
コンピューターの意見では 一緒盛りしてしまうビストロらしかった。納得。
浅草は洋食なのかもしれない。

本格派フレンチは隠れた場所 狭いけど、、中にいれてもらわないと。
そこは、すごい、すごいところまで行くのになかなか敷居は高い。
神がかりするフランス料理だ。かなりお金は持っていきましょ~~。
コアだからねぇ~~。ちゃんと落として常連になる!真摯にいただく!
誰にも教えない。それは自分で見つけるww
そしてちゃんとしたものをいただくには、足しげく通って信頼関係を築くことが大事ということを改めて 痛感します。


          伊勢丹フランス展

           伊勢丹 フランス展


フランス展はなかなか良くて、同系列の以前の銀座三越のレベルを抜いてた。段違いだったけど、
レストラン部門はちょっとなぁ~。
鹿の場所は 混んでたけど、そこはガラ空きで、大男が外股に足開いて入り口に群れて話に夢中で馬鹿笑いが鳴り響いてた。
真ん中がシェフだって。(なんでお前さんは厨房にいないの??逆に興味がわいた。)
チーマーが群れてるようで 誰も入れないし、誰も作ってほしいと思わないだろうな。
入口の笑顔がいい案内係はよかったけど、真っ赤になってた。商売人なら恥ずかしいもんねぇ~。
こなれたフランス通にはうけないでしょ。紳士淑女に育ってる人たちだもの、すでに通いなれた場所はある。
またそういうのにあこがれる人々。渡仏経験者。食いしん坊。
お客さまは 近頃の成り上がり プチなんたらとは違って、
子供のころからグレードが違う店にも出入りしてる方がたのはずでしょうから。
新興成金や雑誌記者の提唱に乗るような人なら、きゃ、、かっこいいかもしれないけど

まあ、近頃、ハンカな技量の中堅がえばってるこの業界、なんか変。
仏蘭西で切りものだけしてても修行しましたとか言って店出しちゃう。いくらもいる。
貸しスペースか?レストランかわからないようなところもある。何やなんだか、、。
学生だって、今どきフランスにいましたが 留学してました。になる嘘はないはず・
修行での大御所たちとの絶対服従のピラミッドは お客様に対する礼儀も教える。
何故か中堅は腰が高いww


大混雑、こみっ混みだったのに  がらんどうの大きなスペースにお客様の意志を感じ、また、バイヤーの安易さをみた。
しかし、販売部門なかなかだった。
ただし偏り過ぎて、範囲をもっと広げてほしかったな。もっとすごくなりそうだった。
話は変わりますが、これから元気な若いお客さまがいる伊勢丹に出撃しようかと思ったりしてます。
アスパラガスは ざわついてるゆえに嫌いだった町 新宿を再認識させました。
バイヤーは、雑誌読むんでなくて、自分の舌を信じて、、また業界を知らなくちゃ。


金看板
私なら 今遊んでるある人に三顧の礼でしたけど。
話題性 知名度 人当たりの柔らかさで行列だったろう。
ハンサムだしwwwwwwww だから蔭口やっかみで料理は顔ではできないといわれる。
彼は大衆の値段での満足も知ってる。
辛かった時 支店の あの人の料理で私はちょびっと癒された。
商売的にも うまかった。裏で どんな人が作ってるのか?興味があった。
まあ彼が本店にうつって、その後そこへ行ったら 膵臓病患者にだって出してはいけないもんが出てきた、バッカ野郎だった!
一生言ってやる!
お金とってもいけないし、人に出してはいけなかった。 ウェイターもひどかった。
おそかったし、ぬるっかったし 肝心の味がなかった、量も。
ウェイターが、食べ残しにお湯入れたのかと思ったほどひどかった。ファミレスのほうが数段上だった。
グランメゾンの看板に泥塗って!バカったれ!野放しにして、他店舗が迷惑する!
管理できない物は作らない。本業があるんだからいいでしょ。恥ずかしいわよ!みっともない!!
過去の栄光も迷惑するし、世間が迷惑をうけた。ガラガラだったし、、。

今どうなってるかも興味ない。

商売は 対価に見合う事の大事 そうでないと。などと 😁うっしっし。

チャンとコンソメが引ける場所が好き!一生忘れないスープはこの世にある!
求道の料理を 必死に食す。それが道ってもんで、なんでもそうだと思う。



アスパラっ♪

それで、アスパラは今多量に入ってきてるメキシコ産グリーンアスパラとこんな風に


           アスパラガス ロワール産

           上からちょびっとだけ 溶かしバターに マッシュルームとパセリ。
           チーズを溶かしても好き。オランデーズソースも。
           両者 違いが判りますでしょ( *´艸`) いっしょに食べるのはちょびっと辛かった。泣))))ww 


今 情報では、 築地には ランド産、ボルドー産 フィンランドからも!
デパ地下青果部ぅ~~~置きましょ~~!諭吉持って走り出すから、、wwwwww(*´▽`*)
是非、皆様もしっかりとしたレストランで、また通販ででも、土が違うアスパラをお試しください。
力作といえば、coconutpunchさんもバイオレットアスパラ挑戦中です。

旬に旬の素材で 旬なシェフに作ってもらう
これ以上の幸せはない。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


コメント

[C27816]

こちら四国でもアスパラ栽培してるんですけど
ロワール産など、海外勢には太刀打ちできないんでしょうね
一度、味わってみたいものです(^_^)v

[C27817] 植本多寿美さん 📷

これは凄かったの朝鮮人参のあの香りなのよ。
土壌が違うのかも。
フランスの蜂蜜を 有名なパテシエが輸入しててそれは
貝殻の地層らしいの。そこの木々の花々の蜂蜜だったの。

フランスは🚙でずっとだったけど農地が広がってて
あ~~~本当に農業国なんだなって思ったのです。
付加価値をうまくつけるけど
インチキもあって、かんづめさいしょはいいのよこすけど
評判の後は2級品平気で同じ値段で売るから要注意!なのよ。

土壌が日本は化学薬品で汚染でしょ。
有機農法、というか自然のままは大事そうです。
晴耕雨読、老荘思想がいいですよね。

昨日の今頃からなんだか落ち込んで
マカディミアナッツチョコレートの箱の3分の2たべちゃった。ww
四国は気候がいいので 是非農業頑張ってほしいです。
  • 2018-04-20 00:29
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C27818]

お替わりしたくなるアスパラガス、
山にしていただきたアスパラガスって、
まったく想像がつかないですね。
アスパラガスっていったら、そんなに
大量に食べるものではない(という印象がある)ので、
どれだけ美味しいんだろう? と思います。

あと、アスパラガスって昔は
生より缶詰で売っているのを見る方が
多かったような気がしますね。

[C27820]

私なんかでは普通に道の駅などで売っているグリーンアスパラでも美味しいと思ってしまいます(´▽`*)
でも、それほど味が違うとなれば、一度くらいは食べてみたいですね。
以前うちの庭で育てたときは、あまり太くならなかったので固かった思い出があります。

[C27822] yuji さん ✒📚

昔のアスパラの缶詰めはおいしかったでしょう?
太い瓶詰め(中が見える)も今は食指がうごかない。

食べ物全体が味気ないでしょ。
これはきたんですよ。
お行儀悪い事言えば、
曾村さんのサマートリュフのパリソワールはボールでも食したいもの。
  • 2018-04-20 09:33
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C27823] すぅ・ぷさん (*^▽^*)🍴🏃

おはようございます、
おもしろい名前のレストランですね。
ある紳士君が、きっとそこで、
そのことでジョーク言ってるだろうと想像して楽しかったです。
http://soupdekamori.blog111.fc2.com/blog-entry-5378.html

昨日は おなかも空いていたのか?
睡眠不足が一番の要因だったかもしれません。

気が付いたら、哀しくなって涙も。ちょっと体が作る鬱??
2年ぐらい前の冬にも経験してるので、温めて、、。

冷えてしまったのもあって(燃えないからだ、運動不足)
ハワイのマカディミアナッツ結構口に入れました。
アスパラガスはフランスでは精力が付くそうで、
アスパラもっと食べないといけない春かもww

お芋や生姜みたいな朝鮮人参では意味がない様に
土壌の問題があると思います。
坂東平野のアスパラはおいしいでしょう?
千葉駅でいただいたハムやウィンナを思い出します。

ただし、これは全く違うものというジャンルかも。
香りも 舌に残る名残の余韻も違うのです。
是非お試しを!

ところでお庭でアスパラって、発想が凄い!
考えたこともなかったわ。
それなら卓上でトマトもできる人なはずですよ。

  • 2018-04-20 09:57
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C27824]

hippopon さん

こんばんは
缶詰の ホワイトアスパラガスは食ったことあるんですけど。
ロワール産、味も格別なんでしょう、食ってみたい。

普通のは 我が家ニョキニョキでてますよ
それなり旬で美味しいです ♪
  • 2018-04-20 18:34
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C27825]

フランスに行ってきた気になりましたか?
アスバラは、家庭では出ないですね。
外食したときに食べるぐらいです。
  • 2018-04-20 19:50
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C27826] しろさん (*^-^*) 🍴

アスパラにょきにょきなんですか!( *´艸`)
それは幸せな生活ですね。
 
やはり 土づくりには気を使われるんでしょうね。
今日は、街路の花々が家よりも立派で、一寸有機肥料ではだめなのかとショックだったんです。
  • 2018-04-20 21:06
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C27827] ジュリアリューシュさん(*^▽^*)💐

アスパラはいただくんですけど、
白アスパラのこの味はなかなかなくて、
もう香り立って美味しかった。
凄く嬉しかったのです。余韻の口の中も心地よくて。

いい状態で温泉に浸ってるような気分でした。
  • 2018-04-20 21:09
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C27828] こんばんは(^-^)

ホワイトアスパラ、見るからに柔らくて
美味しそうですね~。
それに、メキシコ産と比べて太っ!(゜o゜)
どうやったらこんなに太いのが出来るのかなぁ・・・

美味しいホワイトアスパラ。
僕もいつか挑戦してみたいです。
夢は緑、白、紫の3色!!

紫アスパラのご紹介、ありがとうございます<(_ _)>
これ、ホントにビックリするほど甘くて美味しかったです。

今はまた新たに2本。
来年ぐらいからニョキニョキいっぱい生えるかな♪(=∀=)

[C27829] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C27831] coconut punchさん🍊🍆🍅🐟🏇

ホワイトアスパラ美味しかったですよ。
ワインも飛行機に乗せた時点で違うものになるというけど
土壌、水、気候、いろいろなことでこんなに違うのかとおもいました。
区別化が今後の農作物の方向性。

紫アスパラ美味しいですよね。見つけるとかいます。
それとはまた違うんです。
島根はおたね人参をするでしょ。
案外いけるかもね。
あの香りだもの。
  • 2018-04-21 03:29
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C27832] 27829さん

wwwwwww😊

これからよく寝て、起きたらwwもほっと。w
  • 2018-04-21 03:31
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/1784-aa7933a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR