FC2ブログ

Entries

お口直しは ダヴィッドの3枚の絵?   鳩の頸飾りメニュー 付記

お口直しは ダヴィッドの3枚の絵?  鳩の頸飾りメニュー 付記


有名なナポレオンのアルプス越えの絵です。
画家はジャック=ルイ・ダヴィッド。
この絵は幾つかあって、ナポレオンの功績をたたえる宣伝力になった。
彼のナポレオンの絵ばかりの展覧会で見て、非常に感動した。
手慣れた感じがびっくりだったけれど 同じ絵を5枚もかけるんですものね。

            アルプス越えのナポレオン     アルプス越えのナポレオン    ダヴィッド作




ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
ルーブルにある有名な  「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」もダヴィッド。



          ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

           ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠 部分 ルーブル美術館蔵

少女の頃の私は、ナポレオンが 多くの殺戮をしヨーロッパを荒らしまわり、
多くの血を流し国王を否定した革命の後 国王よりもひどい皇帝になって、
しかもフランス人はただ洗脳されたように 流されていったことも信じられなかった。
物取り殺戮者が勝手に新組織を作った、野盗の国じゃないと。

ナポレオンは 女たらしで  
ジョセフィーヌすら裏切ってマリア・ルイーザと結婚し、なお、人妻であるポーランド貴婦人マリア・ヴァレフスカ、
メイドで尻軽な愛人エレオノール・ドニュエルなどなど、子供作りまくって、、節操もない下半身もアナーキストだとおもった。
アナーキストという言葉は知らなかったけど、、ww

絵画教室で出会った男の子はこの絵が好きでやはり模写を何枚もしてた、、すごくうまかった、
英雄と、崇拝し絵を描く、彼を好きになれなかった。
しかもナポレオンが好きだったのは その父親で商売を広げるところだった。息子びいきで他が見えない。
子供心に、病的なものを感じてた。

          

サビニの女達の仲裁
絵画を見始めたころの強い印象はダヴィッドのナポレオンの戴冠式よりむしろ「サビニの女たち」だった。「サビニの女たちの仲裁」
母親になった乙女の強さ。
不本意な結婚と妊娠でも女は子供を育てる。そして愛する。
それがローマの礎になった。母親の魂の強さ。



           サビニの女たち        

            サビニの女達の仲裁


この絵はダヴィッドが ロベスピエールを支持したために収監された時に構想を作りました、
テーマは「愛は対立に勝る」という事だったそうです。
お話は、初期のローマ時代、
ローマは女性が少なく、子供を産む、しかも優秀な血統の女がほしかった。
サビニに目当てを付けて交渉するが 決裂。
ローマ人はサビニ人をだまし 大量の未婚女性を略奪し、誘拐婚をした。
サビニ人は奪回にかかる。
サビニ王ティトゥス・タティウスの娘 王女ヘルシリア。彼女はロームルスの妻にされた。
彼女は、乳飲み子を連れて夫と父の間に割りいった。その場面です。
ローマ人は奴隷でない、結婚として、サビニ人女性を大事にした。
その後 彼らは和解する。


          ロームスと レムス

          ロームルス (Romulus) とレムス (Remus) は、ローマの建国神話に登場する双子の兄弟


少女の私は腑におちなかった。
当時の 私なら、そんな奴らの寝首を掻いて自分も死んだろう。

探すと、ロームルスの殺し文句があった。
結婚すればその後の生活は安泰で、市民権や財産権を夫と共に持つ
そして何よりも大事なことは人間にとって無上の宝である子を持ち、自由な人の母になれるということだ (なんて勝手な言い分!)
どうか怒りを鎮めてもらいたい。
偶然によりその体を与えることになった相手に今度は心も与えてほしい。
不法の後、しばらくして和解が生まれることはしばしばある。
彼女らの故郷への思慕が埋め合わされるよう努力する


そしてローマの人口は増えた。
ローマ人は無理だわ、、なんて身勝手なの!
こんな奴をお父様です尊敬しなさいとは言えない!
まあその後のローマ帝国までの道のりを考えると ここでの人口が増えたことは大きな礎だけど..許せない。



マレンゴ
一枚目のナポレオン、本当はアルプス越えはロバだったらしい。
それほどアルプス越えは困難だった。
ハンニバルの象のアルプス越えの話は子供心に強烈で、もう一度読み直したいけど、、
ロバで超えて愛馬に乗ってる絵をかかせたナポレオンは一寸いただけない。
まあハンニバル以上の脅威を与えるための政治的な方便だったんだろうけど。


              

             気が向いた方は、おまけの勉強ww   コウエイのランペルールより 



此の葦毛は彼がエジプトから連れてきたアラブ馬で、本当によく乗ったらしい。
ナポレオンは、目立つ葦毛に乗った。
足が速く、弾丸が飛び交う中でも落ち着いていて、並外れた体力があったそうです。
丁度、アレクサンダー大王とブケパロスのように、ナポレオンとマレンゴは有名。
彼らは、アウステルリッツの戦い イェーナの戦い、ヴァグラムの戦い、ワーテルローの戦いと戦い抜いた。
ワーテルローは ベルギーのワーテルローで ナポレオン戦争最後の戦い。
勝利者は イギリス オランダ プロイセンの連合軍。

此の葦毛のマレンゴは戦勝品として(ナポレオンの馬)としてイギリスが獲った。
彼は種馬として活躍する。38才の高齢で亡くなった。馬としても数奇な運命
骨格が、イギリスの国立陸軍博物館にあるそうです。
最期まで戦勝品て展示されて、ちょっとかわいそう。お墓作ってあげればいいのに。
イギリス人らしい感じ。


        マレンゴの戦い

         アルプス越えの後フランス軍は 逆転の勝利  マレンゴの戦い 1800年6月14日


もちろんマレンゴの名前はマレンゴの戦いからつけられました。
イタリアのマレンゴの地での戦いは午前中にオーストリア軍は勝利を疑わず、
優勢でしたが アルプス越えをしたフランス援軍によって
午後からは互角の勝負。フランス軍が勝ちます。
マレンゴとナポレオンの絵はベルナール峠越えです。
あの有名な救助犬セントバーナード(イギリス読み)は 
既に2世紀頃にローマ帝国軍の軍用犬として 峠での遭難者が多いことで投入されたそうです。
サン・ベルナールというのが フランス読みで グラン サン ベルナール寺院から名前は取ったとも言います。



小笠原母島のシマレモンのシャーベット
鳩の首飾りのメニューのお口直しは
小笠原母島のシマレモンのシャーベットでした。
少しの甘味と酸い味が爽やかに広がって、いよいよメインに進みます。




          島レモンシャーベット  小笠原母島 シマレモンシャーベット

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


コメント

[C23908]

ナポレオンが乗った葦毛の馬、
戦利品としてイギリスに渡ったんですか。
しかも、骨格標本が博物館に展示されているなんて、
死してなお戦勝品扱いなんですね。
なんだか気の毒でしかないです。
本当にお墓に埋葬してあげればいいのに……。

なんか、やることがイギリスらしいです。
大英博物館に行くと、各国から勝手に
持って帰ってきた、あるいは奪ったもので
溢れかえっているみたいですし、
返して欲しいという要望は
聞かないみたいらしいですね。

[C23911] yuji さん ✒📚

私、アメリカ人や オランダなまりのイギリス人や、
イギリス留学のしたおばあちゃん先生やがいる学校で育ってたでしょ。
傍には聖公会の教会もあったし、
イギリス人は 時間を守る。
任務遂行がただとおもってって、
ロンドンで、、あ、、この国は盗人の国だったとおもったの。
北朝鮮ぐらい寒いんでしょ。荒野には、実がならない.
大英博物館にはもう一度行きたい、
中国の古い櫛をみて、帰国後つげの櫛を探したりしたのよ。
アヘンで騙して 中国ボロボロにして 墓暴きして櫛を博物館に飾る。
小娘の私の感性には、かなり衝撃だった。
国立博物館の簪のガラスケースのなかは、女心があって、
おばあちゃんになって死んでいっても、娘の頃の気持ちが残ってる。愛おしいの。
あそこは行くと、感じることが多いいですよ。
ロゼッタストーンを見たとき、歴史やってるのに、
何でここにあるの???だったもん。
もう一度も2度も行きたい場所よ。

可哀想で標本の写真出さなかったけど、見れるわよ。
ナポレオン乗馬の写真と一緒に。
勝って、主人は 捕まえて、ヒ素で殺したという証みたいよね。
かのジャンヌダルクは イギリス人兵士にレいプさせたのよ。
残忍さを感じちゃうのね。
其処が紳士なんだとあの博物館で思ったの。
  • 2017-09-25 05:43
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C23912]

学校で習う歴史では、ナポレオンは、英雄的存在で、あたしも、そう思っていました。

しかも、美人は目を楽しませて、良妻は心を楽しませるって言った、ナポレオンは、女たらしなんですかぁ?

女性を大事にする人だと思っていました。

でも、ある意味、男らしいのかなぁ~

  • 2017-09-25 12:26
  • 朋子
  • URL
  • 編集

[C23914] 朋ちゃん(⋈◍>◡<◍)。✧♡!!

あ、まず、、朋ちゃん、
エレガンスでセクシーな 太もも、見てもらってください!
女の子も大丈夫、、というより、、ライバル視しちゃう、((((oノ´3`)ノ
http://tomoko57.blog.fc2.com/blog-entry-972.html


タレーランも辣腕の政治家と思ってたの、でも、、、
隠し子はいるし、人妻は、、って、
人の奥さんよ、、
知り合いのフランス人もお構いなしに人妻口説いて、、

スウェーデン王室を受け継いだベルナドット将軍の奥さん
デジレ王妃は婚約してたのににしてジョセフィーヌへ、、

日本で起きてる不倫騒動、なんでそんなことで、、というのがフランス人だった。唖然。

英雄色を好むは 伊藤博文もそうで、女の悲鳴が聞こえたら伊藤だというぐらいひどかったそうよ。
子孫は恥ずかしいと思うわ。

それで 直系の子孫はいない。
ナポレオン2世もフランス語の本読んではならなかったらしいし。21でなくなってる。

ポーランドの妻とか言ってる伯爵夫人、伯爵の、、国家が捧げたって、。
なんていう人たちなの。
事実よ。嫌よね、、。テストロン多すぎるんじゃない。
忙しいのにね、、呆れちゃう。

恋文なんか恥ずかしいの書いてる。まあそれも値段が高いんだけど。
秀吉も、モロ恥かしいから、、

艶福家、嫌いなの。
大体ね不倫がなぜ悪いなんて言うのは 結婚制度を否定してるのであって、
華族制度の崩壊、国家が揺らぐわ。

まあねでも、各国に一名自分お子供を置いておくという考え方はあるようですよ。


  • 2017-09-25 14:23
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C23915] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C23918]

hippopon さん

こんばんは
ナポレオンにまつわる絵、迫力 感じました・、
神秘性に、心がしずみます。
シマレモンのシャーベットの美味しそうなこと
上品な味だろうなぁ ♪
  • 2017-09-25 18:39
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C23919]

こんばんは~

古代ローマにはそんな歴史があったんですね~ナポレオンは教科書レベル・・・ジャンヌダルクは映画での知識程度・・・(汗)
今度機会があればこの時代の小説探して読んでみます(楽)

他の国の歴史物といえば「三国志」ばかり読み耽っていたおっさんでした~(笑)

広島もレモン押しでしたが、小笠原母島のレモンも美味しそう~!
では、また~
  • 2017-09-25 20:03
  • テツ(8641FS)
  • URL
  • 編集

[C23920]

有名な絵画ですね。
いろいろな人生が、あったのでしょうね。
  • 2017-09-25 20:13
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C23921] こんばんは

いずれも有名な絵画ですね。
威厳を誇示する意図もあったと思いますが、
威風堂々とした様子は神々しくもあります。

欧州の王族の多くはハプスブルク家との血縁
関係にあったと記憶していますが、その威光を
低下させたのがナポレオン。
更に、ナポレオンを追い込んだのがプロイセン。
ドラマチックな時代だったと感じます。

[C23922] ナポレオン

アルプス越えと、戴冠式の絵は
確かヴェルサイユ宮殿の美術館で見ました。
ロバに乗ってアルプスを越えたのですね。
確かにロバじゃサマにならない^^
それにしても、同じ絵を5枚も!
たいそうお気に召したのですね。

シマレモンシャーベット、そう聞いただけで、
お口の中が酸っぱくなりました^^
  • 2017-09-25 22:53
  • pil
  • URL
  • 編集

[C23923] 23915さん

今日は1.2kgも増えてる。前々夜 鰻特上弁当。
前夜フランス料理。そのまま歩かずねむって、、w
昨日はアイスクリームのお酒で、眼があいてられなかった。
さっきまで、記事が上がってなかったです。
書いてからおでかけしたのにw


おっしゃる通り、、朝初笑い。ほのぼのといたしました。
トランプさん(188㎝)が ロケットちびといったらしいけど
ナポレオンは小男と言われ169㎝ 曹操は160㎝
陛下は、、で、当時の平均的な日本人の身長でした。
  • 2017-09-26 08:22
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C23924] しろ さん(∩´∀`)∩

ナポレオンはお好きな方も多くて、
ナポレオン2世は フランス語の本も読んではならないと隔離状態。そして若くして死す。

ムッソリーニはパルチザンにつるされたけど 
息子はジャズピアニストでソフィアローレンの妹と結婚。
孫は綺麗な下院議員・医師免許あり。

子孫は大変w


  • 2017-09-26 08:35
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C23925] テツ(8641FS)さん

昨夜は外出の後すぐに眠って、、
次の記事が朝になりました。

このところは三国志も、
歴史も頭が爆ぜてるので確かめないとならない。

ピークは受験の時だったのだろうか??💦
サビニの話、子供の眼に鮮烈だった。
ずっとなんの絵だろうと思ってって 
ローマ建国神話にかかわってるのを知ったのは中学の頃。

絵画は雄弁ですね。
国が大揺れに揺れたときの画家。
日本も戦争の時に国威発揚で画家たちがいろいろ描いてますよ。
  • 2017-09-26 08:50
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C23926] ジュリアルーシュさん👸✨

豊かな国イタリアを目指したt期の演説はいろいろ言われてましね。
貧しすぎすぎると 略奪目的に戦争を起こすとまでも。
ちょっと今の東アジア情勢にも似てて怖いですね。
マレンゴの戦いでなくなった若き将軍。
今日はそのお話もいれました。
昨日は眠くて、そのまんま眠ってしまって、

  • 2017-09-26 08:57
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C23927] ichan さん🏠

おはようございます。
今でもハプスブルク家の血統は凄いと思いますよ。
ナポレオンの親族の血統も残ってます。

会議は踊る、のウィーン体制。それ以降。
そして現在のEU。うねりを感じますね。
  • 2017-09-26 09:05
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C23928] pil さん 🍄🏃~

お口直しシャーベットの効果はずいぶんとあります。
此の小さな一口が次へ 効果を発揮します。

フランスのダヴィッド イギリスのターナー。
同じ時代、 歴史を切り取った画家たち。
私はフランスの文化の深さをおもう。
文化が高くても滅ぶ負けることはある。

お気に入り、、
それは歴史的にもドラマティックな勝利マレンゴの戦いこ
彼もフランスも思い出したいものだったのかも。

5枚も残ってることが
フランスにおけるナポレオン人気が根強いことをおもいます。

ロベスピエールは英雄になれなかった、タレーランも。
ドゴールだってナポレオンに比べたら。
その後英雄は生まれてない。

治まってるものを覆すエネルギーは多くの不幸を産むもの。
英雄はいらないかも。

東アジア情勢、東欧情勢気になります。



  • 2017-09-26 10:05
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/1572-f61e1a39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR