FC2ブログ

Entries

ウィリアムメトロポリタンバンカー  ナイルの庭

ウィリアムメトロポリタンバンカー  
ナイルの庭



繰越金255800円 94800円 今年の分


188p   ナイルの庭
36 82円  コイン入金

小計3870円 


ナイルの庭 エルメス
中秋の名月が近づくとなんとなく香水を買う。
香水はなかなか減らない.
海外に行くったときに買うようにしてきたけど 東京へ来てからはあるものを使って
そして、どしてもの時は出来るだけ小さな瓶。
もっとすごいのは、東京は香水の量り売りがあって、小さなアトマイザーに買ってみたりした。
不思議と良く減って アルバイトの帰り道ほっとして香りと外気が混じるとすごくうれしくて スイッチが戻った。
自分自身に戻るための儀式だった。
量り売り屋さんは元街にもあったらしいけど、一度も行ったことがない。余ってたんだもの。
今はどうなってるのかしら?
お金はあっても節約で買ったのだけど、、なんと、アトマイザーに入れてくれる量り売り、これが合理的でした。



           エルメス ナイルの庭

           エルメス ナイルの庭 小瓶
           さて 好きなのはこれ、、瓶の大きさも好き


それで、購入。小さなものでも、好きなものを窮屈な気持でなく購入できるのが嬉しい。大きさも使い勝手がいい。
なんだか我慢我慢ばかりだったので、買えても買わない生活してきたので。
こういう買い物がほっとする。もはや大きな瓶は邪魔で野暮に思う。
高島屋エルメスに行ってもよかったけど、思い立って、早朝に窓を開け放って、コンピュータで 購入した。
清々しい秋の風が 度々っと部屋の中に入ってきた。
新しい爽やかな季節がすでに来てる。
これは夏に使っている香水。
今夏はあまり出かけないで籠ってたので、秋風のころに緑の風を思うことになった。
たいして考えず 値段はなんでもいい、
気持ちが大事。



           17年9月中旬早朝 東京

            9月中旬 早朝 帝都にて


空は、小坪から由比ガ浜、江の島を見るような海辺色だった。
いつか  サーファーが多い、名残りの夏の陽光のなか、スカートのすそを翻らせて、ゆっくり 談笑しながら
アレックスは無理だろうけど、、秋風にゆっくり散歩する日を夢見る。
香水の一振りは、気分をリセットするための意識をしっかりさせるための  嫌な世界を払拭するための大事な儀式。

あれ?いつの間にか 物の断捨離も人の断捨離もすんで、好きな世界を構築する事だけに掛かればいいのかも?
それは幸せなことで、問題は、お金の事だけ。
それは人間のストレスのない数字の世界。頑張るのだ!いつか乗りこなしてやる!


            相場はサーフィン 


改めて交流のあるブロ友さん達に感謝。
想えば獣の巣くう街でもあった帝都。
東京でのよく惚けばあさんや、超俗物茶人や  もの知らず、言いがかり等のチンピラなど、、また毒饅頭の〇子のような犯罪者?
免状代を踏み倒した御曹司。私の精神的にもつらかったアルバイトの日々の対価は彼の飲み代になった。
お金持ってそのまま梯子しにいったのだった。
もっともお弟子君たちは覚えてる

目の前で行ったことも言わなかったと言い出す茶家 たった400年の歴史をかさに着て、我家のほうが長い! という人は大勢いる。
続くことは難しいという事を知ればいいのだ。彼らの狐の権威はまやかし。怨みばかりが子孫に残る。
次の400年、彼らの子孫はどうなってるか?
それらは娑婆の餓鬼道でしかない。
餓鬼は、何度生まれ変わっても? 餓鬼なのだ。
毒饅頭の〇子は 誰にでもそうやるだろう。
ついには貴顕にもする事だろう。
それをすることで自分より幸せな人を乗り越える
自分より身分のある人を汚して自己確認をする。  ついには立場のある人を、、である。
嘘で塗り固める組織は歴史の中で笑いものにされる事だろう。
子孫は生まれたときから恥を負う。
重荷に耐えかねた御曹司の罪は周りが嘘で塗り固めるんだろうが結局本人の魂を救うことはできない。
たとえ解決の言葉を贈っても 彼は真理を知れない。
因果応報の輪廻を見るようだった。穢なすぎる世界。

一族の長い歴史にとってはたかが  ただ蚊が刺した位のことだ。
大伯母が言った皮も残らぬように斬り殺すほどの必要がない些末な人間なのだ。
刀の名折れという奴だ。


               コンスタンチノープルの陥落 より

             かのコンスチタンノープルすら陥落したのだ
             歴史の中で人の命ははかなく行いは尊い いかに生きたかだ。



そういう痛みが和らいだのは、皆さんとの交流が大きかったのでした。
誠実な暮らし、誠実な感覚。
いまだ、懐石は胃袋が痛くなりぶつぶつが出来ると思うけど 
彼女が私に食べさせたものが排泄物なら その数倍もこれから、彼女はそういう場面に出会うんだろう。
薬なら完全い犯罪だ。
またそれを知っていながら 止めれなかった 女も 、知ってて辞めさせない組織も。
同様に人の世の鉄槌があるはず。

世の中はそういったものだ。悪は滅ぶ。
気に食わなければお金を取って 毒饅頭では やられた他の人が許せないだろう。
手慣れて大胆だった。あれは何度もやってるはず。
もう関わりたくない。魑魅魍魎が着物を着てるだけだ。そんなことがあって誰が茶の湯をするだろうか?
彼女だけがそういったことをするのではあるまい。彼女も見て習ったのではあるまいか?既に腐ってる。
大事なお弟子君に同じ思いはさせられない。紹介ができない。
加担して 危ない道はつけれない。それははっきりしてる。
それは国交のない隣の国へ渡航するのと同じだ。賢者は選ばない。


              Playing Love


まるで洗脳からときはなたれたように、爽やか。悪魔の国から戻ってきたみたい。
正義のない嘘で塗り固めて平気な世界。

自分の生活に戻る。むずかしい相場の日々だけど、再び海鳴りを聞く、日々を持つ。
出来ないまま死んでも まあいいのだと思って。
今は その気になったら、遊びに行って、ガラスの欠片位海辺で拾う時間と交通費がある! 只今2.5mm(*^▽^*) +幸せ。
日々の暮らしは 穏やかで 刺激的な会話にあふれてる。まがいなく生きてきてよかったと思う。
そして今 帝都は 魑魅魍魎もいるけど、あの海辺の穏やかな波の音を聞く生活とたがわない高楼の暮らし。
能と同じで想像力で 海が見えるし 森林も 松虫の声も聞こえる。そして新しい友人もできつつある。
神の配剤を感じる。

気が付くと、中秋の名月に生まれた私は無事に年を越しました。いつもありがとうございます。
よりいい日々になれるように、致します。
また、ちょびっとお付き合いください。



            3p三白眼の     三白眼のスリーピィー



相場
そして、今月は、まだ月末ではないですが、含み損が許せる範囲になったのを、ちょびちょび稼いだ利確で穴埋め。相殺しました。
少し楽になりました。
お金のことは金額が少なくても 重要だけど。
算段でできたことがちょびっと何かを通過した気がします。
多分、今。少し節目かも。幾つもの節目のその一つを抜けてることを感じました。

💰259670円 98670円 今年の分
十萬円融資中 (11月30日まで)
コメント閉じますね。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/1570-4ac66cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR