Entries

Gresham(グレシャム) の法則 pâté(パテ)から

パテ一本です。
パテ 一本
十円玉と比べてみてください。
ちゃんとしたものが食べたいとき、体の調子が悪い時、このpâté(パテ)を頂くと治るのです。
最初は、御正月用に願いして作っていただいたのが始まりで、時折お願いいたします。
幸せな帝都の暮らしです。

食べても食べてもおいしくない、そういうレストランでは、
顔は(#^.^#)して、ごちそうさまなどといえても、
我慢と飢餓感で、満腹してるのに、物足りない。
うすいムースには、透き通るような、、
塩飲み込むような料理にはパンチが、と。
決して悪くは言わない。

我慢と、飢餓感から、そういう日には、このお店に直行することもあります。
「今、コース頂いてきたの。でも、ソースが、ウスターソースひっかけたみたいで、肉は、やきすぎ、」とか。
普段のコンフィーなどを口に含み、、あれ、、美味しい、もぐもぐ、、、、と終る頃には治まる。
おとなしいhippoponnになってる、満足感と先の満腹感でぐったり、とろん。
「怒ってるんだとおもったから、ちょっと強めに味付けた」とシェフがにやり、凄腕とは相手がある料理を作ること。
魔法使いみたいで、ぴたんと。おさまる。
パテ アップ
彼のpâté(パテ)は生きてるのです。
未だ、これ以上のパテを頂いたことはありません。
パテは日々に熟して、変容して行きます。
最初の導入から、最後の名残まで満足して、安心して数日抱いてます。
これ一本あると、お肉屋さんにゆかずに、勉強がはかどります。
体調も整うのです。
パテ断面 五感に響くpâté8パテ)
勿論シェフは玉手箱のように料理の種類ができてくる。凄腕です。
このパテ一つでも十分に勝負できる。
何人もの見習い小僧さんがいましたが、ここまでは作れない。
これを自分のものにできたら、世界の何処でも、通用できる。
地方でも、帝都でも食べて行ける。果たして、同じにはならない。
レシピが同じでも、作り手の技量で、差が出ます。それが料理です。

料理は、工芸家と同じようにその人だけにみにつく技術、
弟子の作った工房のような作品でなく、作家ものを頂くのが慶び。
と言っても明らかに御本人がやってないオーナーシェフ料理店もあります。
噴飯ものですが、にっこり笑って、御馳走様でした。
それが大人かと。
火入れの間違ったローストなんぞ食べたくもない。
「貴方、まだ充分できるでしょうが、、、」とかいわない。ニコリである。
ちのみ子豚丸 乳飲み(ちのみ)子豚ロースト 
Greshamの法則は、日本を覆い尽くしてる。
工芸の世界の陳腐。質の低下。サービス業の不良心などなど。
教員の質、医者の質、モラル低下、、政治家の腐敗、
質がだめでも名前が付けば、本当のものと同じになると言う論理。
高度に豊かな人々が摂理の中に生きてきたのに、壊れた後は、なんでもござれ。
いったい、我が国は、、
まともな人が潰されてゆく。

フランス料理もそう。
五感に響くpâté(パテ)は、Greshamの法則ならば、金本位制の純度の高い金に違いない。
それとなんちゃって料理が同じに扱われる。同じ名前で出されて、馬鹿な奴は安い方を選ぶ。
技量のある、当然それだけの良質な素材、技量のある店からつぶれて消える。
肉団子をぐちゃぐちゃと丸めたようなパテが、本物のようにあつかわれる。
横柄で軽いウェイターが、極上の、、とまがいを増長する。
みんなが、最も極上を知ってればそんな間違いは起こらない。
みんなが最も極上を求めれば、極上の物は売れる。
先ずは力のある人が買うことが大切、

いいものを分かってくれる人がいない、、と一流のものづくりは嘆く。
それは料理人もものづくりも皆がなげく。
いい物が売れないのである。
時として、漆の重厚は、プラスチックの安価に勝てない。悔しい限り。

それは少なからず、日本の、日本人の質を弱めてることにもなる。
優秀な日本人労働者は、捨てられる。
誰でもできることばかりが街にあふれる。
自らの国の首を絞めて、日本は繁栄と言えるか?
ちのみ子豚 ちのみ子豚、断面
頑固に、手を抜かない、決して質を下げないで、お客を待ち続ける、、
そういうシェフのお店に私はパテを買いにゆく。
「負けてたまるか、、」の精神は、日本を救うのかもしれませんね。

届かないと思うけど、、
ちゃんとした経済人は、ちゃんとしたものに対価を払って、お買い物!
ちゃんとした政治家はがっつりご飯を頂く!
先ず、上からちゃんとしたお金の使い方を致しましょう!

続きはまた明日、、

コメント

[C98]

こんばんは!

「悪貨は良貨を駆逐する」ということから、
本物嗜好でないとダメだということだと思いますが、

パテは見たことも、食べたこともないと思います。
得体知れない物に見えますが、なんなのでしょう。
  • 2014-03-27 23:25
  • piglet01
  • URL
  • 編集

[C99] pigletさん!

パテ(フランス語:pâté)は肉や魚などの具材を細かく刻み、ペースト状あるいはムース状に練り上げたフランス料理。テリーヌを使用して焼かれたパテは単にテリーヌと呼ばれることもある。

レシピも、写真も沢山出てます、
一度、お試しくださいませ、、
デパートでも瓶詰がありますよ、、(#^.^#)
  • 2014-03-28 00:11
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C102]

価格破壊が、今の日本経済をダメにしたかも。
いいものは、それに値する価格に戻すべきだと思います。
物に対する価値観が、だんだんと薄れていってますね。
  • 2014-03-28 21:40
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C105] ジュリアルーシュさん

いつもありがとうございます。
自分の仕事が認められない、、ちゃんとしてるほど腐る。作品も、労働も。
対価に見合う、、そうなの。
hippoponは、貧しきが故に、ちゃんとしたものを必要な分だけ、身の丈で。何とか。ふぃ~~
  • 2014-03-29 02:59
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T1] 仮想通貨革命 ビットコインは始まりにすぎない 1/7~集中から分散へ

本書の表題で、私は「革命」という言葉を用いた。ビットコインは(あるいはより広く仮想通貨は)いかなる意味で革命なのか。ハンナ・アレントと、『革命について』(On Revolution)の中で、「レボルーション」という言葉はもともとはコペルニクスの著作の表題『天体の回転について』(De Revolutionibus orbium coelestium)にあるように、天文学の用語であったことを指摘...
トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/143-177e4a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR