FC2ブログ

Entries

トナカイを食す Ⅱ

トナカイを食すⅡ
トナカイのシヴェ


今夜の バックミュージックは 日本でもっとも 有名なトナカイ、、トニートニーチョッパーの
友情は万能薬


        

         トニートニートニートニーチョッパー、、♪ 俺たちの友情は万能薬♪


カリブー(Caribou)
トナカイはアイヌ語。日本ではトナカイが一般的な言い方ですね。
フランス語圏などでは、カリブーとも呼ばれてますね。英語圏ではレインディア 。
以前、カリブーを食する話を読んでも缶詰すら手に入れられなかった。
そのうちに忘れてしまって、、。
あの立派な角の鹿です。慣れるので、中国語圏では馴鹿(じゅんろく)、漢方では、角を鹿茸。
鹿茸は正確には満州鹿(梅花鹿)ですけど、、。その用途は、強壮、強精、鎮痛。ご存知の方も多いいでしょう。
デパートでも日本の養殖物が良く売られてます。
そういえば、名無しのままの うちのトナカイもいましたっけ。

そんな力になりそうなトナカイのお肉です。
トナカイのシヴェ。ワイン煮込みです。

アタゴールのフェイスブックの説明をご紹介しますね。
「シヴェ」そう、赤ワイン煮込みです。
ベースになる赤ワインソースには、
今の狩猟シーズン最も多用するフォンドジビエ(ダシ)を加え、
濃度と複雑味そして艶をだすためにフォアグラオイルでモンテ(溶かし繋ぐ)してあります。
そしてそして、以前熱く語らせ頂いた
大のお気に入り「バーミキュラ」でじっくり火入れを致します。


       
           2トナカイ バーミキュラ
    
           カリブー(トナカイ) バーミキュラの中にイチジクの葉で包まれて、、
       
そのバーミキュラがしずしずと運ばれてきます。
蓋を開けると、イチジクの葉に包まれて 香りも、、
そして、、お皿にはこんな風に、早くも山菜が添えられてました。


         アタゴールトナカイ カリブー シヴェ 

        カリブー(トナカイ)のシヴェ


フランス料理ではフォンが命だと思ってます。
ジビエのフォンはあるときは一羽丸ごとになったりするようで、、おいしさが際立ってます。
丁寧に、深く、、この時期の味わいは格別です。


ここで、お口直しのシャーベット、、すごく香りがよく出た レモングラスでした。さっぱりとして好きなシャーベットです。
シェフの ラッフルズホテルの頃の、香辛料の使い方のうまさは定評があるようですよ。


          アタゴールレモングラス シャーベット 

           レモングラスのシャーベット レモングラスが巻かれた容器で、、


トナカイのシヴェは お昼のメニューでこれは頂けるようですよ。
数のある事ですので、 お確かめの上お出かけください。
ポーションのご相談もできるかもしれませんよ。
力強くてほんと美味しかった。
肉質は強く生命感あふれて、 しかも上品なワイルドさ。

ラップランドの北欧の、ツンドラの生活を支えるエネルギーを頂いたようでした。
みるみる体がしっかりしてくるのを感じるそういう一皿でした。
会話が途絶えて、もくもく。おっほっほでした。
鹿肉が大丈夫の様であれば癖味もなく、、冷気が体温を奪い様な時に、お薦めです。
熊やイノシシほどの繊維はなく、、力強く 紳士的。
一寸ほれました。
当に万能薬、特効薬かもしれません。

明日は塩釜の魅惑の火入れをご紹介いたします。こちらは、ディナーのオーダーです。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
出来ればご声援お願いいたします m(__ __)m


コメント

[C19189]

真の食通でないと
ジビエを正しく評価出来ないんだなぁと云うことを
改めて認識、イロイロと食さねば!

  • 2017-01-31 00:35
  • 植本多寿美
  • URL
  • 編集

[C19191]

このブログではすっかり
おなじみのアタゴールですが、
昼のメニューにトナカイが出るんですか。
驚きですね。
レアな肉だけに
ディナー向きかと思っていました。
トナカイの肉は食べたことはありませんが、
北欧の、それも北極圏の厳しい冬にも
耐えるトナカイですから、

>みるみる体がしっかりしてくるのを感じる

という一文には納得です。

それにしても、アタゴールでは
バーミキュラを使っているんですね。
売れに売れて生産がおいつかない、
あの国産ホーロー鍋を……。

[C19194] お邪魔します。

トナカイ➡赤鼻のトナカイ➡8頭に名前が➡と、りとめ。もなく・・・
  http://yuusuke320.blog115.fc2.com/blog-entry-183.html
オイラブログを貼り付けてみました。 アシカラズです。

[C19195] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C19196] 植本多寿美さん 📷

昨日のMichiru さんのサハでのトナカイのお話。
グッときましたけど、、
今の時期、マイナス40度とかなんですよね。
そういうところの冬の食べ物は力が付きそうですよね。

まだまだ知らないものがたくさんあって、
地鶏だって美味しさがそれぞれに違いますでしょ。
丁寧に選んで食べてゆきたい。

熟成もすごく大事で、、
慣れた人でないと 佃煮みたいになっちゃう。

時間も、胃袋も、資金も、湧いては来ないでしょ。
選んで、頂くのがいいかなっておもって。
わがままも いろいろ聞いていtだけですごくありがたい信頼関係です
  • 2017-01-31 03:03
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19199] YUJIさん

バーミキュラ売り切れで買えないですね。
またのぞいてみようかしら?

神戸の仕事ノリノリそうですね。
ペンが走ってるもの。
記事になるの楽しみです。
春節の神戸南京町、、よかったですね♪
美味しそうなお写真でした!

肉まん、、ほしくなりました。
  • 2017-01-31 03:18
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19200] 遊助320さん

こらぁ~~。

コメントらしいことも書かず、、
貼り付け、、さびしい病気まで,、もう、、
一寸素敵な龍の雲みせてくださったとおもったら、、
こういうの、、じじ、、なんだからね、、

明日は強制散歩、しっかり歩きなさいね!
報告を待つ、
上野で声かけてきた妙な爺様が重なる、、、ぞよ、、.( 一一)

それでも、大人だから、、宣伝。

大人しか言っちゃダメ、、みたいなお話、、フランス笑話の
高等版、よってやってくださいませ。m(__)m、(^_^)v

  • 2017-01-31 03:28
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19201] トナカイ

イチジクの葉に包まれたトナカイ肉。
ワイン煮込みにしてもなお、肉質は強く生命感あふれているのですね。 しかも上品なワイルドさですか!
蓋を開けた瞬間の香り...あぁ、その香りだけでも~!

  • 2017-01-31 03:39
  • pil
  • URL
  • 編集

[C19202] 19195さん

チョッパーの泣くシーンかわゆいでしょ。
確かに、変身後はねぇ~~おとろしくてねぇ~~・

万能薬、、ワンピースグッズやさんで売ってるのよ。
私はスカイツリーでかったけど、、
東京タワーにないかしら?
乱舞琉丸で、らんぶるぼーるね。

万能、特効薬よ♪

  • 2017-01-31 03:39
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19203] pil さん

塩釜も絶品だった。鹿よりいいかも。

それで話に出てるバーミキュラは、タコ焼きの南部鉄とおなじで、
重いけど、、価値ありますよ。
私はまだ持ってないけど、、飛ぶように売れてるらしいの。
大きいのだとまるっと はいるし、
お値段も割に いいのですが、、ww
  • 2017-01-31 03:46
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19204] 丑三つ時に参上

オイラもコメント書かねば失礼とおもいながら、いつも読み逃げばかりですみません。
御姉様に気後れして気の利いたコメントが書けないんです。
なので、貼り付けばかりでごめんなさい。
顔を洗って出直してきます。

アッ。 また記事コメではないですね。
「トナカイおいしそー 喰いたいぞー」
アレ? またオイラの願望が・・・

面の皮は厚いんですけど、心臓には白髪しか生えてないのであります。

[C19205] 遊助320さん

「トナカイおいしそー 喰いたいぞー」

ううん! 大儀、、、wwwwwwwww



面白すぎるでしょうが、、
お散歩してるまにみんなが読みに行くかも、、かも、、かも、、wwwww

心から、ありがとうございます💐
  • 2017-01-31 04:02
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19206] さらに・・・

かも・可も・カモ・鴨  喰いたいぞー

夢の中で鴨に食べられるカモねー
「に」でなく、「を」をが飛んでった・・・  💤

[C19207] 「ママット、ママット」のイメージで…

カリブーさんは、お肉だけでなく、毛皮で衣服やテントを作ったり、骨から矢じりや釣り針を作ったり、腱を糸にしたり、骨をテントの枠組みにしたりと、捨てるところがない、神様からのエスキモーさんへの贈り物だと思っていました。

フランス料理でこんなお洒落に生まれ変わるのですね。(◎o◎)

戴いてみたいような
小さいころの憧れのままで持っていたいような…(●´ω`●)

可愛いかばさん似のトナカイカップルさん、お名前決まったでしょうか♫


  • 2017-01-31 07:28
  • さとこ
  • URL
  • 編集

[C19208] 遊助320さん

さびしい、小金持ちの独身ばかり狙う結婚詐欺が横行してるらしい。
夜中に起きてると狙われちゃって、カモにされちゃうかもよ。
湯たんぽして、ささっと。お休みください。


宵っ張りで、強制散歩、、
風が強いので 地下も使ってくださいよ。

鴨、15羽も入ったって、国産。
合鴨はわりに出てますよ。デパートに買いにいってたけど、
スーパーでも出てて、半額になると 買い占めてセリをかう。
まぁ、天然とは違うけど。
寒い日には体が温まります。

名古屋コーチンもすごくおいしいですよ。
どんぐり豚ならぬ、鳥があって、それもね。

風が昨晩も強かったけどまだ強風ですね。
相場はずぶぬれ。
5艘飛びは無理の様です。くやしい。
  • 2017-01-31 11:21
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19209] さとこさん

中国には鹿のアキレスけんのお料理があって
銀座では食べれて、おいしかったけどシェフが変わったようで
もう行ってないの。
町場では一本では買えないので、町場のお店ではちょっと無理だった。
イヌイットとともに過ごした生活記読んだことあって、
人の叡智を感じました。何百代もの。

美味しかったですよ。
夢の塗りつぶししても湧き上がってくる。

  • 2017-01-31 11:30
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19210] 待っておりました!!

煮込めば煮込むほど、ほろほろと柔らかくなるのかしら。
イチジクの葉で包むと、あのイチジクの香りがしたりするのでしょうか?
未知の食材、私も一度は食べてみたいですなぁ~。
  • 2017-01-31 16:35
  • みのじ
  • URL
  • 編集

[C19212] みのじさん

牛のスネより 圧倒的な筋がたくましくて、
料理でほろっととけちゃう、
マグロの頭料理したけどその時のこと思い出しましたよ。

本にのってる、牛タンシチューの有名なところより数倍いいの。
素材と扱いなんだとおもう、
ここまでは何とかできそうなとまぁ80%。
でもね、塩釜はたちうちできない
あの、優しく温める焼き方のシャリアピンもよかったけど、、
塩釜のとろん、、は、活きててよかった位の焼だった。

香りね、ほどほど、、あれって、気が抜けてる人はだめだし、
やりすぎの人もきついでしょ。
落としどころバランスなのよね。
よかった。

オージーでも蒸し焼きしないかしら?
私バナナの葉っぱでチャモロのブタ一頭経験ありよ。。
蓮の葉っぱもいいのよね。

東北の友人が昆布と塩だけで蒸してごらんなさいって。
彼女は船元料理になるのかもね。
烏賊ははらわたを一緒にとか、
大根おろしのサンマ鍋とか、、教えてくれたの。

包めるもの色々ありそうよ。

  • 2017-01-31 17:25
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19213]

hippopon さん

こんばんは
もちろんトナカイなどシビエは食ったことないです。
hippopon さんの食通に感心します。
  • 2017-01-31 18:28
  • しろ
  • URL
  • 編集

[C19214]

お料理を堪能できて、良かったですね。
これで、しっかり体を整えて、
ダイエットも頑張ってください。
  • 2017-01-31 19:34
  • ジュリアルーシュ
  • URL
  • 編集

[C19215] こんばんは(^-^)

トナカイ~ なるほど、赤ワイン煮込みなんですね。
見るからにソースがギュ~ッとしみてて美味しそう(●´ω`●)

僕は鹿のたたきを食べたけど、臭みもなく美味しかったです。
だからトナカイも好きかも(*^。^*)


バーミキュラはシェフもお気に入りなんですね。
今でも予約待ちで手に入らないんだろうなぁ( ̄。 ̄;)

14cmの小さいのでいいから欲しいけど、
今見たら8月まで予約でいっぱい( ̄▽ ̄)
でも、いつか欲しいです。

[C19216] しろさん

これから、召し上がってください。
北海道ではお肉だけでなく、加工品もあるようです、、

私はシェフの焼きでしばらく楽しみたい気分です。
  • 2017-01-31 19:55
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19217] ジュリアルーシュ さん

ごめんなさい。

鹿もお嫌なのに、、

このお肉は、ダイエッター向きだと思います。
鉄分もありそう。
あるところで鉄分も消えた鹿肉を頂いて、、、
もう我慢できないかんじでしたよ。

  • 2017-01-31 19:58
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19218] coconut punchさん

この時のソースはよかったですよ、、
私の場合はもっと濃くて強くてもいいぐらいなのですが、
トナカイのワイルドで品格にはちょうど良かったかも。

まだ食べ足りないのよ。ww
このお鍋、ほしいでしょ。半年待ちなのよね。

瓜坊のリエットをパリンとゴルゴでいただくのもよかったけど。
ほんとサプライズの2皿、景色が違うの。
よかったですよ。
  • 2017-01-31 20:05
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19219] こんばんは

トナカイ 食べたことがないから わかりません
へ~って感じで 見てますが
レモングラスの香りは よくわかります、
育てるし (´艸`*)

[C19220] みかんさん🍊

レモングラス取っ手のよく香ってました
私はヨコハマのタイ料理やさんで覚えて、タイ物産やさんで、、
未だ栽培してない頃かもしれません。
タイに人が大騒ぎしてかってました。

トナカイは私も初めてで、なかなか気に入りました。
供給量も増えますでしょうしこれからどんどん出てくるかもしれませんよ、
洗練された焼きでした。
カジュアルに油で、じゅ~~~~~はいただけません。
塩釜がすごくよかったです。

ぜひそのうちに。
  • 2017-01-31 21:01
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19221]

こんばんは。
何かどんな味なのかも想像出来ず(^▽^;)
食した事が無い食材も
機会あったら食べたいですね(*^^)v

[C19222]

ヒッポちゃん こんばんちーっす

イチジクの葉も少し食されたのでしょうか?w
わたしは、日本関連の僻地に少し興味があって、
昔「トナカイ王」という本を読んだことがあります。
・・・・「海賊王」じゃ無いですよw
  • 2017-01-31 21:08
  • める
  • URL
  • 編集

[C19223] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C19224] ひろりんさん!

ぜひね、、
入学のお祝いで、次男さんがご馳走してくれるかもよん♪

鹿よりおいしかった。
そして、クマや、イノシシの獣みはなかったけど、、
しっかりとしてて、
多分ね、数年でもっと出回るんじゃないかしら?

料理の腕もあって、あの火入れができないもの。
だから作っていただいた方が賢明。
鴨、猪鍋などはやるけど、、あれは無理、、。


  • 2017-01-31 21:55
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19226] メルル~~ん(⋈◍>◡<◍)。✧♡

トナカイ王、、
ココでもサハ、ヤクーチアが結びついた。
私ね、ロシアで立った一人
女囚として戦後シベリア拘留された女性の講演が学校であって、
すごくよく覚えてるの、
障害もあったのに、強制労働させられたのね。

救世軍のおばちゃんおすごい帽子とその話はよく覚えてるの。
大変な時代。そして、厳しい風土。

今回,サハは気になる場所になったようです。
ヤクート人ドミートリー・ヴィノクーロフのお話。興味あります。
まず読書は積読で、困ってしまってます。

興味深いお話のご紹介ありがとうございました。

イチジクの葉は、ちょびっと好きでいただくけど、、
この時は、、ブドウの葉っぱもかじるけど、、
  • 2017-01-31 22:12
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19227] 19223さん

こんばんは

私はカモシカなら見たことがあります。そうは高くなかったけど。
あれって、跳ぶのでなくて、飛ぶのかもね。

相場は、かなり損したけど3千円位利確。
無傷だったことを良しとします。
八面六臂になってからしにたいですよ。
120歳のドクとりーぬくれはみたいに長生きして、、

猟師のおじいさんがすっすほどおいしいものはないって、、
お話にも書いてあって、、しし、、あお、、
かもしかににてるので、
確かに、、大したものなのかもしれませんね。

飛躍の年になるのかしら??
  • 2017-01-31 22:27
  • hippopon
  • URL
  • 編集

[C19235]

トナカイって、アイヌ語だったのか〜。
そうよね、日本にトナカイいないもん。
可愛いの、トナカイさん。
もふもふってしていて、シッポ、ちっちゃくて。

  • 2017-02-01 09:18
  • ぷうまま
  • URL
  • 編集

[C19236] ぷうままさん

トナカイはアイヌ語という事は北海道にいて
本土にはかもしかがいる。

カモシカはいますよ。
カモシカの毛皮歯イギリス風の椅子に如いてあって、
そこが父の居場所だったのに従業員が捨てたり盗んだりしたのよ。
あきれる。
自分が盗人だって知ってても平気な人たち。
自分自身が一番知ってるのにね、

もふもふのかんじはマンモスの毛とも似てた、。

  • 2017-02-01 11:06
  • hippopon
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hippopon.blog.fc2.com/tb.php/1323-cb0a5a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR