FC2ブログ

Entries

レモンスコーンに、レモンカード 銀座三越シファーズ

レモンスコーンにレモンカード銀座三越 シファーズ今日はどうしても、シファーズのスコーンが食べたくて、食べたくて、、火が付いたようになって、ヤットご訪問を終えたのが夕方。記事も書かずに飛び出しました。シファーズのスコーンその後に、FC2のブログが,大混乱で、繋がらない事態が起きたようです。場所は銀座三越地B1です。スコーンには、レモンカードと言いますが、この前は見ませんでしたが、、ありましたよ♪     ...

ダイエット21   武士の兵糧から考える 

ダイエット21  武士の兵糧から考える 軍隊、僧堂、等では兵糧や、典座が重要になりますね。大勢の食を賄う目算はありました。武士の一人扶持は 一日五合と数えました。ご飯にして10杯です。江戸時代になってから3食になり、それまでは朝夕の2食。1ヵ月に1斗5升、1年間に1石8斗。米5俵に相当します。雑兵などは、普段の生活は、雑穀でありましたが、戦闘になると白米が食べれると言う話もあったようです。軍隊にゆけば銀...

兵糧  携行の便利と力 羊羹から

兵糧  携行の便利と力羊羹から携行に便利で腹持ち良く、気持ちを落ち着けて難事に向かう時、、兵糧は食の歴史を考えるうえで参考になります。戦時中に兵士に羊羹が配られていたのは有名ですね。虎屋さんの羊羹は賞味は半年。たぶんもっと持つ筈です。塩羊羹などは各地に名店がありますね。お菓子は兵糧、保存食の役割で産み出されたり、発達したものがあります。あれ、また和菓子とおっしゃいますでしょうか?茶の湯をやってるも...

諸葛亮孔明のラビリンス(迷宮)

諸葛亮孔明のラビリンス(迷宮)諸葛亮孔明の最も凄いところはと言うと、子孫が彼の意志を継ぎながら残ってる事かもしれません。彼の生まれは181年、そして、彼の苗字、諸葛の名前で、今も血脈が残ってます。天下三分の計、三顧の礼などの逸話を残す諸葛亮孔明。彼は、234年、五丈原で魏の司馬懿と対陣中に病没します。死せる孔明、生ける仲達を走らすの逸話はこの後の事です。その、仲達の孔明への畏怖は、孫の代で、臣下として仕...

サヴォイホテルのスコーン

サヴォイホテルのスコーンサンドイッチを持ってお出かけ、アフタヌーンティーも女の子らしいですよとお話しましたが、歴史は浅いのですよ。1840年頃に第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセルの夫人、アンナ・マリアが始めたといわれるイギリスの喫茶習慣です。喫茶の習慣は上流階級ではもっと前からです。            アンナ・マリア en:Anna Russell, Duchess of Bedford社交時間前の腹ごしらえでもあり、午後...

泣いて馬謖を斬る 三国志

泣いて馬謖を斬る  三国志 諸葛亮孔明のお話です。「泣いて馬謖を斬る 」と言う言葉や 故事をご存知の方も大勢いらしゃることでしょう。三国志は、他国の話であるにもか変わらずファンが多いいですね。それは、事実に即した迫力と、英雄たちの魅力、そして、エピソードが教える薀蓄かもしれません。「泣いて馬謖を斬る」は有名な逸話です。馬謖は、劉備に三顧の礼で向かい入れられた諸葛亮孔明の愛弟子です。後継者とも言われ...

Pixels! beyond description! 筆舌に尽くしがたい、、ピクセル!

Pixels! beyond description! 筆舌に尽くしがたい、、ピクセル! 12日は、ソニーの映画、ピクセルの初日でした。1980年代のパクリが、、いたる所に、、そして、、お子ちゃまでも楽しめる単純明快なストーリーは先読みできる面白さ。寅さん映画と同じで、ゲームの事を知ってるといたるところに工夫がって面白いのです。即ち、、1980年代のオタク諸君はしびれそうな、、。特別出演には、かのテニスのセリーナ・ウィリアムスが...

大英博物館から見た日本のお弁当。

大英博物館から見た日本のお弁当西洋美術館でのフランダースの犬のお話、いかがでしたか?頭の体操になりましたか?物を多角的に見ることは新鮮な行為ですし、又可能性を広げることでもありますけど。TVの発達からか?文字によらないで、簡単に事実無根なことをうのみにし、知識にしてしまう層が多くなってるように思います。出版は昔に比べて安くなり、誰でも自費出版できる時代。いい加減な文章まで出版されます。、、、、かも...

ルーベンスの絵とフランダースの犬

ルーベンスの絵とフランダースの犬西洋美術館でルーベンスの絵を見ながら、フランダースの犬の話になりました。               豊穣  ペーテル パウル ルーベンス実は私は、ひらがなの50音を 木の積木で覚えると直ぐに文学全集から フランダースの犬を与えられました。ひと夏かかって、少年少女文学全集みたいな、挿絵もあって、厚ぼったい本を読みました。漢字には振り仮名がついてましたが、結構壁が高かっ...

お見舞いの卵

お見舞いの卵むか~~しは、見舞いには箱の中に、養生の為に卵を、もみ殻のなど中に入れて壊れないようにしてお持ちしたらしいです。カステラの箱も 玉手箱の様にアーチでネコ足で、それは見たことがあります。そう言うのを やんどころないところから頂くと、全部紙に包んで取っておく、箱だって由緒があった。          長崎平戸 蔦屋 カスドース演舞場の新派の舞台でも、色物の足袋なんぞは下町風情、、山の手は白...

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR