Entries

水無月のなごしの祓する人はちとせの命のぶというふなり

水無月のなごしの祓する人はちとせの命のぶというふなり意味は、水無月(六月)の夏越の祓をする人は、寿命が千年伸びるといわれている。(拾遺集292に、題知らず、読み人知らず)昨年は、大祓の記事も書き、みなつき(和菓子)や氷室の話も。             みなづき 京都仙太郎 半年の締めくくりを迎えるにあたって、大掃除したり、新しい衣類をまとったり。気分を変えて、ちょとした心の断捨離ですね。      ...

絵日傘 

絵日傘ブロガーさんのところへ行くと。童謡の事が書かれてました。それで、どこかで覚えてる曲の事を描きました。コメントの一部は、hippopon 思いSPレコードがあって 捨てれないのですが、、日傘唐笠~~なんとかに~~という。 総天然色の、イラスト入りでしたブロガーさん検索したら”雨傘唐傘”って童謡がありましたけど?かなり古い昔のみたいです~それですか? hippoponさん~おいくつ? お若い方でしょう~ 眠たい頭だった...

月とスラバヤ  4  6ペンス

月とスラバヤ4 6ペンス台場の夜の細い三日月でしたが、だいぶん太ってきました。今宵はドロップぐらいでしょうか?見えるかしら?今朝の東京の空は黒い雲が垂れ込めて2段に色分けされました。             東京の空 サマセットモームの月と六ペンス「月」は人間を狂気に導く芸術的情熱。、「六ペンス」は下らない世俗的因習、絆。などと言い現わされますね。芸術と世俗。 夢と現実。物づくりには つきまとう問題...

月とスラバヤ  3 鰐と鮫

月とスラバヤ  3 鰐と鮫インドネシア料理の続きですよ。このお店の食器には 鮫と鰐が描かれてました。ジャワ語でサメは「スロ」、ワニは「ボヨ」で、スロボヨ。             鮫と鰐の食器このお店の名前はスラバヤでした。スラバヤはジャワ島東北岸マス川の河口に位置するインドネシア第2の都市で、デビィ夫人のご主人だったスカルノ大統領の故郷です。             インドネシア共和国初代大統領...

月とスラバヤ  2 インドネシア料理

月とスラバヤ2 インドネシア料理ジャワ島に行った折に頂いて、シンガポールなのでもどこか似た料理を いただいて。その折の、ココナッツミルク、香辛料、ピーナッツソースなどが忘れられないでいました。改めて、インドネシア料理を頂いて、舌の思い出がよびさまされました。しかも、このお店は、どうやら、何店舗かあるようです。チェーン展開できるほど、インドネシア料理は定着してたのかと驚かされました。横浜での暮らしで...

月とスラバヤ 1 Where does humanity come from?

月とスラバヤ 1 Where does humanity come from? 人はどこから来たのか?「月と六ペンス」有名な小説ですね。今から100年ぐらい前に、サマセット・モームが述しました。ポール・ゴーギャンの 生涯をモデルにしたとされます。ゴーギャンと思しき人物の事を。友人の視点で語ります。若く、潔癖で、自分を取り巻く世界の与えられた価値観しかないころ。ゴーギャンはタヒチにいた画家ということで、何度見ても、あまり好きになれ...

沢辺の蛍  虎屋 ~6月30日

沢辺の蛍 虎屋物思へば沢の蛍も我が身よりあくがれいづる魂たまかとぞみる 和泉式部                    (貴方を想って)物思いをしていると、沢を飛ぶ蛍が、我が身から抜け出した 魂のように見える謡曲「葵上」のお話、上村松園の新蛍の創作菓子「初ほたる」愈々真打?虎屋さんの「沢辺の蛍」登場です。             沢辺の蛍 虎屋きんとん製 棹物として大正8年(1919)に作られました。ケ...

6月23日 沖縄戦終戦 慰霊の日

6月23日 沖縄戦終戦 慰霊の日今日は、沖縄の終戦記念日に当たります。本土復帰前は、1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなみ、琉球政府及び沖縄県が定めた記念日です。名前は慰霊の日。組織的戦闘が終結と言うのは、牛島司令官らが自決した日。そして、その後も米軍の掃討作戦は続きました。7月2日に一応の米軍からの沖縄戦終了宣言、降伏調印は、9月7日。9月7日は1993年、全国で初めて市町村独自 の「平和の...

初ほたる  山種美術館 椿

初ほたる  山種美術館 椿謡曲葵上の水暗き沢べの蛍の影よりも光る君とぞ契らん。(水が暗くて淀む 沢辺の蛍の光(影は光の事)よりも。光る、光の君と契りをかわすだろう、、)と言うお話から、蛍の光は求愛行動の切なさ。ふわふわと行き当たりばったりに性愛行動する無責任な男の話。恋慕の破壊的な、嫉妬心など。ちょっとおどろおどろしかったので、三日目は蛍にちなんだお菓子をと思いました。大急ぎで、美術館にいって、、...

焔  嫉妬の昇華 上村松園

焔 嫉妬の昇華 上村松園昨夜は蛍狩りから 恋の火。源氏物語の六条の御息所の嫉妬と恋慕について触れました。          蛍 上村松園女は嫉妬する。どうしても願いがかなわない時に、どうしても相手に蹴倒されてしまうときに、、余りにもあさましい人々を見てきました。コントロールが出来ないのではなくて、したくない。ぐずっていたい。私は不幸、、と言って、御情けをもらいたい人々。そしてそれだけでなく、幸せそ...

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR