Entries

梅シロップ と 梅干し漬け

梅シロップ小梅今年最初に漬けた梅は5月26日。小梅でした。リカーで壜や、梅を消毒するといいのですが、子供のいるカップルにも、一瓶。リカーなしで漬けました。梅は穴をあけずよくよく乾かして、瓶は熱湯消毒。そして、毎日良く振って発酵させないように、、一か月たちましたので、出来上がりです。分量のおさらい。小梅     1キロ蜂蜜    0,5キロ氷砂糖   0,5キロ梅は穴をあけたら、果肉が楽しめますが、...

メトロな一日 江戸川橋 護国寺 椿山荘

早稲田大学の裏手はすぐに椿山荘です。蛍に間に合いました。椿山荘の蛍の夕べは60回目になります。    椿山荘 神田川沿いの門よく歩いて見聞きして、暫くは、フカフカ絨毯の廊下の椅子で、ぐったり、口もきけませんでした。結婚式がいくつもあって華やかで、蛍狩りの団体でしょうか?盛大にご飯をいただいて、、何時もは、静かなティーラウンジもガサガサ。夕暮れを楽しみながら、蛍が出るのをまつのですが、こういう時の時間...

メトロな一日 西早稲田 早稲田大学

穴八幡のお隣は、お寺とキリスト教教会、そして、早稲田大学です。都の西北 早稲田の森に聳ゆる甍は われらが母校♪    早稲田構内並木早稲田の森といえるほどでもないですが、木々の背が高く、気持ちがいい空間です。何となく、がさついてるのが、ここなんだなぁ~~と。夕暮れどきでしたので、構内は、余りご紹介は出来ませんが、先ずは、大隈重信像。     大隈重信彼の建学の精神は、大正2年 創立30周年の宣言によく...

第1855回「あなたの部屋の時計」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当藤本です今日のテーマは「あなたの部屋の時計」です。あなたの部屋に時計はありますか?インテリアにこだわっている!という方なら時計のデザインにもこだわっていたりするんではないでしょうか?私の部屋にも時計は1つおいております!が、とても低血圧な私なので目覚ましに特化した時計です。。。なので見た目はロボットのような堅苦しいものではっきりいってかわいくはありま...F...

メトロな一日 西早稲田 穴八幡宮

学習院女子大から早稲田に続く道を歩きますと、木々の作る木陰で涼しく、心持ち足取りも軽いです。    緑の木陰をお散歩戸山公園を過ぎると、早稲田の立て看板が、なんとなく雑多な大学の香りが、     立て看板  文学部そして右手に穴八幡宮が見えます。蟲封じ 商売繁盛、開運 出世にご利益の八幡様です。金運アップの神様として、金運には目が無い中国人の知り合いなども知ってたと言う有名な神様です。      ...

メトロな一日 西早稲田 学習院女子大学 

 池袋から 副都心線西早稲田の駅に着きました。    副都心線西早稲田 駅構内案内版此処から早稲田大学まで歩きます。既に理工学部の場所ですが、大隈重信の銅像までテクテク。学習院女子の脇をすり抜けて、まっすぐです。道べには、紫陽花が咲いてました。長い塀の続く、木陰の路で歩きやすいでしたよ。    道辺の紫陽花、学習院女子大は1950年に学習院女子短期大学として、新しい歩みを始めます。そして、1998年学習院...

メトロな一日 池袋 立教大学

表参道で、青学、国連大の森林浴の後は池袋に。立教に参りました。        立教大学 校門立教大学はセントポールと呼ばれますね。「St.Paul's University」、立教大学の守護聖人が聖パウロだそうで、アメリカ聖公会系の学校にはすべて「守護聖人」が居るそうです。モットーは、“Pro Deo et Patria” 。(ラテン語)神と国のために..      チューダー様式学校説明のグループが三々五々、のんびりとした構内でした。中...

メトロな一日 表参道 青山学院大学 国連大学

気分転換で、メトロな一日をすることにしました。一日🎫710円の旅です。都内で、森林浴です。先ずは街角風景。    表参道から青学へ信号学校のフェンスの傍には小田和正さんのアンテナショップもあります。Far East Café (ファー・イースト・カフェ)です。ご興味の方はなんとしても辿り着いてください。運がいいと、彼がウェイターさんしてくださるそうです。フェンスにはお洒落に校章がついてますよ。      青山学...

銀座の花籠、 国道のお米の販売機

銀座で花籠の自動販売機があったのを思い出します。あれは誰が買うのだろうかと、、おこずかいでは買いきれないほど高かった。今思うと、綺麗な方のところに殿方が、選ぶのも簡単、受けが良くて、会社から美しい人のもとに通うにに、花屋で時間を潰すことも無く、会社に用意させることも無く、、で、必需品だったのかと。今もあるのかしら?国道のお米販売機には車が止まって、長いことあるので、結構繁盛してるようでした。後ろは...

黄瀬戸宝珠香合

黄瀬戸宝珠香合 根津美術館蔵口径5.9センチ高さ4.8センチ底径 3.6センチ黄瀬戸香合の中随一といわれます。由緒は、姫路酒井家伝来品。直接根津家に伝わったそうです。 油揚肌のやわらかな釉肌、「胆ぱん」の緑釉。  結構大きな香合です。 利休が美濃に注文したものと伝わります。      黄瀬戸宝珠香合利休形というのは、利休好みであったり、利休の所持品であったりのほかに、「なだらかな丸み」と言う意味もあります。...

Appendix

プロフィール

hippopon

Author:hippopon
目指すは 居候の大先輩、山科言継卿。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR